あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2015年05月30日(土)  ”上なんか見てねえよ、前を向いて進んでるだけさ!”
重厚長大産業のある会社で最年少課長になってから、行く先々の職場を活性化し、成果をあげている I さん。前の事業所にいた時にボクの研修に出てくれた。彼の職場はとても元気にあふれていて、素晴らしかった。GSFASのアンケート調査をした時も彼の部署がトップだった。関東圏に転勤されたと聞き、お話しが聞きたくて、今日はインタビューさせていただいた後に一緒に食事をした。

Iさんの座右の銘は2つ。「仲間のために仕事をする」と「Change & Challenge」。「仲間のために仕事をする」はもう10年くらい前から唱え続けているとのこと。彼の下で働く皆さんはそれに感化されていく。Iさんは仲間が困っていることがあると聞けばすぐに解決に向けて動く。「後で」とかごまかすことは一切ない。だから皆からの信頼を得て、風通しが良い職場になり成果も上がる。そんな彼を見て、やっかむ気持ちから「上に行きたい欲が強いヤツ」みたいな陰口が聞こえてくることがあるらしい。そんな時「上なんか見てねえよ、前を向いて進んでるだけだから。」と言うとのこと。カッコイイ!このセリフしびれました。

そんなIさんが前の職場を離れる時には、仲間がサプライズで高さ10mもある職場の金属扉にペンキで「仲間のために」「Change & Challenge」と大書してくれて、その前で送別会をしたそうだ。今日は爽快感だけが残るいいお話しを聞かせてもらったなあ♪♪♪

grp0601211825.JPG 400×300 23K

■2015年05月30日(土)  わもんコーチング by タケちゃん
grp0601131914.JPG 400×300 18KSFアート・ラボ第5弾は高橋武子さん(タケちゃん)による「わもんコーチング」。”わもん”とは薮原秀樹さんが独自に開発した「聞く」技術体系。それにコーチングの要素を重ねたものが「わもんコーチング」だそうだ。サブタイトルは「質問しないコーチング」。これはコーチングを勉強した人にとってはショッキングなタイトルだよね。

人を支援するためのコミュニケーション技術は、話の内容を追おうとすると、どうしても思考に走りがちになる。考え過ぎ、深読みし過ぎ、支援者の考えに染めたくなってしまう、などの弊害も起こり得る。わもんにおいては、「言葉」ではなく「音」を聞く。確かに響きには魂が現れると思う。そして自分が全体一致で思っていることは良い響きになるはずだ。そういう響きだと「それ!」という合図で増幅され、なんだか違う響きだと「それではないような気がする」というフィードバックが返ってくる。そのフィードバックを頼りに本人が心底思っているところに辿りつくのをサポートするというやり方らしい。結構修行的なところもあるみたいだ。

ボクは今日はオブザーバーだったけど、ある人のシェアがとても印象に残った。「(声の)音に集中していたら、自然と次に言いたいことが湧いてきて思わず言っていた。」そして、それは相手に役に立つ一言だったようだ。音の響きでつながると、一心同体に近い状態が生まれるのかなあ。


■2015年05月27日(水)  まるで畑がそのままお皿に乗っているようだ!
退職された悠々遊び人のOさんに教えてもらったレストラン「団欒」に行ってみた。西八王子駅って、高校大学の通学に使ってて、100円ラーメンを食べたり、たい焼きを食べたりのイメージで、周辺にハイグレードな雰囲気のレストランがあるイメージじゃなかった。なので、そんなところにOさん推奨の店ができたというのにびっくりして、さっそく行ってみた。

なんでも和食を修業したお兄さんと、フランス料理を修業した弟さんが、自宅の土地にお店を建てて始めたそうだ。なので食事は、和洋混合の旬な素材の献立。それぞれつくった人がテーブルまで持ってきてくれて説明をしてくれる。特に野菜にこだわりをもっているそうで、無農薬で市場には出回っていない希少な野菜のサラダは美味しくて盛り付けも素敵だ。そして説明を聞いてびっくり。なんとこのお皿の上に全部で38種類の野菜が乗っている!!ドレッシングに使っているものも含めてだそうだが、一口サイズに切ったイモ類や根菜が並んでいるところも、よく見ると違う種類のものがいくつか並んでいる。

「まるで畑がそのままお皿に乗ったようですねえ。」ってコメントしたら、弟さんシェフがうれしそうな笑顔を見せてくれた。まだ昨年秋にオープンしたばかりだけど、ここは確実にファンを増やしそうだ♪

grp0529132049.JPG 400×300 27K

■2015年05月26日(火)  ふじぼー♂
11143436_10153224354246839_2175483999276681485_n.jpg 400×300 23K11歳年下のふじぼー。なぜか彼の名前のあとには♂マークをつけたくなる。うちのスタッフのさつきちゃんのご主人で弁護士なんだけど、彼と話してるとどこまででも話しがぶっ飛ぶ。ぶっ飛びすぎてネット上では公開できないのが残念だ・・・。


■2015年05月25日(月)  "SF inside"なチームのワークエンゲージメントは高い!
今日はある会社の組織開発室の皆さんにうれしい報告ができた。GSFASの共同開発者である木内さんとボクで、SF度とワークエンゲイジメントの相関に関する調査研究をしたのだが、1500人余りの回答を分析した結果、SF度の高さは確実にワークエンゲイジメントの高さにつながっているということがわかった!

「ワーク・エンゲイジメントとは、従業員の心の健康度を示す概念のひとつで、仕事に対して『熱意』(仕事に誇りややりがいを感じている)、『没頭』(仕事に夢中になり集中して取り組んでいる)、『活力』(仕事に積極的に取り組んでいる)の三つが揃って充実している心理状態」のことだそうだ。今回調査に協力してくださった組織は、既に数年間SF活動を行っていて、組織風土が良くなってきている実感はあるのだそうだが、今回統計的にもそのことが証明されたわけで、社内でSF活動を推進する後押しになることは間違いない。

企業にストレスチェックが「義務づけ」られる時代になってきたわけだが、マイナスをどう処理するかという方向の対策でなく、積極的に良いメンタルを創っていこうとする"SF inside"ブームを起こしたいな♪

grp0527183924.JPG 400×300 13K

■2015年05月23日(土)  会話の品質を保証するツール、その名はソリューションカード
11350609_904219989624108_6251648565223958700_n.jpg 480×360 21K今日の「SFフォーラム」で参加者のSさん(コンサルタント&コーチ)から出た名言。「『ソリューションカード』は、会話の品質を保証するツールである!」

その理由は以下の通りだそうだ:

1、聞き手は明確に聞く側に回る形になるので、企業研修で使った時に、よくありがちな上司側が聞き手なのにしゃべってしまうという”事故”が防げる(笑)。

2、質問がなかなか思いつかないというタイプの人でも、前向きな方向の質問をして、それに対して相手が気持ちよく答えていくのを傾聴する体験ができる。

Sさんはご自身の特性説明として、コンサルタントの時は左脳全開、コーチングをするようになって右脳を使い始め、SFでさらにそれが加速されたとおっしゃっていたが、何かが良いという時にやたら「!」や「♪」を使わずに、しっかり論理的にも解説してくれる。これは納得感が得られて、「!」を使わずともインパクトがある。うん、見習おう。


■2015年05月21日(木)  ライフバランスホイール満足度60%が意味すること
以前「SFコラボセミナー」でコミュニケーションに役立てるという観点での脳科学のレクチャーをしてくださった長谷川英輔さんがとうとう本を出版された。「潜在能力を活かす実践脳科学」。長谷川さんはいわゆる脳科学者ではない。製造業の現場でマネージャーとして活躍された後コーチングを学び、退職後にそれを活かしてフリーで活躍されている。脳のメカニズムのある一部を詳細に研究するというよりも、脳科学者が調べてわかったことを人が生きていく上でどう活かせるかという観点で実践的かつ広い視野に立ったコメントをされている。

この本の最後に「ライフバランスホイール」というのが登場する。仕事、学習、健康、経済、楽しみ、人間関係、環境、心の8つの領域での満足度をレーダーチャート上のスケールにプロットしていくものだ。実際に記入してみると、全部の項目が55%〜70%くらいの間に入った。平均すると60%よりちょっといいくらい。この60%という数字は決して悪くない。「まあまあいい」くらいの感じだ。パッと見た瞬間は80%以上にしてもいいかなと思う項目も少なくはないのだけど、もっと良くできるのではないか、さらにどれくらい良くできるかと考え始めると、現在を60%くらいにしておきたくなる。まだまだもっといけるって思いたい自分がいることに思わずニヤリと笑みがこぼれてしまう。

ホイールのそれぞれの項目で、何があるからその数字を保てているのか?これがどこまで上がることを自分に期待するか?そしてそのためにできることは何か?この3つの質問に答えるだけで、素晴らしいコーチングになりそうだ。今夜は一人コーチングしてみよ♪

grp0521174217.JPG 300×400 27K

■2015年05月19日(火)  ザ・ジモト
grp0520165557.JPG 400×300 28Kこれは年に1〜2回開催されている地元同級生のゴルフコンペ表彰式。このお店のママN子は中学校で一緒に生徒会の会長・副会長だった。コンペの幹事O君は小学校1,2、5、6年のクラスメート。べー駒とかレーシングカーとか遊びがうまかったなあ。絵が上手で手先も器用。それを活かして美容院を経営している。同じく幹事のTちゃんは、元全国レベルのソフトボール選手だったがゴルフ上達のスピードが遅く悩んでいる・・・いや、悩んでいるというよりは、「死ぬまで下手でも頑張り続ける!」とファイトを燃やしている(笑)。

ここにいる一人ひとりの小中学校時代のことを思い起こすと、いろいろな記憶がある。またその話しかって同じ思い出話を繰り返すこともあるし、そんなことあったっけ〜と珍しい記憶が掘り出されることもある。この空間に来ると、毎回とっても楽しい何とも不思議な解放感がある。「ザ・ジモト」って、それを表すいい言葉が見つからなかったので書いたタイトル。

2次会はTRUEに行って、皆でカラオケ。N君が「やすてるちゃんの歌が聴きてえんだよ!」って先に歌うよう促してくれた。N君はすごく歌がうまいので、うれしかった。彼が歌う時は自分の世界に入りきって、笑顔になり、体をゆっくり揺らして歌と一体化するように見える。ボクは「見られている」という自意識で、はじけているように見えながら実は体の動きがぎこちなく小さくなることが多い。しまった、N君に「どうやってそういう歌い方できるの?」って聞けばよかった。それは次回のお楽しみにしようかな。


■2015年05月18日(月)  うれしいなあ、ファンレターもらったよ♪
ブログ「そのままやっちゃん」10周年の記事に、10年やったからやめようかと考えたと書いたのを読んだ「そのままやっちゃん」ファンの方から「やめるのやめてくれてありがとう」というKittyちゃんはがきをいただいた。

コメント欄をとってしまってから、反響、反応がつかめなくて、人様からの反応LOVEのやっちゃんとしては、かなり書き続けるのにエネルギーが必要なのですが、こういうメッセージをいただけるとしばらくガソリンタンクが満たされたままでいけます(^o^)

この方は、うちの犬話しが好きだそうで、その話題を結構楽しみにしてくれているそうです。ソリューションフォーカスに関する話題がいいという方もいるし、ゴルフの話題を待っていてくれる方もいるし、そのままやっちゃんは計画的に話題を振り分けたりしてないので、次の日はどんな記事になるのか本人もまったく予想ができません。

前にコメント欄を何としても復活させると言ったのですが、このデザインのままでは難しいようです。でもあきらめてません。コメント欄できたら、ぜひ皆さん何かメッセージください。人から注目されること、関心を持ってもらえることが何よりのエネルギー源になるやっちゃんなのです。

みゆきちゃん、ハガキありがとねえ〜。なつかしい丸文字だったわぁ。あ、しまった名前バラしちゃった(笑)。

grp0518214921.JPG 300×400 19K

■2015年05月17日(日)  オリムピックCC理事長杯優勝!
11112974_10153200079851839_6710388891595683974_n.jpg 400×300 26K45ホール通算ネットスコア13アンダー(グロスでは17オーバー)で優勝!クラブ選手権で11年前に優勝した時とは違った意味で、今回の理事長杯優勝はうれしい。2004年にクラチャンを獲った時は、ゴルフの回数がものすごく多くて、その勢いだけで何とかなっていた。だけど、それ以上のレベルのゴルフは仕事をやめなければできないと見切りをつけて、ゴルフ断ちに近い状態で株式会社ソリューションフォーカスを創立した。そのままだと仕事もゴルフも中途半端になりそうな危機を回避したわけだ。

そして10年。ソリューションフォーカスを日本のビジネス界および一般社会に広めるという目的で頑張ってきた仕事は、J-SOL(日本ソリューションフォーカス活用事例共有大会)という形で、一定の評価をいただけるようになった。あれだけ入れ込んでいたゴルフを断ってでも自分が納得いく仕事をしようという意気込みは、少しは形にはなったのでホッとしている。

ホールライフバランス(ワークとライフという対比ではなく)という視点に立っての感覚では、そろそろゴルフの位置を以前と同じまではいかなくても少し重きを置いてもいいかなと、一昨年くらいから思うようになってきた。で、昨年は30ラウンド以上したし、今年は今日の時点で16ラウンドしている。1月から毎日1時間ウオーキングしていることで、カートに乗らずに時には小走りでラウンドできることが妙な自信につながっていて、大きなミスを少なくすることができていることがうれしい。ここから先、どのレベルまでやれるかはわからないが、今日の優勝は自分の人生がまた次の展開をする一つの区切りになるような気がする。


■2015年05月16日(土)  遼君の苦闘が実を結ぶのを応援したい!
昨日の新聞でこの記事を見つけた。米国のトーナメントプレーヤーズ選手権は準メジャーと言われる格の高い試合で、そこで遼君が8位に入ったことは素晴らしいことだし、彼の潜在力の高さを示していると思うのだが・・・、この記事を読むと、ここまでやるので精一杯で、ここから先へ進むのは「まだまだ」だと本人が認識しているような内容の記事だった。

最終日の優勝争いにからむ体験を何回もして、その雰囲気が「普通」だと感じるようにならなければダメだというのは、一見正しい認識のように思える。記者が書いた記事なら納得する。だけど、これは本人が話したことのようなので残念だと思うと同時に、メンタルトレーナーは何をしているんだろうと思った。まあ、新聞記事なので、読者向けに選手の謙虚な反省を載せるという目的なら良い記事かもしれないが、これが彼のメンタルそのままならもったいない。「土壇場の余力」が”今回の試合ではなかった”ことを問題にしているんだけど、その反省の結論としてまだまだこれから何回も同じような失敗を重ねていかないといけないみたいなことになっている。「えっ、なんで次はよくなる」というフレームで見ないの?彼が米国のこのレベルの試合で最終日その位置にいたことがこれまでなかったという認識は正しい。だけど、今回の体験を「あいつらは上、自分は下」というメンタルにしてしまうのは間違いだと思う。海外に行って打ちひしがれて帰国してしまう選手は多いが、それは上ばかり見て自分を下げてしまうワナにかかっているからだ。遼君は、なぜ今回の試合でそこまでこれたのか、学んだことは何か、終盤で崩れそうになってもなんとか持ちこたえたのは何があったからなのか、そういうところを特大プラスのレンズで見て欲しいなあ。これは本人だけでは無理だと思う。次の試合ではボロボロだったらしいけど、「まだまだダメ」というマイナスのメガネだけで自分を見て鞭打つことが、さらに余力を奪ってしまいそうな気がしてヒヤヒヤする。

周りが何を言おうとどう思おうと最後は本人次第。それはそうだけど、意識をどこに向けるか、起こったことをどうとらえるのかに関して、彼の余力を”創り出す”方向の問いかけをする人が近くにいることを切に願う!

grp0518035213.JPG 500×263 39K

■2015年05月14日(木)  初のヘッドセット型マイク
grp0514150211.JPG 300×400 21K今日はJ-SOL8会場の幕張メッセ会議室を下見。J-SOLトークの4人が使うヘッドセット型マイクをテストしてみた。ほっぺたのところにちょこっとマイクの頭が見えるアレ。だけど、背後にこの発信機をつけなきゃいけないんだよね。上着を着ていれば下に隠せるけど、J−SOLの服装は夏場カジュアルだから多分皆半袖シャツとかワンピースじゃないかなあ。ま、正面からの見た目はカッコイイからいいか。

実はボク自身ヘッドセット型マイクを使うのは生まれて初めてなので、ちょっとワクワクしちゃう。でも両手があくのは手持ちぶさたになるわけだから、ちゃんと俳優のように身のこなしも練習した方がいいのかな。キャッ(^o^)

J-SOL初日夜の懇親会会場アイリッシュパブALWAYSも下見した。本当にPUBって雰囲気のお店で、ランチに食べたピザが美味しかった。今回はどんな芸が飛び出すかなあ・・・。モテVOICE披露しちゃおうかなあ・・・ふふふ。それはゆっくり考えよっ♪


■2015年05月13日(水)  ”人たらし”に会った(^o^)
このあらばしり(新酒)をくださった人は”人たらし”だと思う。人たらしは悪い意味で使われることもあるらしいが、コミュニケーションが上手ですぐにファンができてしまうような人のことも指すと辞書には書いてある。

例年続いている研修の打ち合わせに遠方から来てくださった若手のSさんと初めてお目にかかる上司のYさん。まずSさんが「昨年と同じもので恐縮ですが」と謙遜しながら叶匠寿庵の菓子折りをくださった。「いつもすみませんねえ」と受け取り、座って会話が始まる。Yさんはまず「ブログで拝見したんですが、ポール・マッカートニーのコンサートに行ったんですか!」と切り出してきた。おっ、既にブログを読んでくれてるんだといううれしい気持ちと、ビートルズ大好き仲間かなという楽しい会話に対する期待で思わずニコニコしてしまった(と思う)。そして、なぜか酒の話題に変わって、ボクは結構飲むのは好きだという話をしたら、「実は・・」と言いながらYさんがカバンの中から取り出してくださったのがこの松の司のあらばしり。壜を包んであった包装がカッコよくて「こりゃ旨そうだ」と期待感が盛り上がった。そんな楽しい感MAXのところで本題の打ち合わせに入り、テキパキと打ち合わせが進み、四方山話をしたわりに短時間で話が済んだ。楽しくて充実感のある時を過ごさせていただき、Yさんに学ぶことは多かった。若手のSさんは実務をとてもしっかりやってくれるので信頼感があるから、こういう関係づくりの運びをYさんから盗んだら、いや、学んだら最強だろうと思う・・・と、上目目線な自分(≧o≦)

それにしても、”あらばしり”うまいっす♪

grp0513232757.JPG 300×400 18K

■2015年05月12日(火)  やっぱソリューションカードいいわぁ!
grp0513232553.JPG 400×300 14K今日はある組織で7年続いている「改革実践」研修で、受講生一人ひとりが自分の改革実践目標を決めて、フューチャーパーフェクトを思い描いたり、リソース確認をしたり、スモールステップをリストアップしてみる日。8月末にはその成果発表会も予定されている。3か月くらいで達成できると思えることを仲間とSF的にサポートし合ってしっかりフォローしながら進めれば必ず成果がある。この組織のトップもこの研修を気にいってくれている。

今日とてもうれしくなったのは、このソリューションカードを使ったときのこと。目標を最終決定するために、ペアになって仮決めの目標についてカードセッションをやった後で、「このセッションが役に立った人?」と聞いたら、即座にほとんどの人がサッと手をあげてくれた。そして、何がどう良かったかをシェアしてくれた。それは初めてのことでも珍しいことでもないんだけど、そのセッションの後の休憩が終わる数分前に全員が着席して、いつ始めてもいいですよって顔つきでいてくれたことがなんだかとてもうれしかった。やっぱソリューションカードを使ってする会話は気持ちよく前向き感をつくるんだなあとあらためて確認できた。

今年の改革実践の成果発表も楽しみだ!


■2015年05月11日(月)  「そのままやっちゃん」10周年おめでとう♪
実は10年前の2005年5月11日にブログ「そのままやっちゃん」は生まれた。当時はねえ、まだブログって言葉を知らない人も多かったし、ソーシャルメディアが今ほど普及してなかったし、「そのままやっちゃん」に何をどう書いていいのかはよくわからなかった。誰か読んでくれる人はいるのかなあって心配もあった。だけど、誰にも読まれなかったとしても、自分の人生の記録日記になればいいやと思えたので、気楽に始めることにした。実はこの写真、10年前のブログ記事の写真と同じ場所で同じように撮ってみたもの。やっぱりねえ、10年一昔とはよく言ったもので、確実に年をとったと思う。でも嫌な感じじゃないね。いろいろとあきらめもついて、自分を気楽にさせられるまでの時間は短くなってるかも。

「あおきやすてるの毎日をそのまま公開」なんて書いてるが、もちろんここに書かないこともいろいろある。ただ、自分にあまりプレッシャーをかけないようにするために、「気張ったことじゃなくて等身大」という意味の「そのまま」だったんだよね。そっかー、こう書いてみてあらためて自分の強みはそういうところかもしれないなあと思う。

実は、10年はちょうどいい区切りだから、もう「そのままやっちゃん」やめちゃおうかなって思う気持ちもあった。だけどねえ、ここが自分の落ち着く場所でもあるんだよなあと今あらためて思う。やはり、続けていこう。月に20日分以上書く。テーマはSF関連に限定しない。その日に書けずに後からまとめて何日分か書くのを許す。というルールもそのままにしておこう。

皆さん、これからもご愛読(時々でも良いですから)よろしくお願いしま〜す♪
v(^o^)v

grp0511224741.JPG 500×375 38K

■2015年05月10日(日)  やった〜、予選をトップ通過!
grp0511222641.JPG 400×300 25Kここ数年でゴルフのハンディキャップが増えてしまってガックリではあるんだけど、それならハンディ戦の競技に出たら面白いかなと思い、オリムピックCCの理事長杯予選に出場した。ダラララララララァ〜(ドラムロール)「予選結果を発表します!青木選手、トップ通過です。おめでとうございます!」やった〜!

7ボギー、1バーディーで78ストローク。このクラブではハンディ12になっているので、ネットスコアは66の6アンダー。ネットスコアがパープレーまでの20名が次週の日曜日に1.5ラウンドの決勝を戦うことになった。久しぶりだなあ、決勝進出という響き♪

今日の勝因は何か?自分のゴルフスイング型のお手本が意識できるようになってきたことが大きいと思う。お手本通りにはできないんだけど、何をやれば良いかのイメージがある。そして、下手に力まずに、自分の体の動きを感じることでそのイメージにできるだけ近づけようという意図が働く。今朝の最初の3ホールくらいは、先日GMG研修会でベスグロ優勝したって気持ちを引き摺ってるから、お手本イメージどころじゃなくて、欲望に体が反応してしまっていた。だけど、4ホール目くらいからまたマインドフルになれる度合いが増えてきた。マインドフルのトレーニングとしてのゴルフ・・・うん、それも面白いな。


■2015年05月07日(木)  リベンジ成功!!
前にスタッフミーティングでキーマカレーをつくった時はベジタリアンぽくし過ぎて硬いツブツブ感が残り、あまりうま味が引き出されている気がしなかった。先日の「犬の日」のキーマは肉肉し過ぎて味が濃くなりすぎた。今日のスタッフミーティングのは、ちょうとその中間にしようと決めた。成功した!肉と野菜のバランス、スパイスや塩の加減がちょうど良かった。つけあわせのサブジもカリフラワーとじゃがいもの形が残ったままでホクホクにするのが今までで一番うまくできた。そして先日のヨーグルトサラダはさらにきゅうりやセロリを加えて進化させた。

そして、ランチタイム。食べながらスタッフは皆「美味しい!」と”いつもの”ように言ってくれた。自分としては、今回が一番よくできた気がするんだけどと言うと、皆は一様に「いいえ、いつも美味しいですよ」と言ってくれる。そりゃあそう言ってもらってうれしくないことはないんだけどぉ・・・、でもさあ・・・今日のはやっぱり特別美味しいでしょと言いたい気もちがムクムク湧いてきた(笑)。

やっぱり自信が少し出てきたんだよね、台所に立つことに。「犬の日」から間をおかずに続けて料理をしたことが良かったんだわ。月一のスタッフミーティングの時だけだと、前にやったことを忘れているから、学びを積み上げている感覚が乏しい。でも、今日は何も考えずにいくつかのことがやれていてうれしかった。体が慣れてきて自然に動くっていうのかな・・・あ、まだ自慢するのは早いっすね、失礼しましたぁ〜(^o^)/

grp0511220847.JPG 400×300 24K

■2015年05月06日(水)  ベスグロ優勝@GMG研修会!
20130_10153178257281839_1629815101582270638_n.jpg 400×300 15Kひさびさの快挙だ!研修会でのベストグロス賞を最後にとれたのは、きっと10年くらい前だと思う。73ストローク。豪打もピン筋に飛ぶキレのあるアイアンもスーパーアプローチもなかったけど、大きなミス、凡ミスがなかった。つまりOB、池ポチャ、3パット、「お先に」パットのミスなどがまったくなかったってこと。18ホール中12ホールが4。あとは2,3,5で、6がなかったのがうれしい。

何が良かったのかなあ・・・。やっぱり1月からずっとウオーキングを続けてきているのが大きいのかな。ラウンド中に上り坂を苦にせず、小走りくらいに登っていく自分が気もちいいって感覚があるから、ショットにもいい影響が出ているのかもしれない。ショットそのものというよりも、ミスをしたあとに「よし、次でリカバリーすれば大丈夫!」と考えられる余裕が前より増えた気がする。自分に対する信頼感が高くなっていると思う。だから、ミスの次のショットに集中できる!

賞品としてもらったクラブ売店専用の商品券でタイトリストのボールを買って帰った。う〜ん、自分がいいゴルフをしたことで手に入れたボールだから、これを使っていれば力が湧くぞ〜って、目下のところ思考が好循環になり続けている。気持ちいいんだよね、やっぱりベスグロは!


■2015年05月04日(月)  ワンワンランドになっちゃった〜@自宅の庭
我が家の「犬の日」に集まった犬は合計4匹。われらがノアっちにクーちゃん、そしてホワイトゴールデンのK君とRちゃん。この写真は庭だからまだいいけど、この4匹が家の中で元気に遊ぶと「うわあ、うちは動物園ワンワンランドになっちまったぁ!?」とクラクラする(笑)。

この庭の木陰で皆がまったりしているところを写真にとったドッグシェルターのKさんは、「うわあ、この写真カリフォルニアで撮ったぁって感じだよ〜♪」だって。思わずニンマリしてしまった。こかぁ、はちおーじだけんどもよぉ(^o^)

ランチタイムになり、カレーを出したはいいんだけど、味が濃すぎるのが気になってしょうがない。でも、まずMさんが一気に平らげてくださった。こういう時って「食べっぷりがいいねえ!」と言いたくなるね。そしてM夫人も。つぎつぎと皆さんが食べきってくれた。ふ〜、良かった。でも無理してないかなぁ・・・と、やっぱり気になる。しかし、この不安は解消された。皆さんが帰り、家に着きましたという連絡メールの中であえて「ご主人のカレーがとっても美味しかったとお伝えください」なんて書いてくれていたから!

でもなあ、きっと「普段料理なんかしない人が頑張ったみたいだから、喜ばせてあげよう」なんて思ってくれたのかなあ・・・と、疑心暗鬼は続くのであった(笑)

grp0511212947.JPG 400×300 31K

■2015年05月03日(日)  肉中心の本格キーマカレーをつくってみた
grp0511212807.JPG 400×300 24Kこのカレー専門の料理ムックはカミさんが買ってきてくれた。僕がスタッフミーティングで毎回カレーランチをつくるぞって宣言したので、参考書ということらしい。読みやすくって写真もわかりやすいので、作る気になる。そしたら、明日の「犬の日」の7人分のカレーランチの注文を承るはめになってしまった。

「犬の日」とは、クーちゃん(ゴールデンリトリーバー)の誕生日祝いとクーちゃんがうちに来てから1周年を記念して、被災地から避難してきたクーちゃんの里親さんを2年間してくれていたM夫婦、ドッグシェルターのKさん、そしてOちゃんがご主人と犬2匹を連れて遊びに来るという犬が主役のパーティー。日頃あまり・・・じゃなかった、まったく犬の世話をしていないボクとしては、こういう時ぐらい少し貢献しようと思い、カレーランチを引き受けることにした。

前回スタッフミーティングでキーマカレーをつくった時は、クックパッドのレシピで野菜の方が多いちょっとベジタリアン風なキーマで歯触りが硬かった。今回のこのカレームックに出ているキーマは肉が中心のオーソドックスなタイプ。うん、今回の方が美味しくなりそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

できあがってみたら、味がちょっと濃すぎるような気がした。んんん、難しいなあ。しかし、今回のヒットはヨーグルトサラダ。これは美味い!濃い味のカレーを食べた後は、これでスッキリしてもらおう。


■2015年05月02日(土)  つくりたての釜揚げシラス、美味い!!
秋谷の海岸とその近くの漁師さんたちが住んでいる住宅街をを散歩していたら、この写真のような作業風景が目に入ってきた。湯気があがっていて、つくりたてのモノがそこにひろげられているんだけど、近くに行って見てよいものかどうか躊躇していたら、看板が目に入った。「湘南しらす 紋四郎丸」。こりゃあ、漁師さんがとりたてのしらすを売っているところだとわかり、庭に入っていったら通りからは見えないところに店舗もあった。あとからわかったんだけど、ここは湘南しらす直売所として有名で観光スポットにもなっているところらしい。

生しらすと釜揚げしらすを買って、帰りながらまた作業風景を見ていたら、おっちゃんが食べてけって仕草をしてくれた。「え、いいの?」って、ちょっと逡巡していたら、今度は奥さんの方が「ほらっ」って少しつまんで差し出してくれた。「あ、どうも、いただきま〜す♪」とつまませてもらった。実際に味も美味しいんだけど、このできたての釜揚げしらすをつまんで口に入れるまでのプロセスがあって、最後に気のいい漁師さんがおまけしてくれたぁ、得したぁみたいなうれしい気持ちを感じた直後に食べてるから、余計に美味しいんだと思う。いやぁ、なんだかうれしかったなあ♪、

grp0511211230.JPG 400×300 30K

■2015年05月01日(金)  昔のボス・・・って言われると何だか気恥ずかしい
grp0501221639.JPG 400×300 12K今日は横須賀に住んでるレスリーを一家(♂1♀1犬2)でキャンピングカーに乗って訪ねた。海辺の素敵なところだあ♪庭の木戸をあけるとすぐに海岸に降りることができる。そしてこの風景。彼女はここから見える富士山の写真をよくフェイスブックにアップしてる。

レスリーはボクが最初に勤めた会社の横浜支社長をしていた時(1990年代前半)に、スタッフとして入社してきてくれた。日本で育って日本語は普通にしゃべるんだけど、アメリカ人でボクより10歳年長。当時はちょっとどう接して良いかわからず、とまどっていた記憶がある。今日は近所の人や夕飯を食べたところのシェフに、「私の昔のボスなのよ」って紹介してくれた。事実なんだけど、なんだか気恥ずかしいなあ。悪い人じゃなかったと思うけど、いい上司にはなれてなかったなあ・・・。

色々昔話も今話も未来話もして楽しかったけど、一つ大きな誤解をしていたことが判明。彼女のお父さんは宣教師だったので、一家で日本全国を移動して布教していたというストーリーがボクの中では鮮明にできあがっていた・・・。そして彼女の性格のとてもマジメなところはそういう背景があったからだと思い込んでいた。しかし、今日話していたらお父さんはまったく違う仕事をしていたことがわかった。しかもボクが思っていたような性格ではなかった。うわ〜、人のことこんな風に勝手に思い込んだままにしていることってきっとたくさんあるんだろうなあ。ああ、人間♪


2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月