あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2015年07月30日(木)  やっぱいいわあ、”モテVOICE”トレーニング♪
久しぶりの”モテVOICE”トレーニング🎵楽しかったあ!今日の気づきのポイントは力を入れずに頭が首の上に乗っている位置を見つけて発声すると、いい響きになるということ。いのまた先生の指導法の好きなところは、自分の発見を尊重してくれるところ。まず、発声のための器官がどうなると良いのかをとてもわかりやすい例えをして教えてくれる。今日は声帯の伸縮を調整している筋肉が”ブランコのように前後の動きをつくる”というのを手の動きで見せてくれた。すぐに実行しやすかった。そしてやってみて気づいたことを話すと、「そうです!」とストレートにOKメッセージをくれるので、ボクは調子にノッてクリエイティヴな感覚になってくる。これが最高に楽しい。協創って感じかな♪

そして、その変化をこうやって写真に撮ってくれる。右のように首に筋が出ているときは声帯がしめつけられている。左のようにリラックスしていると、高い声もヒュッと出る♪( ´θ`)ノ

ボクは首が前に出るクセが小さい頃からあった。なんか心配になっちゃうのかな?それとも一点に集中しちゃうからかな?ま、その分析は置いといて、左の首まわりリラックス状態にすると、とても楽で幸せ感すら感じる。多分歌う時だけじゃなくて、色々な時にこの首まわりリラックス状態をつくると、ベストパフォーマンスになるのではないか・・・そう思えるのが楽しいネ♪

やっぱいいわあ、モテVOICE♪

11825136_10153382548096839_2414605159758031314_n.jpg 400×300 21K

■2015年07月28日(火)  札付きの”ワルい”子が強力な協力者に!
grp0807015042.JPG 400×300 19K昨日今日は某行政組織の現場リーダークラス向け「ソリューションフォーカス研修」フォローアップの日。つまりこの3週間の間にどのようなSF実践をしたかをシェアし合って共有する時間だ。仕事の中でもプライベートライフの中でもこんなことが良くなったというスケーリングしてもらって張り出している。毎回この研修では素敵なエピソードを聞かせてもらえるのがうれしい。

今回一つとても印象に残ったのは、放課後に児童を預かる施設で仕事をしているSさんの話。そこには札付きの悪童K君がいた。そこの職員はミーティング時にK君の悪行について「あいつまたこんなことやらかしたぜ」と話題にしない日はほぼないような状態だった。最近は悪戯の矛先が職員にも向かってきていることが特に問題視されていた。SさんはK君を問題児扱いしかしない雰囲気がなんだかおかしいと感じていた。研修を受けて、やはりこれは変えていきたいと思い「リソースゴシップ」(良い噂話)をすることにした。

翌日のミーティング時に「ねえねえ、Kってさ、年下の子の面倒見はいいよね?」と試しに言ってみると、「そうね」と同調する人がいた。さらに良いところをあげてみると、他にも良いところを言ってくれる人がいた。さりげなく「他には?」とその話題を拡大していくと、K君がなんだか頼もしい子のような気にもなれた。そこで、次のイベント時に重要な役割をまかせてみないかと提案すると、他の職員も賛成してくれた。本人にそのことを伝えると、とてもうれしそうな顔をしたそうだ。そして当日、K君の役割は目を見張るものがあった。下手な職員よりも場を仕切るのがずっと上手で、頼りになったそうだ。その日を境に悪戯は激減して、職員に対しても協力的になったとのこと。

Sさんは直接K君に指導をしたりコーチングしたわけではない。ましてや説教をしたわけではない。ただただ「プラスのメガネ」で彼を見て、プラスの期待で彼に役割をあげようと提案しただけ。K君にとってこのことがあった人生となかった人生ではどのくらい違いが生じるだろうか・・・。

いい仕事してんなあ、オレ(^o^)


■2015年07月23日(木)  ほめほめクイーン♪
昨日から2日間にわたって「ほめほめキング(クイーン)コンテスト」が中間管理職研修の一部として開催された。そして見事クイーンの称号を得たのがこのWさん。2日間ポストイットに書いたOKメッセージをできるだけ沢山の人に書いて渡すという指示が出され、研修の最後に各自がもらったメッセージの中でもっともうれしく思えたのを書いてくれた人に投票するというコンテスト形式。Wさんは30人のうち8人から得票していた。素晴らしい!

そして表彰式ではとっても喜んでくれた。その喜びようを見ているとこちらまでうれしくなってしまった。さすがクイーン!研修中彼女がポストイットをいそいそと貼りに行く姿をよく見た。受賞スピーチを聞いたら、最初に全員にあげるゾと決めたのだそうだ。全員と口をきいたわけではないけど、第一印象だけでもOKメッセージはあげられると考えて「あなたの歩き方はダンディでかっこいい!」なんてのもあったとのこと。これオレが言われたらうれしいな(笑)。

2位はほめほめ大臣、3位はほめほめ部長。そして賞品は、ソリューションカード、「解決志向の実践マネジメント」、「咲かせたい花に水をあげましょう」の3点を用意して、クイーンから順番に選んでもらった。Wさんは迷わずボクの著書を選んでくれた。ただし、理由は3つの中で一番大きいからだって(笑)。

11745434_10153366758081839_4991528018444536738_n.jpg 300×400 19K

■2015年07月22日(水)  受講者をプラスのメガネで見る
grp0723142315.JPG 400×300 21Kインタラクティブな要素が多いワークショップ的な研修の講師をしていると、参加者の反応をいつも繊細に感じとって、進行中に内容を調整している。そんな中でふと気がつくと、参加者の反応に不満を持った自分が心の中でケチをつけていることがよくある。減点法で見てしまって「今回の受講生は元気がないな」などと。そういう時に、自分の講師ぶりが悪いと自分を責めてしまうと、打たれ弱い自分なのでパワーダウンしてしまう。それは受講者のためにならない。そこで、意識的にプラスのメガネを目の前にかざす必要がある。それはインスーが得意としていたセリフ "You must have a reason for that."(あなたがそうであるのにはわけがあるんでしょうねぇ)を思い起こすことでもある。「なんでもっと〜しないんだ」と誰かに対して思ってしまうときに、このセリフを思い出すと、その人に対する否定的な気持ちがすーっと引いていく(もちろんいつもじゃないけど・笑)。

夜の懇親会の席で、いろいろと個人的なお話を聞いていくと、まさに「あなたがそうであるのはそういうわけがあったんですねぇ」と思えて、「そういうあなたに親近感を感じます」っていうところまで気もちが近づくことが多い。


■2015年07月19日(日)  CC会での”悪くない”プレー
GMGのゴルフ仲間で月一やってるコンペCC会に参加。40・38の78というのは、特別良いスコアではないけど、ダボもバーディーもなくて、スコアカードに並ぶ数字が3,4,5だけというのは悪くない。プレー中は「いまいちだなあ」という気持ちだったけど、気を抜いたプレーだけはしないようにと心がけ、終わってみるとナイスプレーをしたという感触が残った。結果もグロス3位だった。ここのところ、いい悪いの振れ幅の底が上がった気がする。

今日は関東シニアの予選を通過したことを色々な仲間が祝福してくれた。そして気のせいかもしれないが、一緒に回った3人の僕に対する口のきき方に、いつもよりレスペクトがあったような気がする(笑)。最年長でもあるしね。ゴルフは結果がはっきり数字や勝ち負けに出るし、それによってお互いのランク付けも自然と頭の中でできちゃう。口には直接出さないけど、いろいろな表現の端々に出る。自分で面白いと思ったのは、今日は無意識にいつもより先輩面してたけど、それが自然に感じたこと(笑)。で、思ったのは、57歳にもなるんだからそれにふさわしい役割を意識的に果たすべきときも色々あっていいよなってこと。

grp0720124939.JPG 400×300 31K

■2015年07月18日(土)  最悪の2語”Good job”!?
grp0718204208.JPG 400×300 25K「セッション」という映画を観た。最後まで緊迫感が続いて面白かったあ。音楽学校の鬼教授とその生徒の物語。「なにくそー!」って地獄の底から這いあがるみたいな迫力がすごくて、音楽が題材なのにまるで軍隊映画を見てるみたいだった。

鬼教授は生徒を追い詰める意味を途中で語るんだけど、チャーリー・パーカーってプレーヤーがミスをしてシンバルを投げつけられるっていう思い切り恥をかかされたエピソードをきっかけに、それを見返すために頑張ったから偉大なミュージシャンになったというエピソードを彼のスパルタぶりの根拠として主人公に伝える。で、その途中に「世の中の最悪の2語は”Good job”(よくやった)だ」というセリフが出てくる。ソリューショニストとしては、どっきりするよね(笑)。まさにウチらそれを大事にしてるんですけど!

これに限らず、SFと真逆に見えるようなことが何か進歩を生み出すみたいな論調の言説を耳にするたびに内心慌てる。でもね、少し時間をおいて冷静になると、たいていそういうのは特別な才能を開花させるという文脈か、特別な危機的状況の話だったりする。現実の日常はやはりSFを必要としている・・・って考えられるまで少し時間が必要なんだよね(苦笑)。ただ、今日の映画観た後は何かに挑戦してみたくなる気持ちが湧いてきたなあ。時には強い刺激も必要か!


■2015年07月17日(金)  本・・・書けるかな・・・
七夕の誓いをして今日までに書く約束をした新著の1ページ企画書を編集者Mさんにメール送信した。ビジネス本ノウハウ本じゃなくて哲学的な本という路線に同意してしまったために、非常に観念的なことばかり考えて脳内挫折しそうだったが、何とか今日までの約束は果たした。しかし、その内容は自分でもまだまだ納得がいってない。本当に本書けるかな・・・?

この10日間「そんな弱気になっちゃいけない」という声を頭の中で何度聞いたことか。以前、海上保安官の人に聞いたんだけど、暴漢に対して自分を守ろうとすると恐怖心が湧いてしまうのに、誰かを守ってあげようとする時には不思議と恐怖感が湧かないのだそうだ。今の自分は、つまんないこと書いて自分がどう思われるかってところにまだいるんだと思う。この10年間で、ボクが伝えてきたことを信じてくれて、色々な実践をしてくれて、J−SOLに集ってくれている人たちのことを思い起こして、彼らの素晴らしいところを伝えればいいんだと考えると勇気が湧いてくる。ただ、それをどういう枠組みで伝えるのか・・・そこがボクの仕事になるわけだ。この10年間の足跡をもう一度じっくり振り返って、SFに関わってくれた色々な人の顔を思い浮かべてみよう。きっと力が湧いてくるはず。

grp0718113315.JPG 400×300 21K

■2015年07月16日(木)  大ちゃんとミラ
11225720_10207503867938700_1342464987696688044_n.jpg 329×247 16K数年間SOL日本人ツアーで通訳として活躍してくれた大ちゃんが奥さんのミラさんと娘のミハルちゃんと帰国中。今日はミハルちゃんを保育所に預けて八王子までボクたち夫婦に会いに来てくれた。

彼はインドネシア在住でISSYOというNGOを立ち上げて被差別マイノリティーを支援する活動をしている。世界にはまだ政府や公的機関も援助の手を差し伸べていない人たちがいる。草の根レベルで様々な支援活動を提供すると言うのは簡単だけど、実行するのは本当に大変だと思う。彼の勇気と据わった腹とやさしい顔にはいつも惚れ直してしまう(照)。

ISSYO という名前には、与える・与えられるというのではなく、当事者と支援者とお互いに学び合いながら「一緒」に悩み、考え、取り組み、顔の見える関係の中で「一⽣」に残るような特別なつながりと支援を実現するという意味が込められているそうだ。ISSYOは里親制度など日本にいて支援活動に参加できるプログラムも提供している。ささやかながらお手伝いしていきたいと思う。


■2015年07月14日(火)  次の目標に向けて
長雨のあとは猛暑。それにしても極端な気候になったもんだ。もうそれも当たり前になって、「ひどい」という形容詞もあまり使われなくなってきたねえ。

先日のオリムピックCCクラチャン予選は惨敗だったけど、今年のゴルフの4大目標のうちの一つ、GMGのクラチャン予選通過はぜひ達成したい。8月なので猛暑かもしれないから今日のような暑い日はその練習日と思えばちょうど良かった。午前中はカートに乗らずにけっこう走ったりして頑張ったが、午後はさすがにカートに乗った。でもなあ、暑いとふとした瞬間にボーッとしてしまって、注意散漫でちょっとしたチェックポイントを忘れてしまうことがある。それは結構ひどいミスショットにつながる。今日は午前も午後も最終ホールがそんな感じだった。最終18番ホールは、10も打ってしまった。

しかし、悪かったことは全部暑さに慣れてなかったせいにしよう。悪かったホールは3〜4つで、あとはまずまず良かったし、次は暑さにも慣れてくるだろうから大丈夫。大丈夫、大丈夫、だいじょうぶ・・・あれ、暑さにやられてる(笑)。

w.JPG 400×300 16K

■2015年07月13日(月)  お盆の墓掃除&墓参り
grp0718104433.JPG 300×400 35K年に4回の墓掃除と墓参りは欠かさないようにしている。ご先祖様への感謝の気もちでしているけど、青木家の子孫は残さないので「最後はどうするかなあ」といつも考える。自分がいただいたものを、直接の子孫に遺すことはできないけど、それをしなくていい分の余力で今している仕事を頑張って、世の中の役に立つことがあればいいな、できればそれが後まで続いていくほど中身が良いものだといいなと思っている。そして、最後は青木家の墓は全部土に帰す。自分も散骨してもらう。そんな風に考えている。前にそれを僧侶をしている友人に話したら、家のお墓をなくすなんてと叱られた。でもなあ、生命の歴史・・・みたいな長いスパンで考えたら、あるいはもっと絞って人類の歴史くらいのスパンで考えても、お墓のしきたりは絶対不変のものじゃないよなあ。そんなことを心配することにエネルギーを使うくらいなら、生きている間の充実を考えたい。

■2015年07月11日(土)  東京大学L沓沓
大学の教養課程のクラス会に久しぶりに参加した。飲み会がある度にメーリングリストで色々お互いに社会勉強になる話をした(時には激論)様子が伝えられていたので、今回はぜひ参加したいと思っていた。ソリューショニストやっちゃん以外は、弁護士、大学教授、メーカー勤務、主婦(外交官の妻)、主婦(裁判官の妻)という面々。自分ばかりしゃべる自己主張のバランスがゆがんだ人がいないので、皆よくしゃべるけど、聞き耳もたててくれるのがありがたい。

弁護士のY君は安保法制が違憲だと明言したことで時の人となった小林慶大教授の講演を聞いてきたばかりとのことで、ここには書けない色々な裏話が面白かった。主婦のお二人もご主人筋の情報も得ているし、さすが色々なことにアンテナを張っていて、しっかりオピニオンを持っている。メーカー勤務のKさんはさすが企業社会で活躍してきただけに、話題をまんべんなくふってファシリテーターの役割をしてくれる。大学教授のH君は自分を発達障害の気があると自虐ネタにして、妙に納得感たっぷりに笑わせてくれた。安保法制、国立競技場問題、イスラム国問題など結構硬派な話題についてマジメに話すことが楽しかった♪あっという間の3時間。

いろいろと教えてもらいました。感謝。

DSC00799-1.jpg 450×300 28K

■2015年07月11日(土)  ”CIO”の意味が素晴らしい!
grp0714063155.JPG 400×300 20K今日の「SFフォーラム」で新語が紹介されました!

”CIO”

何だと思いますか?CEOとかCFOとかの類です。

答えは「チーフ いいネ おじさん」(笑)

ある参加者の方が会社活性化のために「SFベーシック」に参加した後で、上司に内容を伝えたところ、非常にノリの良い方だったようで、会議の進行等もSF的に「まず最近の小さな成功をシェアして、OKメッセージを伝え合う」なんてやり方にしたそうです。そうしたら雰囲気がガラっと変わり、意見も活発に出るように。

そして、その上司が「これからボクはCIOだ」と宣言して、OKメッセージ出しまくりだそうです。そして、素晴らしいのはSF的な会議のやり方やOKメッセージを大事にしようって方針が社内に広がりつつあること。でも、そのCIOにSFを紹介した人は、とても落ち着いた感じの方で、いいネだしまくりみたいな雰囲気の人ではないのです。火付け役の人、燃える人、燃える火で暖まる人、いろいろな役割の人がいていいんですね♪


■2015年07月10日(金)  年上という気がしない
TRUEではいつもカラオケでお世話になっている。ここのスタッフはほとんどアルバイトで若い子ばっかり。この写真の3人のうち一人は学生で以前ここでバイトをしていた。今日はお客さんとして来ていた。そしてあとの2人は今日もお仕事。彼らと話していると非常に素直で楽しい。自分は父親の年齢なんだけど、なんだか自分も彼らと変わらない年齢のような気になってくる。

トイレの個室の中での人の行動は皆違うらしいなんて話題でワーワー盛り上がる。なんだか学生時代に戻ったような感覚!

でも、人生経験長い分だけときどき説教じみたことも言いたくなる。自分に子供がいたら、どうなってたのかなあ・・・。まあ、自分の子供であるとかないとか関係なく若い人と接するチャンスがある時は、自分を全開にしてぶつけることでお互いにいいんだろうなあって思える今宵は楽しい♪

grp0714062516.JPG 400×300 22K

■2015年07月09日(木)  水なしでトマトの汁でつくったカレー
za.JPG 300×400 26K7月の自宅スタッフミーティングのランチは夏野菜カレー。水なしでトマトを沢山つかった汁で作ったので酸味が効いていて美味しかった。今までつくったカレーの中で一番美味しかったような気がする。スタッフはいつものように美味しいと言うだけで、特別美味しかったとは思わなかったようだ。多分一つひとつのステップが手際よくできたことで、「うまくいった!」という感覚が強くなっただけなんだと思う。でも、うまいことにはかわりない!

さて、ミーティングはJ−SOLの振り返りが中心だった。大会中は自分が全ての分科会やオープンスペースに実際に行くわけではないし、話す相手も限られているから、見ていないところの方が圧倒的に多い。だから、お互いにこんなことがあったよと報告し合うのが面白い。誰々さんがこんな風に喜んでたよなんて聞くと、うれしくなってしまう。

今年の大会テーマ「一人一SF」は大会内容ともフィットしていたし、良かったと思う。来年は何にするか考えるのが楽しみだ。一方で、現在のままの形で続けていくのはあと何年くらいか、第10回を一区切りとして、その先はまた形を変えていくとしたらどんな風になるのがいいんだろう・・・そんな少し先の未来を見据える話もしてみた。結論が出たわけじゃないけど、SFインサイドツアーみたいに、色々な組織が主催者となって、回り持ち形式なんていうのも面白いねえというアイデアも出た。どんな条件がそろえばそれが可能になるのかなあ・・・?


■2015年07月08日(水)  こんなに明瞭な料理説明は初めて!
今日はサミットの月例会。青山のモノリスは、お料理もサービスも素晴らしいフレンチの名店。幹事の本間さんによれば、丸ビルのモナリザにいらした 石井剛オーナーシェフは超一流。さすが繰り出す一皿一皿の美味しいこと!焼き野菜と鯵のマリネ、スズキのグリエ、新三種の神器のパイ包み、桃のスープ、をいただきましたが、いずれも絶品でした!

そして、コミュニケーションについて教えている者として本当にびっくりしたのが、倉富支配人の料理説明。かなりのスピードで話しているのに、とても明瞭に内容が伝わってくる。よくレストランでありがちな、何かを言ってるけどよくわからないから我慢して終わるまで待っているのとは大違い!倉富さんの話を聞いていると、素材の映像が脳裏に浮かび、食うぞ〜って気持ちになる。

同じ素晴らしい料理でも、こういう素敵な紹介をされるかされないかで、ごちそう度合いが変わってくるよなあ。ごちそうさまでした!また必ず来るぞ〜♪

11692581_10204504144636027_7653438375731157041_n.jpg 400×300 26K

■2015年07月07日(火)  七夕の誓い
grp0712164001.JPG 400×300 25K昨年ボクの新しい本を出版する企画をしてくださった編集者のMさんとお会いした。実はボクが「まえがき」を書いて、それをたたき台にして先に進めようっていう話しだったのだけど、それが書けないままで一年たってしまったわけ。Mさんはあきらめずに、また声をかけてくださった。そして、君でなければ書けない本があるはずと、また背中を押してくださった。ありがたいことだ!

実は「まえがき」は少し書いてみたんだけど、なんだかまったく気にいらなかったというかワクワクしなかったので、そのまま放っておいてしまった。

今回はまえがきじゃなくて、A4一枚で本の内容をまとめたペーパーを10日後に提出する約束をした。本当に書けるかな・・・。Mさんはあえて「できの悪いのでいいからさ」と、ハードルを下げてくれた。

今年は会社創立10周年で、今までのことを色々振り返ることが多い。昨年暮れのベルギーでのワークショップでも、シンガポールのSF仲間から依頼された英語のSF本の原稿を書く際にも"SF inside"をテーマにしてきた。それで見えてきていることはあるんだけどね。これからそれをわかりやすい言葉にしていく作業が待っているわけだ。


■2015年07月06日(月)  この形式はやっぱり良いね!
この自治体では4月から8月にかけて中堅の昇任者に対して「改革実践」という研修を毎年実施している。4月の1日研修で準備を始めて、5月の1日研修で自分が目指す改革内容を決定して、6月から8月まで毎月フォローアップをする。最後は首長や上司の前で成果発表をする。今年の色々な取組みテーマの実現に向けて、皆さん頑張ってらっしゃる。

この研修形式は、実施期間、フォローアップの回数、最初に職場の上司や職員にインタビューを実施して最適なテーマを選ぶこと、最後に組織のトップの前で発表できること等、最高の条件を備えていると思う。だから皆さん必ず成果をあげてくださるし、上司や首長も喜んでくださっている。前年度までに受講した方が取り組んだことを引き継いで取り組む方も時々いらっしゃる。

もう数年続けてきて、これからも続きそうだし、ゆくゆくはこの中から管理職になる人たちが出てくるわけだから、けっこう無意識のうちに"SF inside"な要素が増えている組織になっていくかもしれないなあ♪

grp0712162116.JPG 400×300 20K

■2015年07月05日(日)  惨敗@クラチャン予選
11665778_10153323831536839_2865012590187607157_n.jpg 400×300 16KオリムピックCCでは理事長杯優勝者に一年間この専用ロッカーが与えられる。やっぱり"Champion"と自分の名前が入ってるとくすぐられるぅ(満笑)。

しかし・・・

本日クラブ選手権の予選27ホールでは、なんと44・45・42=131というスコアで7打オーバーの予選落ち。最初のハーフは雨を理由にできる。でもその後は雨はやんだ。120くらいで回るのは”楽勝”と心のどこかで慢心していたのかなあ。んんん、J−SOLの後に関東シニアの予選が通過したことで、自分の中で「もう自分のゴルフはあるレベルに到達した」みたいな意識をもっていたような気がする。それを否定する必要はないかもしれないけど、実際そういうレベルのゴルフをしていた時(KGA予選)は、そんな気もちは持たず、ヒヤヒヤしながら持てるものは全て出し尽くそうっていう気持ちでやっていた。
「なめたらあかんぜよ!」

それにしても、このロッカーはいい眺めだ(^o^)。ここに名前が出ている間は、これに恥じないようにいいゴルフをしようって励みになる。次はGMGのクラブ選手権予選。平常心、平常心・・・


■2015年07月02日(木)  自分の言葉でSFを語る
昨日今日の自治体職員研修では、2人づつ「SF活用体験談」の講師をお願いした。滋賀県のJIAMでSF研修を受講した方と昨年この同じ研修に参加した方の組み合わせ。このKさんは後者だ。家庭でのちょっとしたエピソードを自己紹介兼導入として、仕事における活用例をかなり具体的に話してくださった。

話の具体的内容も興味深かったけど、それ以上に面白いと思ったのは、彼があえて「自分流のSF」ということを強調して、それを一言で表すと「視点の転換」と明確に言い切ったこと。確かに2つのエピソード両方で「視点の転換」が機能している様子が語られていた。行き詰ったら「何が悪いか」と考えるより「他にできることは?」とすぐに可能性がある方向に視点を変えるというのはSFのエッセンスだ。だけど、ボクは研修の中で一回も「視点の転換」という言葉を使っていないので、KさんなりにSFを咀嚼したことがよくわかった。今回は他の体験談講師の人たちもSF用語をあまり使わずに「自分流のSF」としてプレゼンしていた。そして、ボクが感じたのは、その人がもともと発揮していた能力にSFがブースターをつけたって感じなんだろうなあってこと。

「一人一SF」はここでも顕在化していた♪

grp0702225924.jpg 400×300 12K

■2015年07月01日(水)  呉市役所で研修
IMG_5936.JPG 400×300 24K今日明日と呉市役所で課長補佐の皆さんにソリューションフォーカスをお伝えする研修をさせてもらっている。先日の「J−SOLトーク」で「人生経験を通じて既にSF的思考やコミュニケーションを学んでいる人(ASF)がいる」という話しをしたせいか、課長補佐までになった人ならきっと今までの経験で既に色々なことを身につけているだろうし、SF的な要素も発揮しているだろうって思えた。

冒頭の4人組ワークをした後で、各グループから代表者にコメントしてもらう時に、最初のグループを指名したら、すぐに一人の男性が立ち上がった。いつもだとまずお互いに見合ったり、じゃんけんが始まったりすることもある。だけどこの男性の立ち上がり方がとてもスッキリしていたので、素晴らしいと絶賛した。すると、2つめのグループから最後のグループまでの発表者が全員同じようにスクッと立ち上がった。いやあ、こんな風に伝染するんだねえ♪

夜はここのSFギャング(あ、楽しい良い仲間という意味です!)と廿日市のSFギャングで「利根」へ。チューリップという鳥の骨付き唐揚げがうまかったあ!人材育成談義や地方創生事例など色々な話題が楽しく盛り上がった中で、「ストロー現象」って言葉の意味を初めて教えてもらった。例えば、本土と島が橋で結ばれるようになったとする。車で便利に行き来できるようになったんだから、人は島に残るだろうと想定していたのに、逆に人は「何かあればすぐに島に帰れるから、日常は便利な都会に住みたい」ということで、結局より大きな都市がストローで人を吸うように持っていってしまうという現象らしい。都市人口が増える傾向は地球的現象だ。さあ、地方創生どうする・・・。


2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月