あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2015年04月29日(水)  渡辺照子コーチ(テルちゃん)のSFコーチング・ワークショップ
うちの会社の10周年記念イベントの一つとして企画された「渡辺照子コーチのSFコーチング」第一回が開催された。18名定員で満席!やはりテルちゃんがいかに信頼されているか、人気があるかがよくわかった。

内容はOSKARモデルが中心。でも、ただ教えてやらせるというのではなく、その各ステップの意味あいを各自に考えさせ、OSKARの流れを一旦解体した上で再び自分流に組み上げるというワークをすることで、非常にソリューションフォーカスというものに対する理解が深まる進行だった。

最後に参加者からコーチ役とクライアント役を募集して皆の前でセッションをやる時間になったけど、クライアント役がすぐに出なかったので、思わず「ボクがやってもいいですか」と手をあげてしまった。で、ほんの数分の短いコーチングだったけど、スモールステップが導きだされて、それは帰りの電車の中ですぐに実行できた。やっぱりいいよね、SFコーチング♪

grp0429224258.JPG 400×300 14K

■2015年04月28日(火)  オレが思ってたこと、やってる、言ってる!
grp0429222912.JPG 400×300 20K最近読んだ本で、とてもいい内容で、しかも自分が思ってたことがそのまま書かれているので、とても勇気づけられた本が2冊。

まあ、逆に言えば、自分は思ってただけで、これらの本を書いた人たちは、その内容を実行したり、研究を重ねて本に書いているわけで、まあこちとらエラそうなことは何も言えない。

一冊は平本清さんの「丸見え経営」。実はこの著者と先日ゴルフをご一緒させてもらった。なんだか楽しい人だなあということと、人に対してとても寛容な人だなあというのが印象に残った。まわりの人が「この人はすごい社長なんだ」と言うのでグーグルしてみたら、なんとカンブリア宮殿にも出演したり本も書いてるということがわかり、さっそくアマゾンで注文して読んだってわけ。どんな役職についても年収は1000万で頭打ちにして、皆を幸せにする。会社には内部留保を残さず社員にボーナスとして還元し、資金が足りない時は社員から借金をするので銀行借り入れゼロ。まったく常識はずれのすごい会社を創った方だった。こういう人が世の中にいるということを知るだけで何だか勇気が湧いてくる。

もう一冊のエドガー・シャインさんは組織開発の分野ではとっても有名な人。でも今まで著書を読んだことがなかった。この本は専門書ではなく、彼の長年研究してきたコミュニケーションのエッセンスを読みやすく一般向けに書いたもの。とてもわかりやすくて、まるで自分の頭の中にあったことを目の前に並べてもらっている感覚。「ああ、オレが先に書いてればなあ・・」なんてアホなことを考えたくなるくらい共感!!


■2015年04月27日(月)  「ポールと一緒にハモッた♪」・・・ならいっか(笑)
ポール・マッカートニーの東京ドーム最終日行きました。72歳でも2時間半も休憩なし、水補給なしで歌い続けられるってすごい!!ベジタリアンで節制のある生活してるからかなあ・・・。見習わなきゃなと思う。いい目標だ(笑)。

それにしても、18,000円のチケットでは、顔が見分けられるほど近い席ではないことはわかっていたけど、ステージに目をやってあそこあたりにいるんだろうなあと思いつつ、大映しの画面を見るだけになるとちょっと空しくなるね。たった100mくらい先にいるのに、結局生で見ている感はない。まだ入り口出口で待ってた方が顔を見れるのかもしれない。でもなあ、生アップで見たらやっぱり爺さんになったなあって思うだけかも。遠目で「ああ、元気でいいなあ」って思ってるのがいいのかも。今日はポール見たよとは言えない。でも「ポールと一緒に歌ったよ」はホント。「ポールと一緒にハモッたよ」も自己満足的にはホント♪

終了後はご一緒した今野さんとYちゃん、カミさんと4人で神保町のビアパブ「8taps」に行き、乾杯♪今野さんとライブやりたいねという話で盛り上がった。今野さんはミュージシャンでもあるので、色々詳しくて、東京ドームと武道館では武道館の方が音響が断然いいんだそうだ。もう東京ドームはどんなタレントが来ても、いかない(きっぱり)。武道館は一度行ってみたいなあ。

grp0429221421.jpg 400×300 32K

■2015年04月25日(土)  SF実践コース第6期修了証書授与式♪
11182285_10153154922336839_1302590649535185054_n.jpg 400×300 13K昨年の9月末にスタートした「SF実践コース」第6期は、本日の修了証書授与式にて無事8名の修了生を送り出した。皆さん、半年間本当にお疲れ様でした!8名中7名の方が、今回の成果を6月のJ-SOL8で発表してくださる予定だ。

今回はコンサルタントやコーチはいなくて、全員が組織内にいて何等かの形で"SF inside"を目指す人ばかり。修了レポートのタイトルを並べてみると、「体育会系SFの組織づくり」「従業員満足度UPのための第一歩」「風土改革(ルールを守る風土づくり)への挑戦」「知識を引き出しやすくする環境をSFで作り上げる」「小さな○を大きな○へ〜企業理念浸透プロジェクト」「より良い関係づくりのために!・・SF第一章・・」「お先に失礼します〜PSKデータ入力100%達成!」「人の集まりをチームに変え、そしてチームを維持してゆく方法」となる。

体育会系SFというユニークなコンセプトが生まれる特殊な事例だったり、「従業員満足度」「ルールを守る」「企業理念浸透」「データ入力」「知識の伝承」「より良い関係をつくる」など、企業が普通に取り組みそうなことにSFをうまく応用した事例だったり、バラエティーに富みながらもSFスピリットが個性豊かに活かされた素晴らしい事例ばかり。J-SOLで発表されるのが楽しみだ!


■2015年04月23日(木)  オープンダイアログのセミナー帰り白木さんを直撃!
白木さんが台湾で開催されたオープンダイアログのセミナーに参加して帰ってきたばかりなのでお話し聞かせてくださ〜いとお願いした。うちから大手S社に派遣しているカウンセラーのYさんもお誘いして、名古屋駅近くのビールの美味しい店へ。

オープンダイアログの創始者ヤーコ・セイクラ博士(フィンランド)のアジア圏初プログラムだったそうだ。実際にクライアントさんとその関係者が参加したセッションもオブザーブすることができたり、直接質問することができたり、何よりセイクラ博士の人柄・雰囲気に接することができたことが良かったそうだ。ほぼ白木さんがこれまでに研究して想像していた通りのものだったそうだけど、一つ意外だったことがあったそうだ。ある医療関係者がダイアログの中で”あきらかに”医師に対する批判的で不適切と思われることを言ったので、さすがにこれは何か注意するようなことをするだろうと思ったら、まったくそういう素振りはなく、他の意見同様丁寧に聞きとめていたそうだ。コントロールしようとしない、というのをそこまで徹底するかとびっくりしたそうだ。それからキーワードとして、tolerance of uncertainty が重要であるとのこと。オープンに対話をしようとすれば、色々な意見やコメントが飛び交い収拾がつかなくなりそうな不安を感じる。その不確実性をどれだけ許容できるかが、オープンダイアロジストとして機能できるかどうかのレベルを決める。これって、セラピーだけじゃなく、創造的な仕事の現場でもそうだよね。

白木さんは、精神療法の世界においてはこれからオープンダイアログか、それに類したものが大きくとりあげられる流行が来るだろうと予測している。僕が広めているSFも既にある程度そうなんだけど、多分これからさらにオープンダイアログ的になっていくだろうと思う。

grp0424125428.JPG 300×400 20K

■2015年04月22日(水)  牡蠣酒♪
grp0423170757.JPG 400×300 16K昨日から広島で仲良し会ゴルフツアー。Kちゃんのお友達で広島CCのメンバーの方たちが、昨日は西条コース今日は八本松コースで同伴してくださって、夜の食事会もセットしてくださった。昨日の夜は牡蠣船に乗船。原爆ドームのすぐ近くの川に係留されている牡蠣船。今は2隻だけになってしまったけど、昔はもっとたくさんあったそうだ。牡蠣料理が沢山出てきて美味しかったあ!特にこの牡蠣酒ってのは初めてだった。一見フグのヒレ酒に似てる。でもヒレ酒はインパクトが強くて冬にクゥーッと熱く飲むのが似合う。牡蠣酒は少し甘味があって、春に似合うやさしい美味しさだ♪

今回毎朝ホテルまで迎えに来てくださったIさんには、おもてなしとは何かということを教えていただいた。仲良し会の僕たちより10以上も年上なのに、とても腰が低くて、車に乗せてもらったら全員分の缶コーヒーが座席のホルダーに用意されていた。ちょっと肌寒い朝には熱いのが、そして気温が高くなった帰りには冷たいのが。今夜の食事会の場所はお好み焼き屋さんだったんだけど、素晴らしい牛ヒレ肉を持ち込みで料理してもらって、ステーキがメインだった。この場所を選ぶのに仲間と色々なところに飲みにいって、わざわざ材料持ち込みで美味しく調理してくれそうなところを探したのだそうだ。お仲間の方が、「オレはね、こんなやさしい人は今まで会ったことないよ!」と、年配の男性同士には珍しく、ストレートなOKメッセージを言うのが気持ちよかった。人のためになること、人を喜ばせることを淡々と実行する。これはすごい力だ!  


■2015年04月19日(日)  SFアート・ラボby上田敬さん
上田さんから南山大学大学院での研究成果を聞くのは、これで4回目になる。でも、その都度面白いなあって思うから、やっぱりちゃんとデータを集めて研究論文としてまとめるってことは意味があるんだねえ。

今日は時間的に少し余裕があったので、「部下コンプリメント」という研究テーマに関する話だけでなく、ワークショップの進行に関しても大学院で勉強されてきたことを伝えてくださった。その一つがこのLTD(Learning Through Discussion)。一塊の講義を終えたら、まず個人ワークでこのシートを書かせる。講義の内容を主観を交えずまとめさせ、次にその内容と関係ある自分の経験や知識を書かせ、最後に講義内容への賛成・反対など自分の意見を書かせる。それに10分かける。そしてこのシートに書いたことを小グループの中で発表し合う。

僕のセミナーでも、個人ワークで10分も書くってのをやってみようかなと思った。すぐにしゃべり始めてしまっても話しは盛り上がる可能性はある。だけど、10分という時間をかけて、各自が自分の思考の中に沈潜する時間は意外と貴重だなと思った。

最後にグループのメンバーにお互いにOKメッセージを伝えるというのも、まずシートに書いてからだったんだけど、これも落ち着いて伝えられて良かったなあ。

grp0421000453.JPG 400×300 19K

■2015年04月18日(土)  福岡正信の名前を聞くのは何年ぶりだろう!?
grp0420234528.JPG 400×400 23K今日は「SFベーシック」の内容を基本的なところで変えてみた。スティーブ&インスーから発祥のところを説き起こすことをしないで、「SFコミュニケーションのフレームワーク」を基本として説明をつけていってみた。これは結構しっくりきて、スタッフには非常にウケた。参加者の皆さんは前とは比較できないからわからないだろうけど、反応はとても良かった。

終了後いい気分で麻布十番のルエヴェルロールに行くことができた。八王子シーンでバーテンをしていた千葉ちゃんがカリフォルニアワインのスペシャリスト・ソムリエになって開いた店。今夜は特別イベントでカリフォルニア・サンタクルーズあたりでワインをつくっているBob Varnerさん夫妻がゲスト。そして、彼のところでつくった白赤2種類づつを試飲しながらのディナー。

せっかくなんで、BOBさんとちょっと話してみたら、なんと福岡正信さんの名前が出てきてびっくり。ボクが学生時代ホビット村に出入りしてた頃のヒーローの一人だ。「自然農法」という独特なエコ農法で化学肥料や農薬を使わずに強い作物をつくった人。アジアやアフリカなどには国家予算をつけて自然農法を学ぶ国もあるとか、イタリアのトスカーナ地方で育てられる幻の豚・チンタセネーゼ育成者にもこの農法が引き継がれているとWikipediaには出ている。日本ではマイナーのままだったけど、外国での指導はかなりしたようだ。BOBさんは、やはり若い頃福岡さんの影響を受けて、その土地から自然に育ってくるものを大事にする方針でブドウ作りをしてきたそうだ。なんだかこんな話しを聞いて、今日のワインは特別美味しいような気がしてしまった(^o^)


■2015年04月17日(金)  青木さんの仕事って技術を売ってるようで技術じゃないですよね・・・
まったく部外者の人の視点の方が新鮮でハッとすることがある。

今年はSFアカデミアのカリキュラムを大幅に改訂しようとしていて、スタッフでも色々議論しているところなんだけど、考え過ぎて頭がパンクしてしまうこともある。SFはシンプルですよ・・・と言えない状態(笑)。

そんな状態だったので、串揚げ「文」のカウンター席につくなり、文ちゃんに聞いてしまった。「ねえねえ、文ちゃん、あんたからはさあ、オレの仕事ってどう見える?」彼はしっかり考えてくれた。「ボクの仕事みたいに形あるものを売ってるわけじゃないですよねえ、青木さんの仕事は・・・。」で、その次に言ってくれたことがとても新鮮だった。「じゃあ、技術を売ってるのかっていうと、それも違うと思うんですよ。」「おっ、それどういうこと?」「だって、技術っていうのは、『Aというスイッチを入れればBができる、それから3秒おいてCをすればDができる』みたいに一対一対応で同じ結論が出ないと技術にならないじゃないですか。青木さんがやってることってもっとケアの領域だと思うんですよ。」「ほお、ケアって?」「んんん、難しいなあ。なんて言えばいいんだろ・・・」

そんな会話をしながら、ああ自分の仕事はそんなに簡単じゃないと思っていいなあと、妙な安心感を持ってしまった。

grp0420212204.JPG 300×400 18K

■2015年04月17日(金)  「日本だからやっぱり寿司食いてぇ!」だって♪
grp0420205506.JPG 400×300 24K僕が高校3年でアメリカに一年留学していた時のガールフレンドだったアレサンドラが一家で来日中。彼女のファミリービジネスはアイスクリーム製造機械の製造で日本のハーゲンダッツのほとんどは彼女の会社の機械でつくっているそうだ。今日はご主人は仕事の関係で岐阜方面へ。その間に家族は観光中。息子たち(エドアルドとリカルド)が寿司を食べたいということで、銀座で日本料理の店を経営しているKちゃんに寿司ならどこがいいか聞いて「くろ寿」でランチ。マスターがとても明るくて楽しい人で、わいわい色々な話しをしながらお寿司を堪能させてもらった。「今まで食べたお寿司の中で一番おいしい!」と言ってもらえてよかった。

彼らに日本のイタリア料理はどうかと聞いてみたら、即座に「ダメ!」と言われた。お世辞なしではっきり言うね〜。結構高いところも行ったらしいけど、イタリアで食べるのとは違ったものだと言われた。まあ、日本料理だって、海外で本物だと思えるものにはなかなか会えないからねえ。

食後は日本刀と甲冑が見たいと言われて、くろ寿のマスターに教えてもらった近所の店に行ってみた。ボク自身はそういうものにまったく興味がなくて申し訳なかったけど、とりあえず案内できてよかった〜。それにしても20代半ばの息子が二人って頼もしいなあ。よその息子だから葛藤がないだけと言われればそれまでだが、やっぱり息子って可愛いなあ。


■2015年04月16日(木)  トミー君の来日支援クラウドファンディング始まる!
昨年のストックホルムでのSOL国際大会で出会ったシェフ見習いのトミー君が日本に来るのを手助けするためのクラウドファンディングプロジェクトTIJAがとうとう始まった。TIJAは"Tommy in Japan"の略↓↓↓
http://www.solutionfocus.jp/tommycrowdfunding/tommy-cf-j.html(日本語)
http://www.solutionfocus.jp/tommycrowdfunding/tommy-cf-e.html(英語)

このサイトをアップして、欧州SOLのメーリングリストにニュースを流してから数分以内に2人の寄付のお申し出があった。スイスのダニエル・マイヤーさん(ピーター・ザーボさんの相棒)とJ−SOL関係者にはおなじみのジェニー・クラークさん。それから数時間以内にさらに5人からの寄付が集まった。彼らはずっと待っててくれたんだねえ。それで、ニュースを見たらすぐに応募してくれた。メーリングリストのサイズからしたら、お金を送る決断をすぐにしてくれる人がそれだけいるってすごいことだと思う。

日本人からは、観光案内をしてあげたいというお申し出が5つもあり、スケジュールの関係でいくつかはお断りしなければならず、残念ではあったけど、それだけ皆さんの善意があることがうれしかった。

マンガとアニメだけで日本語ができるようになった北欧の面白いお兄ちゃんを応援したくなってしまった理由はいまだによくわからないんだけど、これだけ皆さんが共感してくれるってことは、やっぱりいいことなんだよな(笑)。

grp0420203518.JPG 400×300 23K

■2015年04月15日(水)  メイプルポイントGCでのコンペで第4位
grp0420203250.JPG 400×300 19K八王子の飲食店グループGulliver企画のゴルフコンペに参加した。Titleistの新しいドライバーがいい感じで、なかなか調子よかった。しかし、大たたきホールもあったので、最終結果は39,42の81。新ぺリア方式でハンディがまあまあついて4位に入った。ベスグロの人が78だったので、ああ、あのパットを入れておいて、あそこでこうしていれば・・・ってタラレバ言いたくなった。

一緒に回ったYさんとAさんが治験の段取りを整えるサービス会社の人だとわかり、面白い話が聞けた。お二人は20歳以上も年が離れているのに、とても和気藹々としている。社内のコミュニケーションはきっと良い会社なんでしょうねと言ったら、うれしそうに「そうなんです」と返ってきた。治験の仕事というと薬学の知識を活かした研究者っぽいイメージなのかと思ったら、それは製薬会社の仕事であって、治験の会社は製薬会社の人と病院関係者と被験者の間をコーディネートする役割。その現場は女性仕事なんだそうだ。なぜなら看護師さんが新しい薬を試す人の不安を和らげたりする優しいコミュニケーションがとても大事で、まさにコミュニケーション専門会社と言えるらしい。

最後のホールの40cmのパットは、Yさんに「慎重に」と言われたにも関わらず「お先に」と急いで打ってはずしてしまった。パーティーではYさんに何回もこのことをチクチク言われた。んんん、これは絶対教訓として残りそうだ。


■2015年04月14日(火)  関係性開発協会ってどんなんだろ?
「最高の居場所」のメーリングリストで「関係性開発協会(RCI)」の設立イベントの案内を以前もらっていた。行くかどうか迷っていたんだけど、もう一度案内を見たらパネリストとして田村洋一さんの名前があったので、行くことにした。彼は予定調和的なことよりも刺激的なことを言うタイプの人だし、いつももらっているメルマガに面白いことが書いてあるので、彼の思想に同調するかどうかは別にして、どんなことを言うのか聞いてみたくなった。それから、”ヒューマンリーグ”みたいな名前で、人間が活かされなおかつ重要な成果をあげる組織づくりに貢献できると思われる手法の伝道者たちが大同団結するような集まりを創ってみたいなあっていう想いを前から持っていたので、それに近いものなのかもしれないっていう興味もあった。

実際参加してみたら、知っている人が一杯いたのでびっくり。コーチング関係の人が多かったようだ。いろいろなチラシももらった。代表の大坪さんの話の中で、色々な手法が関係性を開発するものとして共通点をもっているみたいな話があり、その色々な手法の中にソリューションフォーカスもいれてもらってた。「今日来ている青木さんの・・・」なんて説明もつけてくれてうれしかったなあ。これはボクが思う「ヒューマンリーグ」に近いところだった。

パネルディスカッションの中では、「関係性はデザインできる」って命題がウイエクアップの島村さんから提示され、田村さんがそれを認めつつもしっかり反駁するというのが軸になって進んでいった。デザインという言葉を建築のようにデザインしたらその通りのものができあがるって考えるなら、関係性はデザイン不能だと思うけど、ガイドライン的な意味ならデザインはあった方が、安心して関係が持てるだろう。その「デザインできる」ってことが何を指し示すのかについて議論したくなった。会員にはならなかったけど、注目し続けたい団体だ。

grp0420194246.JPG 400×300 29K

■2015年04月13日(月)  歴史を感じた瞬間
grp0414121133.JPG 400×300 25K歴史を感じたのは、この皇居の門を見たからではない。今日ある役所で8年続いている昇任研修の講師をしたんだけど、6年前に新人で入庁したての頃に人事課に配属されて担当者として研修をサポートしてくれたA君が、昇任して受講生として研修に参加してくれたから!

6年前に、新人だというのに結構配慮が行き届いていていて、将来が楽しみだなあと思った記憶が鮮やかに蘇ってきた。三十路に近づいてきて、やはり顔は少し大人の雰囲気が出てきたかなあ(笑)。

たまたま今日は人数の関係でボクもワークに入ることがあり、これもたまたまA君と一緒のグループになり、彼の学生時代の体験を聞くことになった。彼はスポーツをずっとやってきたんだけど、花形選手だったことはなくむしろ運動能力的には運動部の中では劣る部類に入っていたそうだ。それなのに、副部長や主将というポジションを体験してきている。それだけ人望が厚かったってことだ。副部長時代にいかに部長をたてながらサポートしたかって話しを聞いたとき、もし自分が部下を持つとしたらこういうヤツが欲しいなあって強く思った。彼が新人の頃でも、人並み以上に気が利いていたのは、そういうことだったのかと納得!

なんだか”歴史”を感じた瞬間であった(^o^)


■2015年04月10日(金)  TORAYAさんの帽子
小さい頃から頭がでかかったので、サイズの合う帽子がなかなかない。特にベースボールキャップは最悪。うしろが調整用のベルトになっているのを目いっぱい伸ばしても、帽子自体が小さいから、被るというよりもちょこんと頭に乗っかっている感じになってしまう。小顔だとあれが似合うんだけどなあと溜息。

今日は実践コース修了証のフレームを注文しに銀座伊東屋さんに行ったのだが、帰りにTORAYAさんの看板が目に入った。このお店はボクが帽子を買いたくなる世界でただ一つのお店だ(笑)。どんな帽子でもサイズがいろいろそろっている。ベースボールキャップもかなり大きなものがある。ボクが帽子が必要なのは、冬の防寒用と夏の脳天日焼け防止用の2種類だけ。今日はそろそろ夏が近づいてきたので、夏用の帽子を選ぶことにした。脳天と首の日焼けを避けるには、つばが広いものが必要。だけど、頭が大きい上につばが広すぎると変に目立ちそうだ。この帽子は被りやすくてつばが小さめで、ちょっとおしゃれに見えた。そしてサイズは3L。最大かと思いきや、5Lまであった!な〜んだ、オレの頭なんてそんなでかくねーじゃん、と妙な安心感を感じ、即購入(笑)。

11102711_10153113344246839_1350547311082101393_n.jpg 296×394 26K

■2015年04月09日(木)  母の命日
grp0409231011.JPG 400×300 20K今朝仏壇に手を合わせる時に過去帳を見て、母の命日であるのを思い出した。ちょうど10年たったんだあ!母が亡くなった直後の5月に初めてスイスのSOL国際大会に参加して、とても感銘を受けて帰ってきた。母がなんだかあっちから色々と後押しをしてくれてる感じがしてたし、母のことを毎日考えてたっけ。

それから10年たって、ソリューションフォーカスの仕事が一つの区切りというか変革期を迎えている。区切りって言ってもやめるわけじゃない。でも今年はSOL国際大会が開催されずに、ローカルなSOLイベントばかりになった。ボクのSFセミナーの内容は「SFコミュニケーションのフレームワーク」を骨格にしたものに変容しつつある。

諸行無常・・・同じままでいるものなど何もない。消えゆくものに対しては寂しさも感じるけど、前に広がっている未決の未来に向けてどう歩みを進めていくか。与えられた運命を受けいれつつ、どれだけ未来づくりに意識を向けられるか。残された時間は誰でも限りがある。

J−SOL8の封筒デザインができた。(なんでこの写真でこの記事内容?)


■2015年04月08日(水)  ゆらゆら座りで仕事するのっていい♪
先日の日曜日に軽いぎっくり腰になったおかげで、自宅の仕事部屋ではこんな風にボールにすわって腰をゆらゆらさせながらパソコンに向かっている。一つのことを考え続けると身体も固まるのがよくわかる。ああ、これを続けると腰に良くないわけだあってよくわかる。

今日はこの季節には珍しい雪。テレビでは桜がまだ散ってなくてその上に雪が積もるという珍しい映像が何回も流れてた。だから余計に体が固まりやすくなる。腰を回したり、上下に揺れたりしながら思考をめぐらすのはなんだか楽しくなるし、凝り固まる感じになかなかなりにくいので良いね。ぼよ〜んぼよ〜ん。

grp0409224639.JPG 300×400 25K

■2015年04月07日(火)  今年のプレセミナーの中でも一押し!
s.JPG 400×300 21KJ−SOL8のプレセミナーの内容を紹介するページが今日公開された。全部で4本で、スウェーデンのタイガー夫妻によるセミナーが2本、J−SOL参加が3回目となるスイスのマルコ・ロンザーニによる「SF調停」、そしてマレーシアから初登場のアレックス・タンによる「ソリューション・レンズ」。

それぞれ特長があるし、全部魅力的だ。写真をSF的に活用するソリューション・レンズというアレックス独自の考え方はユニークでどんな写真を撮ることになるのか是非体験してみたくなるし、マルコのSF調停はJ−SOL6の分科会でやった時にとても評判が良かった。

だけど、今回主催者のボクがあえて一押しと言ってみたくなってしまったのが、タイガー夫妻のセミナー。午前中はニクラスがメインで自分が社長を務めるIT会社ハイファイブが、いかに"SF inside"化に成功して、ビジネス的にも益々好調になってきたかの事例レポート。午後はペニラがメインで、職場をいきいきと発展させるためのSF的従業員満足度調査とフォローアップのノウハウを伝えるワークショップ。シンプルに「SFって会社をうまくいかせるためにこんなに使えるじゃん!!」ということが伝わると思う。多くの会社経営に関わる人に参加してもらいたい。


■2015年04月06日(月)  サイモンはクリスチャン
シンガポールのサイモンと定期的にスカイプして近況報告し合おうっていうセッションの2回目。サイモンは結構大きな仕事をしてきた後の夜で、お疲れみたいだったけど色々と話題提供してくれた。その一つがこのダニエル・マイヤーの新しい著書。装丁はとてもりっぱで、ぶ厚い本のようなんだけど、中身はほとんど白紙。つまりワークブック形式になっている。厚い本に文字がぎっしり詰まっているとなかなか読めないけど、これは読む時間がとられずに考えを進めていけるから良いという評判なんだそうだ。SolutionSurferグループの人らしいなあと感心!

今日もっともインパクトがあったのが、サイモンがクリスチャンだっていう話。それが日本人は皆仏教徒みたいなレベルじゃなくて、最近になってかなり本気になっているらしい。彼と宗教的な話をしたことがなかったし、むしろ彼はビジネスマンとして有能で現実主義者だと思っていた。もちろん現実主義者と宗教的な強い想いを持つことが相容れないわけじゃないけどね。なんで、そんな話になったかっていうと、最近ボクが次の本を書きたいと思って色々考えていると、すぐに愛だ思いやりだっていうところに飛びつきたくなってしまうというのを自嘲気味に言ったことが発端。彼はそれに対して、直接コメントはせずに自分がクリスチャンであること、この歳になって色々うまくいっていることは奇跡だと思うようになってきたって話をしてくれた。で、結構セミナーの中でもそんな話をするようになったんだそうだ。

なんだか今日はサイモンがすごく人生の先輩のような気がした。自分も頭で考えて賢いことを言おうとするよりも、もっと人生の本心みたいなところから話してもいいなあと思った。

grp0409222144.JPG 400×300 22K

■2015年04月05日(日)  ぎっくり後にベストスコア!?
grp0405191338.JPG 400×300 24K桜満開の日曜日なのに、珍しくすいているGMG八王子ゴルフ場。天気予報が雨だったから、今朝になってキャンセルがどっと出たそうだ。実際にはほとんど降らなかったので、ゆっくり花見もできてラッキー!東コースの3番ホールはこの双子桜がフェアウエーの真ん中にある。打ちおろしなので、ナイスショットをすればちょうど超えていける。満開のときにこのティーショットはワクワクする♪ドライバーはいいところに飛んで、セカンドの残り距離95ヤード。それが2mに寄って、パットも入りナイスバーディー!

と、楽しげに書いているが、実は朝ドライビングレンジで打ち始めた時にギックリ腰になりかけた。初めてのこと!球を打ってフィニッシュポーズをとっていたら、右腰の芯の方で本当にギクって音が聞こえたような気がした。そして痛みが走る。幸いゆっくり立ち上がって老人のように歩くことはできたので、クラブハウスに戻って様子を見ることにした。ああ、今日はこれで帰るようかなあとあきらめかけたんだけど、再び立ってみたら身体をある角度に曲げることさえしなければ何とかなりそうだったのでスタートした。すわってしまうと、立つときに大変になるのでカートにはほとんど乗らず歩いた。打つ時にはもうまったく欲がなくなって、腰にギクッとこないようにだけ気をつけて、やさしく打った。

その結果、今年になってから一番良いスコア、76ストロークでラウンドすることができた。モテVOICEでもそうなんだけど、力まないで済むと安定した動きになるんだよねえ。


■2015年04月04日(土)  「SFフォーラム」の中で”とらや”が話題に
羊羹の老舗「とらや」が今日の「SFフォーラム」の中で話題になった。ある参加者(製造業)の方が失敗をした部下を守ってあげた素敵な体験をシェアしてくれた後で、これからどんなことをさらに実行していきたいかって話になったときのこと。彼の担当は品質保証だけど、まだその担当になって日が浅いので、幹部会議等では遠慮してしまい、なかなか発言がしづらいとのこと。「もし、何でも言える条件が揃ったとしたら、どんなことを言いたいですか?」って質問に対して、今まで見てきた様々な製造業他社の現場であまりにも素晴らしくて印象に残ったところのことを幹部の皆さんに伝えて、自社もそれに近づけようと言いたいとのこと。「それってどこの会社ですか?」と聞いたらとらやさんの名前が出てきた。従業員のマナー等が本当に素晴らしくて、ここまで企業の理念を浸透させることができるのかとびっくりしたそうだ。

ここのところたまたま色々なところでとらやの羊羹をいただいたり、こういう話を聞いた。日本の老舗力を特集した本も出版されているけど、やはり時代を超えて続く企業には何かあるんだよね。そんな風に残っていくものを創ることに関わりたい!

grp0405190830.JPG 400×300 22K

■2015年04月03日(金)  上級カレーライスになるはずだったが・・・
grp0405180510.JPG 300×400 27K自宅スタッフミーティングの”やっちゃんランチ”はしばらくカレーをつくり続けることにした。先日カミさんがカレー専門のレシピ本を買ってきてくれたので、しばらくはこれ一冊でカレー道精進、基本中の基本から。

市販カレールウを使ったカレーが、初級、中級、上級とレベル分けされていて、初級は小学校の家庭科でつくるぐらいに思えたので、いきなり上級に挑戦。欧風のビーフカレー。目に見える具は牛肉とマッシュルームとししとうだけ。だけど、色々な野菜のみじん切りやすりおろしたものと様々なスパイスを最初に炒めて”ベース”なるものをつくった。肉は八王子富士屋さんで買った高級牛もも肉。昨日の晩に完成させてバッチリOK・・・のはずだった。ところが今日スタッフの皆に出すときにちょっとぶくぶくが出てきただけで十分温まったと勘違いして盛ってしまった。しかし「いただきま〜す!」といきおいよく口に入れたら、ぬるっ!そんな時でもソリューションフォーカスなスタッフはやさしい。スパイシーだからこのくらいでちょうどいいとか、なんかしら「これが最高さ」と思える理由をあげてくれる。ホントこころ優しいスタッフに恵まれてるわあ(^o^)

今日は目先の実務的なことだけじゃなくて、ちょっと先の未来のことも話した。話すことでボクの迷いや不安は解消された。ありがたい。さあ、この10年間の総括となるようSFをまとめ直すゾ!


■2015年04月02日(木)  「SFニュース」って・・・どのくらい読まれてるんだろ!?
毎月1日に配信している「SFニュース」。今まで名刺交換しただけという方から、うちのプログラムに参加してくださっている方まで送っているが、どのくらい実際読んでいただけているのかなあってよく考える。実際記事を読むページに飛んでくださった方がコメントできる欄もあるのだけど、ほとんど使用されたことがない。ただ、うちの宣伝媒体は基本的にこのニュースが主だが、プログラムに参加してくださる方が途切れることはないし、J-SOLも毎年多くの方が参加してくださるので、きっと読んでいただいているのだと間接的に確認している。

僕の性格のせいかもしれないけど、文章量が少なくて読みやすいものになかなかできず、文章量が多い。ソリューションフォーカスに関心のある方なら読めば面白いというものはそこそこあると思うのだけど、パッと見だけで思わず読み始めてしまうような形にできず、ニュースなのに読み物っぽくなってしまう。それが好きなんですなんて言ってくれる人が一人でもいたら、安心しちゃうんだけど・・・

なんかグチっぽいけど、月にたった一回でもこれを発信するのって結構大変なんだよね。それでも直接の反応があれば、エネルギーはグンとあがります。もしどなたかこれを読んでコメントしてあげようと思ったら、SFニュースのコメント欄によろしくおねがいしま〜す♪・・・ってか、このブログが読まれてるかの方があぶなくねーか!?


grp0405172923.JPG 400×300 18K

■2015年04月01日(水)  ノイズを発信せよ!
grp0404180314.JPG 400×300 21K「いかりや」で飲み仲間(先輩ですが、あえてそう思わせていただきます!)のSさんにインパクトのある言葉を教わった。「ノイズを発信せよ!」

Sさんは中小製造業の社長さんで、前にもこのブログに登場していただいたが、仕事にかける情熱は本当に熱い!体調を崩されて、今では酸素ボンベを引きながらの生活になっているにも関わらず、会社の将来を考えて、いかにより効率のいい仕事ができるかの工夫を日夜考えてらっしゃる。

ノイズの意味なんだけど、2つ別々の製造機械を近くで使っていると、モーター同士の振動が伝わって、その影響でどちらかが不具合を起こすことがあり、その原因となる振動のことを「ノイズ」と言うらしい。もちろん機械の場合は悪い意味になるわけだけど、つながって連動しているものが不具合を起こすのではなくて、離れているのに微妙な振動でそれだけ影響を与えるというのはすごい力だ。「青木さんの仕事はさ、目には直接見えないけど、人にそういう影響を与えるってことでしょ。だからノイズをがんがん出した方がいいんだよ。スルーされちゃっちゃおしまいでしょ。」さすが、先輩!その通りです。ただ何にでも同調するのではなく、ソリューションフォーカス軸で回転しているモーターが、違う軸の上でまわっているものに近づいたら、相手が「あれ、この軸でいいのかな?」って自問するようになる。決して積極的に攻撃したり否定するわけじゃないけど、相手がそれまでやってきたことを自覚できるくらい、こちらがしっかりSF軸を持つって大事だよなとあらためて思った。

逆に相手が自分以上にSF軸を持っていて、こちらが影響を受けることもある。それを栄養として受け取ることができる度合いが、自分のSFレベルだなあ。


2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月