あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2010年01月22日(金)  マイケル・ヤート from スウエーデン
DSC08025.JPG 320×240 31K彼は「SFは人間が自然に持っているものである」という考えの持ち主です。スティーブ・ディシェーザーが生きていた頃、彼とディスカッションした時にマイケルはこんな質問をしたそうです。「あなたの本に書いてある通りにすることがSFなのですか、それとも本に書いてあることをあなたがしたことでSFを発見したのですか?」スティーブの答えは、「もちろん後者だね。僕は僕のクライアントから教わったことを本にしただけだ。君は君のクライアントからSFとは何かを学ぶのだと思うよ。」というものだったそうです。だからスティーブ(とインスー)がやったことを金科玉条のように正しく解釈し守ろうとすることは、SFアプローチではないと。むしろSF的なるものがもともと人間の中にあって、それがスティーブを通過するとあのSFの形になっただけなので、それぞれの人がその人らしくSFを「発見」することが大切だと。

これは思いっきり共鳴する考え方だ。J−SOL3のオープニングは彼に講演をしてもらう予定だ。SFは東洋哲学や武道と非常に共鳴度が高いという視点ももっていて、なんだかすごく面白い話しになりそうだ。
・北のソリューショニスト(2010/01/23 09:52)
このスティーブ・ディシェーザーの言葉に、「そのとおりだ!」と叫んでしまいました。
SFの実践を、また使えるようにと、書き留めておくのですが、人にあって実践するたびに形を変えてゆくんです。
まさしく、クライアントとともに育てていくSF手法って感じです。
・AOKI−SAN(2010/01/23 10:09)
きっと北さんレスするだろなあと思っていたので、「キタきた〜」とニンマリしてしまいました。
・北のソリューショニスト(2010/01/23 11:45)
私も、先生がそう思っているんじゃないかと、おそるおそるコメントしました(^^)v
なにせ「マイケル・ヤート」ですから!
名前  URL 
 
よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る