あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2010年02月28日(日)  コーチ協会神奈川チャプタービジネス部会again
DSC08085.JPG 320×240 33Kこの部会で講演させてもらう時は、上西さんが最初にインタビューしてくれるのがいつも楽しみだ。10分くらいかけてSFとの出会い、通訳した外国人講師の中で印象深かった人、今年のJ−SOLのことなど色々聞いてくれて、講演のティーアップにもなるし、J−SOLの宣伝にもなるようにと気を使ってくださる。

今日は最初に「SFってたいしたことないっすよ。だからいいんっすよ。」って言ってみた。そうしたら気負わずに済んだ。いつも心のどこかで必要以上にSFはいいと証明しなくちゃいけないというような見えない力みがあることが多いんだけど、この言い草は自分を楽にした。で、最初のエクササイズでボクがデモンストレーターになって、受講者の二人にリソースゴシップをしてもらったら、「素直な人よねえ。」とか「正直で気持ちいい人だよね。」と、ボクが好きなほめ言葉が出てきてうれしかった。

懇親会では、日本人論で盛り上がった。アメリカインディアンの8日間のプログラムに出た人もいて、世界各地の土着民の持っている自然との共生感覚が素晴らしいとか、日本人ほど相手にゆずる民族はいないとか、信憑性はともかくプラスのメガネをかけて自分たちのいいところをちゃんと見ようという点でみんな一致した。

■2010年02月25日(木)  うわ、なつかしい!NLP
ビル・オハンロンのセミナーで出会った酒井利浩さんのお誘いで、NLPマスタープラクティショナーサミットという集まりでワークショップをさせてもらった。なつかしい×5くらいあった。まず会場の日本マンパワーの研修室に入るとジョン・グリンダー博士のポスターが貼り出してあった。ボクが彼に会ったのは、17年くらい前。カリフォルニアの海岸で夕日を見ながら個人セッションしてもらったなあ・・・。そしたら、受付にKEYさんがいた。NLP交差点というとても親切なNLP情報サイトをたちあげた人だ。で、今日の司会をしますと、鈴木信市さんが来た。わあ、10年以上前に一緒にプラクティショナーコースを開講したよなあ。始まってみると、最前列にすわっている男性は見たことがある。「あれ?」と言ったら、「2年前福岡のSF基礎コースに出ました。Hです。」だって。なんだかホームカミングしたような感覚。

講演の中で、自分がなぜNLPからソリューションフォーカスに移行したのかを話していて、本当に自分はSFのシンプルさが好きだし、それによって救われたし、それが伝播力の源泉なんだなと確信できた。「SFってこれだけです!あとはうまく使うだけ。」と言いきれるすがすがしさ!

懇親会でKEYさんが、「青木さんの話しの中に写真で色々な人が実例として登場するのがすごいよね、NLPじゃあり得ないですから。」と言ってくれた。もう当たり前のようになっていたが、確かにJ−SOLを始めて、皆さんが事例共有してくれることでSFの世界が豊かになってきたんだよなあ。ありがたいことじゃ!!
20100226104633.jpg 320×160 10K

■2010年02月24日(水)  初体験仕事・・・海外360度FB通訳
DSC08083.JPG 320×240 31Kこの写真はスカイプで話している相手、ドイツSF界の才媛キルステン・ディロルフさんだ。今さっきボクが話したばかりの相手が何を言ったか伝えているところ。

今回初体験した仕事は、上司に対する360度フィードバックの通訳。キルステンがイギリスの会社から受けたSF的インタビューによる管理職の360度フィードバックを実施した際に、日本の提携IT会社から出向している日本人男性が、英語ではうまく意思が伝えられないので日本語でできないかと要望してきたらしい。で、イギリスから電話をかけてもらって20分ほど日本語でインタビューをして、その内容をキルステンに英語で伝えたというわけ。

インタビューの流れはシンプルなSFで、スケーリングを使い、上司の良いところを出してもらい、さらに良い上司になるには何が変われば良いかと聞いていくもの。面白いと思ったのは、良いところもちゃんと言うし、スケーリング数値も高いけど、さらにこうなって欲しいというところが一番エネルギーが高かったこと。もしそこだけ言われたらイヤだろうけど、いいところがこれだけありますよ、さらにここをちょっとだけ工夫してみたら、評価はバッチリ上がりますよ、という文脈で言われたら、受け入れやすさは増しますよね。

キルステンはこの仕事にとても自信を持っていて、「紙に書かせるだけの360度はあまり効果がないわ。SF的な流れで引き出した肉声のメッセージをまとめたものはとってもインパクトがあって、その後の行動変化につながるの!」と言う。はい、日本でもやりたいです。

■2010年02月23日(火)  ”SF”アイデンティティ
社団法人日本産業カウンセラー協会神奈川支部研修部の平成22年度カリキュラムに入れてもらった。タイトルは「ソリューションフォーカス(SF)」で、副題が「〜ビジネス界に応用された解決志向アプローチ(SFA)〜」。

カウンセラーのための講座なのに、これはセラピー臨床のためのものではないとうたっている。SFAとSFってコアの哲学は同じなんだけど、応用コンテクストが違うので、SFは違うものだくらいの構えで臨んだ方が、もともとのSFAの良さを活かしながら応用範囲が広くなると常々考えてきた。今回の講座のボクにとっての意義は、その考え方を公認してもらったような気がしているところだ。

解決志向ブリーフセラピーで有名な森俊夫先生はこの同じカリキュラムの中で別講座で開講されているので、ある意味こういう業界の中でもSFAとSFの区別がしっかりされるようになってきた明確な兆候だ。

ZACROSで起こったような「自然好反応連鎖」を色々なところで起こしていくのが、ボクのミッションだと思うようになってきたので、この講座でもワーツーワンの場面だけでなく、チームや組織へのSFの効果的導入という視点を大きく取り上げていきたい。
DSC08081.JPG 320×240 28K

■2010年02月22日(月)  シーン恒例の新年会
DSC08080.JPG 320×240 23Kなぜか毎年2月後半に開催される八王子フレンチレストラン”シーン”の新年会。常連だけを招待して今年のスタッフの意気込みを伝えてくれて、美味しいものを食べさせてくれる。今年は平成22年の2月22日で、しかも22周年。さも意味ありげだね。

冒頭にいつものようにシェフの杉野さんがスピーチをした。おっ!いつもと違うぞと思ったのは、その話した内容。彼はフレンチが専門だけど特にオ−ソドックスなものを大切にする、いわゆる正統派だと思われてきた。だから若手の人がエスニック的なものとか正統フレンチでないものをやろうとしても、なかなかOKを出さないできたらしい。ところが、今日のスピーチでは「フレンチは実は無国籍料理なんですよ。」という話しをしてくれた。美味しい食材や調理法があれば外国のものでもどんどん取り入れてきて、フランス料理と言われるものになっただけで、これでなければならないという究極の正しいものなんてないという話しだった。

これからのシーンはまた面白くなりそうだと予感させてくれた。もちろん今日のコースもバッチリうまかったあ♪

■2010年02月21日(日)  IBD30周年記念ワークショップ
青山ダイアモンドホールでIBDの30周年記念ワークショップ。現在は開催されていない幻のセミナーだけど、ボクにとっては原点となった大切な場(ところ)。

車で行ったので、代々木公園の方から表参道通りに入ってきて、IBDがもとあったオリエンタルバザールのビルの前を通った。新婚時代はこの近くで住んでいたし、色々な意味で思い出深い。雪で表参道が真っ白になった時のこととか、ランチを食べによくいった定食屋のおばあちゃんが90歳過ぎてたなあとか、シッダヨガの人たちが来た時に、通訳をしてこのあたりでご飯を食べたなあとか・・・

ワークショップは3時間で、いくつかのエクササイズと伊藤守さんのお話。エクササイズはセミナーに参加してから今日までのことを話すっていう単純なものだったけど、こういうことをずっと話し続けて聞いてもらう相手ってなかなかいないからとても貴重な時間だった。ああ、最近忘れてたけど、人間が活き活きするのに理屈はいらない!って感覚を思いだした。初めてIBDセミナーに参加したのが、81年のこと。あれから29年たったんだね。

久しぶりに過去のことを沢山話したけど、やっぱり大事なのは今とこれからだなって気持ちをあらたにできたことが良かったな。
20100221135503.jpg 144×176 13K
・Narcisqbba(2013/03/28 02:04)
私たちのサイトには賢い選択に関する記事の富を提供 <a href=http://bednayaove4ka.ru/>сайт мир женщины</a>.
・Fedosiilpmv(2013/04/04 19:46)
我々は上記のウェブサイト上では、スマートの記事の選択を見てできるようになりました <a href=http://www.rk-37.ru/>модные сайты для девушек</a>.
・Terentiilwuk(2013/04/09 08:33)
我々はこのウェブリソースにスマートに関する記事の大規模なセットを選択している <a href=http://volkshistory.com/>история volksvagen</a>.
・Arturgrfl(2013/04/19 12:44)
衛星"ヤマル- 402は"計算された軌道上では表示されませんでした _ttp://www.interfax.ru/news.asp?id=280005.
燃料に入れて労働者を清算するためにガス会社と石油のすべてを売却する、とイギリスに行くために最初のフライトで - 私はシンプルで論理的であるロシア政府が行う必要があると思います。
・Harlampiipsyx(2013/04/20 11:24)
上記のインターネットサイトには約最新ニュースの広い範囲を選択 <a href=http://starsphotos.ru/>последние новости шоу бизнеса знаменитостей</a>.
・Porfiriilnac(2013/04/24 03:31)
我々は、上記のWebブログで# njotransについての興味深い記事の広い範囲を拾ってきた<>URL = http://nostradamustoday.org/ ]フォトグレア星<>/ URL]
・Viktorjmgl(2013/04/24 14:18)
このウェブブログでここでは、スマートで記事の大規模な選択を表示することができます <a href=http://nebudbaiduzhym.com/>фото животных бесплатно</a>.
・Dmitriildgt(2013/04/28 12:10)
スマート記事の大規模な選択をまとめ、当社のウェブサイト上で <a href=http://ribaku.com/>рыболовные снасти своими руками</a>.
・Filippkehe(2013/04/29 22:23)
ここでは、このウェブサイトでは、上の興味深い記事の大規模なセットを見ることができます <a href=http://suizaoutfitters.com/>ремонт квартир каталог статей</a>.
・Igorkjet(2013/05/08 04:30)
私たちの公式ブログ上で、あなたはについての興味深い記事の巨大な範囲を見ることができます <a href=http://scypek.ru/skachat-skype.html>скачать скайп бесплатно без регистрации</a>.
・Iosifdkak(2013/05/08 06:20)
公式サイトでは、約興味深い記事の巨大な範囲を読み取ることができます <a href=http://mig5.ru/>развлекательный игровой портал</a>.
・Valentinumax(2013/05/09 09:50)
我々は、このWebサイト上についての興味深い記事の巨大な品揃えを組み立てた <a href=http://wordi.ru/>последние новости о мобильных телефонах</a>.
・Spiridonsybb(2013/05/14 16:45)
ここでは公式ウェブサイト上で、あなたはについてのニュースの大規模なセットを読み取ることができます <a href=http://title-publishing.org/>новости криминала сегодня</a>.
・Venediktpjre(2013/05/16 13:13)
ここでは、このウェブサイト上のスマートの記事の範囲をピックアップされています。 <a href=http://strojdomsam.ru/raznoe/srjedizjemnomorskaja-palitra-v-intjerjerje.html>средиземноморский интерьер</a>.
・INFANIDEVELAY(2013/05/30 21:37)
上記のサイトには、上の興味深い記事の巨大な範囲を見ることができます <a href=http://apple-televizor.ru/>http://apple-televizor.ru/</a>
・Leontiifadt(2013/06/12 04:10)
ウェブブログでの巨大な品揃えを組み立て <a href=http://r-board.ru/>доска объявлений</a>.
・Lukakocy(2013/07/20 19:48)
スカイプの買収の結果、 Microsoftの組織的な結論は、動きが恩恵を受けることを示唆している。今日、顧客がはるかに便利になりました。異なる要素のかなりの数が追加されました。ビデオ形式でたとえば、無料で無制限のメッセージング。 <a href=http://scypek.ru/skachat-skype.html>установить скайп</a>.
・Iosifeqtn(2013/07/23 00:28)
マイクロソフト社の結論によってスカイプの買収の結果として、それが賛成であることを示唆している。今日では、 Skypeがはるかに便利になりました。便利な機能の統合セット。たとえば、ビデオメッセージングの自由かつ無制限の転送。 <a href=http://scypek.ru/skachat-skype.html>skype ru</a>.
・Klimentiiwswi(2013/07/23 06:17)
会社スカイプマイクロソフトの遷移の結果として動きが利益を得るという考えを示唆している。今、 Skypeがより良い時間にしています。多くの新機能を導入しました。たとえば、ビデオメッセージングの無制限転送。 <a href=http://scypek.ru/>skype</a>.
・Slunteeweiste(2013/08/02 00:29)
ここでは公式ウェブサイト上では、約スマートの記事の巨大な範囲を見ることができるようになります <a href=http://chromebrowser.ru/scachat-chrome.html>хром гугл закладки</a>
・PeamydeldBelf(2013/09/30 22:33)
当社のウェブサイト上であなたが見ることができるようになります <a href=http://www.operabrow.com/>http://www.operabrow.com/</a>
・WilliamKn(2014/05/03 03:14)
ここに公式ウェブサイト上で <a href=http://coldfilm.ru/ru>http://coldfilm.ru/</a> あなたは..
ルイヴィトン - N級バッグ、財布 専門サイト問屋
日本的な人気と信頼を得ています。
安心、安全にお届けし...
・ブランド激安市場 金井(2017/05/19 07:23)
S品N品コピー時計専売店
当店は海外安心と信頼のS品N品コピーブライトリング、代引き店です.
正規品と同等品..

■2010年02月20日(土)  SFCT日本支部
DSC08079.JPG 320×240 17K今夜は2つオンライン会議があった。一つは国際電話で、もう一つはスカイプ。

国際電話はこのSFCTの本部と支部の契約条項について。SFCTはThe Association for Quality Development of Solution Focused Consulting and Trainingの略で、SFを中心的に活用したコンサルティングや研修の成功事例を認証して、SF関連サービスの品質を向上させようという公式な団体。本部はドイツで公益法人として登録されている。ボクも創設メンバーの一人なので、日本ではこれからボクがまず認証を取り、日本支部をスタートさせようということになっている。今夜はドイツの本部から会長のキルステンが、イギリス、北欧、カナダ、日本からは支部の代表が参加して契約条項を確認していった。日本は英語が一般的には通用しないので、特別条項を盛り込んでもらうことになった。今年の後半は面白くうなりそうだ。

スカイプの会議は、その日本でのSF実践者たちの学習コミュニティ形成やプロのSFプラクティショナーの協働チームをつくっていくための相談だった。これも夢のある語りあいができた。

どちらの会議でも音声はばっちりクリアだった。家にいながらにして、普通の家電で世界とつながれる時代になったんだなあと感慨深い!

■2010年02月20日(土)  アーティストの最新ツール♪
ウチの会社の広報デザイン・ディレクターに就任したカミさんが、デザインツールが欲しいと要望してきたので、購買許可した。intuos4っていうシロモノ。タブレットっていうお絵かきボードと専用ペンがついている。ようするにデジタルなんだけど、アナログっぽくペンでお絵かきができて、しかも加工がかなり自由にいろいろできるらしい。

これは、さっそくなんか描いてみてよっていうリクエストに応えてくれてるところの写真。そのままやっちゃんがカレーライスをうまいって言ってる横にタオが寝ている。カミさんが美大生になってから色々な制作過程を見てきたけど、こんどのも面白そうだなあ。ちらっかったりよごれたりしないし、消すのが簡単でいいよねえ。おれもそのうちなんか描いてみよかな。

今年はHPをリニューアルするので、このツールから生まれる作品が役に立つといいな・・・と、カミさんにプレッシャーをかけるやっちゃんでした(笑)。
DSC08077.JPG 320×240 28K

■2010年02月18日(木)  ニーバーの祈り
DSC08070.JPG 320×240 23KA・ライフ・デザインの伊藤喜代次さんが出版企画して、ボクが監訳者になっている"Water the Flowers Not the Weeds"の日本語訳原稿を最終チェック中。

「私たちが助けることができる最初の大切な人は誰か?」の答えは自分自身。これって本当に大切だよねえ。誰でも葛藤は抱えているわけだけど、それが「無理」になるまで放っておくと、コミュニケーションへの悪影響は避けられない。だから最初に自分を助けちゃえってこと。ハードワークはしていたとしても、無理をしている感覚をもたずに、できることを片づけていく動きのある状態をつくるための参考として、この本の中では有名な「二ーバーの祈り」が紹介されている。

 神よ、変えることのできるものについて、
  それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
 変えることのできないものについては、
  それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。
 そして、変えることのできるものと、変えることのできないものを
  識別する知恵を与えたまえ。

この最後の「識別の知恵」って一生勉強なんだろうなあ。ま、カミさんのクセなんかは変えることのできないものに入れておいた方が平和ですね(笑)。


■2010年02月17日(水)  ”また本間ちゃんに先越されちゃったあ!!!”
今日はサミットCC例会。本間正人さんがまた著書を贈呈してくれた。本間さんの著作数はかなり多いが、この本はその中でも自信作だそうだ。このタイトルを見た瞬間思ったことが、「う、こういうタイトルの本てオレが書いててもおかしくないんだけどなあ・・・」(汗)。

ま、いつも言ってる通り、人それぞれの得意技ってもんがあるし・・・、結局誰が書いたとしてもSFと響き合う内容のものが世の中にひろがることで、SFを受け入れてもらえる下地ができるわけだから有難いことだ。

しかし、なぜかこのタイトルが「ミラクルOKメッセージ」と見えてしまうのはSFバイアスですかね(笑)。
DSC08068.JPG 320×240 31K

■2010年02月14日(日)  アクア博多の研修室角部屋はフルオープン!
DSC08067.JPG 320×240 32K今回の福岡基礎コース会場はアクア博多。いくつかある研修室の一番端の角部屋で、四角い部屋の4面のうち2面が全面ガラス張りだ。天井も高いし、リモコンでブラインドを全部あげると爽快できもちいい。

スケールウオークをする時に、フューチャーパーフェクトの方向を全開のガラス面にしたら、歩いた皆さんがフューチャーパーフェクトが開けている感覚が本当に強まったと言って喜んでくれた。20年前にサンタクルーズでNLPの勉強に行った時、カリフォルニア大学キャンパスの自然の中でセッションをしてオープンエアの中で未来をイメージするのが本当に気持ち良かったけど、あの感じに近かったなあ。今回はたまたまだったけど、環境も選びたいなあ。

セミナー終了後尉川さんからツイッターについて色々教わった。たまたま一昨日行った福岡市大名区ではここ数日つぶやきでどれだけ人が集まるかっていう社会実験をしていたそうだ。人のつぶやきなんか聞いてられないと以前は思っていたけど、パソコンなんか・・・携帯メールなんか・・・とか言いながら結局全部やるハメになってきたので、今回もそうなるのかなあ。2日前のブログで書いた<解決ズBOTくん>は既に生まれました。ボクがお父さん、尉川さんがお母さんです。

■2010年02月13日(土)  福岡の女神たち♪
なんだか不思議な構図になっちまいましたね。福岡SF基礎コースの初日が終わって懇親会。全員参加はできなかったけど、個性豊かな女神たちが楽しく酒宴の席を盛り上げてくれました。ボクと協力主催者の尉川さん以外は全員女性。これがねえ、また皆さん面白いんですわ。自分で独立して何か仕事をしていたり、会社の中にいても何か面白いこと意義のあることをしようなんて思っている人たちは、話しが面白いでんなあ。これもブログに書かせてもらおう、あれもブログに書かせてもらおう、わあ面白いって思ってたはずなんだけど・・・酔っぱらってほとんど忘れちまったあ。女神さまあ、許してくらは〜い。

心理の専門家Nさんがいたので、その資格でどんなことができるんですかって聞いたら、ロールシャッハなど心理テストができますとのことだったので、インクのしみシートはなくてもここで何かできないかとお願いしてみた。正式なシートがなくても、今までの経験である程度の判断はできるということだったので、手元の紙ナプキンに醤油をたらしてロールシャッハのインクのしみのようなものを即席でつくった。(こういうのが楽しいよね)で、皆さんにどう見えるか反応してもらった。りんごみたいという人もいれば、一部分の形にこだわる人、背景に注目する人などその色々な反応パターンで診断していくらしい。そう聞くとなんだかここでまたやっちゃん虫がごそごそ起きてきた。「これは宇宙ステーションが霧にかくれてアンテナの一部が見えてるだけです。」とかわけのわからないことを言いだした。それはまたちょっと特殊な反応ですねえ。どう特殊かって?ひ・み・つ!
20100213205526.jpg 320×160 14K

■2010年02月12日(金)  解決ズBOTォ〜、よろしくう♪
20100212190344.jpg 320×160 11Kここは福岡中央区大名1丁目の串揚げ屋さん「こてつ」。明日からの福岡SF基礎コースのために来福して、セミナー開催に協力していただいているマリーロータスの尉川さんと基礎コース卒業生の岩尾さんと飲んでるところ。

5日前のブログに書いた「フリー」という本にこのお二人も注目していて、話が盛り上がった。リアルな対面のコミュニケーションと、オンラインでやたら数多く交わせるコミュニケーションとどちらも大事だよね、そのバランスがうまく取れるといいねという点で意見は一致した。ボクは今のところそのバランスはいい感じだと思っている。で、そんな話しからツイッターそしてBOTに話しがおよんだ。BOTとはロボットの略で、インターネット上で自動的に返信するプログラムのこと。何週間も気持ちよく交信できていい人だなと思っていたら、実はBOTだとわかってガックリなんて話しはよくあるらしい。

で、ソリューションフォーカスのBOTをつくったら面白いよねというところで尉川さんが「それなら名前は『解決ズボッと』でしょ!」とホームランを放ってくれた。その後しばらくズボットォ♪ズボットォ♪で笑いころげてしまった。これもうすぐホントに実現されますから。

福岡に行かれる皆さん、この「こてつ」さん、美味しいお酒がおいてあります。常温で美味しい日本酒が本当に美味しいお酒と聞いて、冷酒でもお燗でもなく常温で美味しいお酒を3種類も飲ませてもらいました。明日のセミナー、大丈夫か!?

■2010年02月11日(木)  サイモン・リーが提唱する5つのSF質問
今日はサイモンとスカイプ・・・のはずだったが、お互い画像は見えるのになぜか音声が聞こえずじまい。なので結局携帯電話で話した。サイモンは6月に奥さんと一緒に来日して、J−SOL3での分科会と翌日のセミナーの講師をしてくれる予定だ。今日はその内容についての打ち合わせ。

サイモンはプロコーチで2005年にボクと一緒にスイス・インターラーケンでのSOLに初参加した。アジアから初めての参加って一人でいばろうと思ってたら彼がいたので、最初はチッと思ったけど(おれも小さいねえ・笑)、彼がいてとてもよかった。ピーターのコーチングスクールにも一緒にかよったし、なんだか安心できる。背は小さいが、彼にコーチしてもらうと、ふろころの大きさを感じる。

今マレーシアの仕事がかなり増えているらしい。世界経済低迷の中でもアジアは伸びてるところが多いと聞くが、中国インドだけでなく東南アジアも活気があるのでしょうか。で、J−SOLでは何について話してくれる?と聞いたら、今面倒見てる会社がコーチング文化をここ4年くらいで構築してきていて、その中で彼が提唱した5つのSF質問が大変威力を発揮しているそうだ。マネジャはみんなその質問ができるよう訓練されるらしい。これは面白いWSになりそうだ♪
DSC08066.JPG 320×240 26K

■2010年02月10日(水)  Teamにぱぱ
DSC08064.JPG 320×240 30K今年の春に出版される予定のお母さん向け絵本の関係者が集まった打ち合わせ食事会。鈴木安子さんが2008年ケルンでのSOL大会に参加した時に着想し、約2年越しで実現することになった。絵本の主役は「にぱぱちゃん」。にっと笑って(OKメッセージ)、ぱっと解決を思い描いて(フューチャーパーフェクト)、ぱっと行動する(スモールステップ)というバッチリSF的なかわいいキャラクター。世の中の子育ててで悩んでいる若いお母さんたちに気持ちよく前向きになってもらおうという絵本だ。にぱぱちゃんの生みの親は北海道のひろみさん、フィンランドに行ってた時にインスピレーションが湧いたとのこと。たしかににぱぱの響きも姿も何となくフィンランドっぽい。そして編集担当はP社のIさん。若いのにもう2児のお母さん。とっても頼もしい。

そしてウチのカミさんもなんとこの絵本の後半のイラストを担当して、ここのところずっと四苦八苦しているのでした。デビュー作なので、いろいろとわからないことだらけで手探りだけど、できあがりがとっても楽しみだあ♪

そしてやっちゃんもそのイラストの中に登場します。パパ?いえいえ、お子ちゃまとして。はい、そのまんまです(笑)。そして、少しだけソリューションフォーカス的解説のようなものも書かせてもらうことになりました。お楽しみに。

■2010年02月10日(水)  1人の力
「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんの講演を聞かせてもらった。何も皆さんに教えることはないけどと言いながら圧倒的な力強さで、自然を活かして活かされる生き方のお話しに引き込まれた。最後の質疑応答で、10年間収穫がなくていよいよ首をくくろうと山に入っていった時のことが質問された。そして、自分の首を吊るために持っていったロープがうまく木にひっかからなくて、落ちてしまったのを取りにいった時に木の下の土がとても柔らかいことに気づいてハッとするというテレビや本でも有名になった場面の話しをしてくださった。自分は死にぞこないで一度捨てようとした命を拾わせてもらったんだから、もう自分が知ってることは全部皆さんに伝えて、自然や人間や地球のためになることをしたい、っていうセリフがそのまま響いてきた。

面白かったのが、きゅうりのひげが指にからまるかからまないかの話。植物も心を持っていて、仲良くしたい人とそうでない人を感じ分けるらしい。これは夏になったらやってみたいな。

ここ数年で木村さんの影響でいろいろなところで無肥料無農薬の自然栽培をしようとする人たちが増えてきた。まだまだ規模は小さいのだろうけど、火事場に水を運ぶハチドリのつもりで大切なことをやり続けるだけとおっしゃった。1人の渾身の力が伝わっていくのは感動的だ。

今日の講演会、実は行政の職員研修所の主催で、企画したのは以前ボクのSF研修を担当してくださったKさんだった。彼女いわく「青木先生のソリューションフォーカス研修のおかげでこんなことを企画するようになったんですよ。」だって。
うれしい♪
DSC08063.JPG 320×240 31K

■2010年02月08日(月)  「一緒に参画してる」って快感♪
grp0209183559.JPG 320×240 31KKickstarterという面白い事業がニューヨークで始まった。アーティスト、デザイナー、映画製作者、ミュージシャン、ジャーナリスト、発明家、探検家などの面白いアイデアや試みに資金を提供しよう・・・というサイトだ。中国系アメリカ人のChenさん(若くて誠実なイケメン)とその仲間が思いついた事業だ。カミさんがBS放送でやっていたドキュメンタリーを録画しておいて見せてくれた。

有名人ではないけど、アート的に面白いことを思いついている人は沢山いる。ただ実行するにはお金が足りない。ミュージシャンがCDをつくるなんて普通のこともあれば、太い毛糸だけで中央アジア人が住むYURTというテントをつくるという計画や、コミュニティーの近所づきあいを促進するピンポン場、役者が40数役をこなしきるビデオ作製など、ほんとに色々だ。そしてWEB上でそれを見た一般の人が、応援したいと思うプロジェクトに投資することをフォーマットで申し込む。期限までに目標額のお金が集まると、集金・実行となる。

で、とっても面白いしスゴい(COOL!)と思ったのが、出資者(たとえばこの写真の女性)がただお金を寄付してしまったという感覚ではなく、自分がそのプロジェクトに参加できたという関与感・充実感を感じているということだ。企画主体者は実行のあかつきには、必ず出資者へのお返しをつける。それはイベントの写真だったり、つくったものの記念品的ミニチュアだったり。税金や普通の寄付のようにどこにどう使われてしまうかわからないお金と違って、自分もある種のポジティブな興奮を誰かと共有できるという感覚がヒットの理由のようだ。

そうだよ、誰でも絶対人生に参加したいはず!!!!!

■2010年02月07日(日)  何だか気になってしまった本
丸善でこの本の平積みを見て、なんだか気になってしまった。

これ何だっけ?正確な名前や由来はどうなんだっけ?あの有名人の漢字どう書くんだっけ?確かあの人が言ってたことって・・?これって自分以外の人も思いついてることなのかな?毎日<グーグル>をする理由は様々だ。しかし、その答えを得るためのコストは、基本的にパソコンの電気代と自分の時間だけ。パソコンは他の用途でほとんど使っていて、グーグルの時間はほんのわずか(と思える)だから電気代は取るに足らない。自分の時間と言っても、百科事典を取りに立ったり、図書館に行ったり、誰かに電話して余計なことも話さなければならなかったり、妻に聞いて「何でも私に聞かないでよ」と言われることもない分だけ(笑)、時間や否定的感情を我慢するなどのコストは最低限で済んでいる。一言でとっても便利!!

それが無料だ!!!なんで?と、あまり考えてみたことがなかった。

でも考える必要があるし、これからどうすることがSFの普及につながるのかのヒントももらえた気がする。

DSC08061.JPG 320×240 32K

■2010年02月06日(土)  やきそば食うぞ〜!
grp0207231128.jpg 160×320 11Kこの写真でこのタイトルじゃ意味わかんないよね。先日ゴルフ仲間のKちゃんと話しててインナーマッスルの話題になった。彼が言うには普通の人はもう背骨の周りの小さな筋肉群はガチガチに固まったような状態になっちゃってて、姿勢も固定されちゃってるからインナーマッスルを感じることすらできないんだと。で、それをゆるめて鍛えていくのに、このバランスボールに乗るのが良いと聞いて、さっそく購入(この一年で通販買いした健康グッズはいくつになるか・・・)。

Kちゃんはこのボールに乗ってバランスを取りながら(もちろん足は浮かした状態で)、やきそばを食べることができると自慢していた。ラーメンはダメなのと聞いたら、さすがにズルっといった時に頭からかぶりたくないと慎重な一面を見せていた。よし、じゃあやきそばに挑戦と思って始めたけど、最初のウチはなかなか乗れず、こりゃ無理かもと思った。しかしソリューショニストだからね(^o^)、そうです、スモールステップです。一秒でも長く乗れたらホメて、また挑戦♪テレビを見ながらだと、無駄なことしている感じがしない。

そして、なんと今日は118まで数えることができた!ゆっくり数えたので90秒近くはいってると思う。もうすぐやきそば食えそうだ!

確かに腰回りのキレが違ってきているような気がする(気のせい?)。
・バカボンのパパ(2010/02/09 20:02)
仲間、仲間。
まさに私もこの?バランスボールで体幹の筋トレをしています。
写真を拝見したところ…もう少しボールに空気を入れてもいいかも。笑
・AOKI−SAN(2010/02/11 20:51)
空気もう少しいれてみました。難易度はあまりかわらなかった。

■2010年02月05日(金)  大学クラス会
この写真はカラースケッチモードで撮ったもの。光が多いと本当に絵みたいできれいなんだけど、居酒屋店内では光量が足りずにこんな風になってしまう。でもね、モザイクと同じで誰だかばれないからいいか!?

今日は大学の教養課程のクラスで一緒だった級友が10人集まった。公共放送のディレクター、三大新聞の論説委員、広告代理店管理職、飲料メーカー管理職、大学助教授、生協職員、主婦の期間を経て不動産会社に再就職した女性、カウンセラー、都市銀行系のグループ会社管理職、そしてボク。多士済々で面白い。例えば、政権党の幹事長不起訴が話題になると、どうしてもまず論説委員クンに「ウラはどうなの?」って聞きたくなるよね。ボクが聞きたかったのは、そのO幹事長のゴリ押しで中国使者の天皇面会を許可させたっていうニュースに対して、マスコミ内の人たちや世論はどう反応してたのかなあってこと。彼が言うには、「どの国に対しても同じ対応でなくて、仲良くしたい国とは違う対応をしてもいいのではないか。だからあれはあれで良かった。」という反応が案外多いそうだ。おい、公共放送はどうなのよ?銀行マンたちはどう?大学人はどう?などと、色々な分野の人たちの情報を聞けるこのクラス会は貴重だなあ。

ボクの本を読んでくれてた人もいて、青木だったら〜に関しては・・・と振ってもらうと、うれしくってちょっとリキんじゃった(笑)。
20100205225844.jpg 176×144 16K

■2010年02月04日(木)  御意!!!
20100205091249.jpg 160×320 13K素晴らしい人に出会えた。って実際は会ってないんだけど、この本はホントに読んで良かった。「ほんとのこと」が書いてある。誤解されたくないから、あまり熱狂的には書きたくないんだけど、ボクがSFを通じてしたいことってこういうことなのかなと思える。よし、会いに行こうと思ってネットで見たら1年前に亡くなってた。でもね、実際会ってしまうより、多分今自分が思っていることを深めていくと、自分の中で会えると思う。

今年のJ−SOLの一つのテーマは、「SFって自然にあるじゃない」ってこと。スウエーデンから来るマイケル・ヤートが、SFは東洋哲学や武道と共通点が多いという話しをする予定だが、もし葉室先生が生きていたら講演してもらいたかったなあ。理屈(頭)で考えすぎず、素直に既にいただいているものに感謝することが未来を拓く・・・これじゃなあ、宗教だと人は思うかもしれないけど、このくらいシンプルで誰にでも可能なことをみんなでやったらどうなるんだろ。昨日ビル・オハンロンのインタビューをYouTubeで見たけど、エリクソンについて聞かれた時の答えで、エリクソンは流派や手法へのこだわりはなく色々なことをその都度利用したけど、どんなクライアントに対しても共通していたのは、クライアント本人かその周りの環境やネットワークの中に既にある有効なものを探そうとする態度だったそうだ。ある意味「感謝」に通じるんだよなあ。

APPRECIATION = 既にある価値あるものに気づく・活かす ⇔ 感謝
・北のソリューショニスト(2010/02/05 13:43)
SFを知らない人にSFの話をすると「宗教みたいだ」とよく言われます。そのような方々には、SFは宗教とは違うが「人の内面に焦点を当てている」「人の幸福(解決)を目指している」「OSである」「気付きがある」などと共通点があるからではないか、と話しています。
・AOKI−SAN(2010/02/05 14:41)
説明するとそういう反応になりやすいよねえ。SFと言わずにOKメッセージとFP質問してると喜んでくれるけどねえ(笑)
・北のソリューショニスト(2010/02/05 15:04)
確かに!でも、私も、キリスト教徒じゃないけどバレンタインデーにチョコレートもらうとうれしい(笑)

■2010年02月02日(火)  わー、雪だあ
たまたま群馬県の温泉に来ている間に雪が降った。昨日の夕飯の時に降り始めたので、ディナーテーブルから外の雪がつもっていく景色を見ながら飲んだ日本酒は格別美味かったあ。今朝はすっきり快晴。露天風呂で上を見上げると、木の枝から落ちてくる雪片に朝日が反射してキラキラするのがきれいだった。

さあ、これから東京に戻って午後から仕事だ。いちごを買いに寄った農場から遠くの雪山がよく見えたので、タオと記念撮影。

午後は宇都出さんと半年ぶりに会って、J−SOLでの通訳を依頼した。彼は”オールアバウト”でSFの紹介をしてくれたり、2007年にSOLに行っているし、昨年のピーター・ザーボの本の翻訳なども手伝ってもらった。SFやSOLのことはよくわかってくれているので、彼が通訳をしてくれるのは非常に心強い。昨日はマークから電話がかかってきたり、J−SOL3に向けての準備が着々とすすんでいる。
DSC08059.JPG 320×240 33K

■2010年02月01日(月)  タオ&ジュリア
20100201131722.jpg 320×160 12KT:なあなあ、ジュリア、昨夜うちのパパが変なロン毛かつらかぶってさあ、おたくのママさんの誕生日祝う歌ギター弾き語りしてたじゃん、あれってどうよ?
J:あれねえ、いきなり登場したからインパクトはあったよねえ。"イマジン"歌うからって芸名チョン・レノンていうのもウケたけど(笑)
T:それにしてもパパったらさあ、自分の世界に入りこんでたよねえ。
J:そうね。ウチのママもおたくのママもまあ笑いながら許してるって感じ?
T:ところでさあ、今日これから雪降るらしいよ。
J:えっ、ほんと?私はもう外で遊ぶの疲れるからいいけど、アンタそういうの好きなんでしょ?"イ〜ヌはよろこび庭かけまわりい♪"って感じで。
T:うん!

J:そんなことよりさ、この干し芋早くくれないかしらねえ。
T:パパの携帯のカメラってさあ、シャッター遅いんだよお。だから動くと何回も撮りなおさなきゃいけないらしいんだ。ジュリア、ちょっとじっとしてて。
J:しょうがないわね。あと3秒だけね。

・・カシャ!

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月