あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2010年01月29日(金)  3万冊の中に入った一冊!
一昨年から始まったJIAMの研修「組織風土のイノベーション」はホントに面白い。全国の市町村から「エース」が集まるからだ。このAさんは図書館に勤務されている。図書館というと何だか古くなった匂いのする本が並んでいる静かなところみたいなイメージだけど、Aさんはそれを進化させようとしている。

彼がこの研修に参加することを最終決断したきっかけの話しが面白い。現在勤務している図書館は小さいので、市の7つの図書館全体で100万冊ある蔵書の中のたった3万冊しかないのだそうだ。それなのに、研修案内に事前課題として載っていたボクの本があるかどうか検索したらあった!それで、これも縁かなと思い最終的に参加を決めたそうだ。小さい図書館ほどバランスを考えて仕分けが大変でしょうに、その3万冊に入りましたか!うれしいね。

Aさんは図書館の活用法はもっともっと広げられると考えている。実際新しい試みをいろいろ実行して評判がいいそうだ。そんなAさんは、プレスリリースの書き方に関して相当自信をもってらっしゃる。今まで何回もマスコミに取り上げられたイベントを企画したそうだ。「青木さん、どこの会社も下手ですよ。プレスリリースが長すぎる!わかりやすく簡潔に書いて、あとは実際見にきてね、が一番いいんですよ。」だって。彼の図書館行ってみたいな。

昼間の改革現場視察もとっても良かったけど、いろんなエースにインタビューできる夜の部は最高だね♪
grp0130135802.jpg 320×160 12K

■2010年01月29日(金)  がばい1日!
20100129144007.jpg 320×160 14K充実した長い一日だったなあ。朝はJIAMの方々について行き、佐賀県庁に古川知事をお尋ねした。とってもバイタリティーあふれる方で、お話しが面白い。自分は変人だったという話しが楽しかった。若い頃、国の仕事をしていた時には、ストライクゾーンを広げる役割を果たしていたとのこと。つまり行政はここまでというリミット周辺の仕事で枠組みにとらわれない冒険をして、大切なことを実行していく。そんな知事だからこそ、佐賀県の業務改革推進チームは「変人」が集まっているんだろな。いいぞ!

次に午後の研修までの間、佐賀城本丸跡を見学に行った。ボランティアの人が丁寧に色々説明してくれた。明治維新とその後の近代国家づくりにいかに佐賀藩の人材が活躍したかというのが印象的だった。

午後の研修はまずSMILE(Saga Movement for Innovation Legend)プロジェクトのレクチャーを受けた後に、実際に5S(製造業で行われている整理整頓運動)やニニコカレンダー、タスク看板などに取り組んでいる現場を見せてもらった。この写真は佐賀県庁一階にある「さが元気ひろば」。ワンストップサービスといって市民が相談に来ると、その内容に関係あるすべての部署の職員がここに降りてきて話してくれるそうだ。だから、たらい回しにされない。市民目線だよねえ。そして、5Sに取り組んでいる職場を見せていただいたが、ほんとにキレイ!役所に行くと机の周辺は積みあがった書類だらけという先入観がくつがえされる。基本的には机の上にはパソコンと電話しか置けない。職員の方の印象に残った言葉。「朝このきれいな机の前にすわるとと、何から始めようか迷う時間が全くなくなりました。」ホワイトカラーの生産性向上はやればできるんだなあと感心!

それから部屋に戻り、各参加者が自分の市町村で取り組んだことを振り返るフォローアップ研修を実施。そして夜の部へ突入!

■2010年01月28日(木)  変人・・・変わった人・・・いえいえ、変える人!
今日は九州のある県で駅から車を30〜40分くらい乗ってこの焼肉屋さんに来た。「肉のかわの」だったはずの看板は「の」が落ちて、「わ」は真横に傾き、そのままに放置されている。もし看板を先に見たらこの店には入りたくないかも。そんな店に案内してくださったのが、このWさん。県庁職員でらっしゃるが、相当な”クセもの”だ!ブログに載せますよというのに、こんなポーズをとってくれるくらいだからね。

まあ、それにしてもここのお店の肉の素晴らしいこと、○○(県名)牛!最後に出てくるカレーライスも絶品。東京から来る人もいるくらいらしい。ボクの舌が大喜びしたことは間違いない。しかし、それにもましてボクにとっての今夜一番の喜びはこのWさんを始め、この県の業務改革チームの皆さんとお話しできたことだ。彼らが色々なところで勉強したことを組み合わせて始めた独特の取り組みはホントにすごい。Wさんが言うには、「一つだけ真似すると真似だけど、いくつも組み合わせて真似するともうオリジナルなんですよね。」なるほど!ボクのSFコースもそんなもんかもしらん。

ボクたちは明日そこを視察させてもらう。全国から視察団が集まってくるそうだ。この人たちと話していると5分に一回くらいは、それ格言にしたいと思うようなセリフが出てくる。中心メンバーの一人Hさんが言った言葉がとても印象的だ。「役所仕事という言葉は遅くて融通がきかないの意味でつかわれてきたけど、これからは役所仕事は”見習いたい仕事ぶり”という意味に変えたい!」だそうだ。なんという壮大な夢!!やっぱり変人だあ(笑)!!!

そんなHさんの上司がこのWさん。彼が言ったことでとても心に残った言葉:「叱られて叱られて今の私があるんです。」それだけ人の言うことを上手に受けいれてきたってことかなあ。明日質問しなくちゃ!
20100128205730.jpg 320×160 9K

■2010年01月27日(水)  相手を認め抜く・・・ってことか
grp0127162210.JPG 320×240 22K今日はある会社でのソリューションフォーカス研修のフォローアッププログラムだった。1日ソリューションフォーカスのセミナーをした後で、しばらく日数をおいてから、どんな風に活用できたかを振り返るものだ。そしてその成果をスケーリングしてもらってこのように貼り出す。8ポイント上がったなんていうのもあれば、やっと1ポイントというのもある。

ある方が、仕事の意欲のないように見える人に対しての対応で、0から5になったとスケーリングした。グループで成功体験をシェアしてもらった後で、その方の話しを聞いていた人が、今素晴らしいお話しを聞きましたとシェアしてくれたので、休憩中にさらに詳しく話しを聞いてみた。

その方のセリフ:「いやあ、前にも部下をホメましょうっていう研修はあったんですよお。だけどその時は、ホメたその後で悪いところも指摘しましょうっていうやり方だったんですよねえ。一回あげといて落とすみたいな。だから結局その指摘のところで、ホメた効果が全部なくなっちゃってうまくいかなかったんです。今回はね、ホントに相手を認めてそのままでどうするかを話していったので、相手が自分でどうしたらいいかのアイデアを言うようになったんですよ!私のことをケムたがる様子もなくなったし、ホントに効果がありましたね。」

■2010年01月25日(月)  政治を語る女たち!
シーンでホームページリニューアルの打ち合わせを終えたSさんと京都から来ているKちゃんとボクとでだべりタイム。このお二人は今隣近所の話しをしている。隣近所と言っても、韓国、北朝鮮、中国、台湾、日本の東アジアの国々に関するお話。スケールでけ〜。Sさんは台湾在住生活が長かったし、Kちゃんはさるお国の高貴なる一族の末裔。色々な実体験があるので、新聞なんかに出てくる記事なんかバカにしている。ホントは〜なのよねえ、というセリフが何回も出てくる。最初は現在の政権政党に関する話しからスタートしたんだけど、お二人は保守というスタンスが近いことがわかると、思い切りエンジン全開で政治談議に入った。ちょっと口をはさめないくらいの勢い。お二人とも現在の政権には思い切り批判的。その前の政権がいいというわけでもない。

それにしてもなあ、そういう政治談議を傍でウンウンうなづきながら聞いているだけのボクって何(笑)?
DSC08040.JPG 320×240 23K
・某S(2010/01/27 09:17)
Kさんと話せる貴重なチャンスをありがとうございました!
・AOKI−SAN(2010/01/27 13:42)
また色々教えてくださいねえ。

■2010年01月23日(土)  SLY STONE♪
DSC08039.JPG 240×320 20K衝動的にブルーノート東京に行きたくなった。スライ&ザ・ファミリーストーンのスライの最終講演セカンドステージがあいていたので行ってみた。スライってよく知ってたわけじゃないけど、なんかFUNKYでいたずらっぽく楽しいステージを見せてくれそうなイメージを勝手にもっていた。しかし、申し込んだ後でカミさんに聞いてみると、「なんかもうおじいちゃんになってて、動いただけでも拍手もんらしいよ。」だって。あららら・・・ちょっと期待はずれかもしれないけど、映画”Young@Heart”みたいに老人が頑張ってる姿を見れればエネルギーもらえるかな・・・それともただの物悲しいなれの果てを見るだけなのかな・・・

ところがなかなか本人が出てこない。RUFUSっていうバンドが気持ちいいファンキーMusicを延々とやってくれたんで、まあいっかって思った頃にやっと御大登場!カラフルなモヒカン頭はエネルギッシュでいいんだけど、おつきの人に抱えられるように出てきたので、ああ、ヤクをやりすぎたのかなあなんて思っちまった。しかし!ステージに上がるとさすが!なんかいたずらっぽい可愛いらしさっていうのかなあ、若造にはない味があるんだよなあ。

カミさんが、「スライのあの動きはやっちゃんもよくやるね!」と、FUNKの大御所とボクの共通点を見つけてくれたことが今日の最大の収穫かな(笑)!?

■2010年01月23日(土)  ノリノリTOMMY♪
今日のLABには、主役の今村さんに加えて特別ゲストがいた!わざわざ岡山から来てくれたTOMMYこと小野さん!そして自ら工夫されたマンダラチャートを使って、2010年の抱負を語り合うワークをファシリテートしてくれた。

楽しかったあ♪こんなにエネルギッシュに動き回って、しかも大きな声で楽しいインストラクションを発しまくる小野さんを初めて見た気がする。チャートを気軽に楽しくうめていけるように色々気のきいたことを言ってくれる。いつもメーリングリストでも彼独特の視点や工夫で面白いことを発信してくれるけど、生身でこういうエネルギーを発してくれているのは初めて見た。すごい!

彼はSNSが一緒なので、それを通して知ったけど、今年はこのマンダラチャートを使って"Tea for Two"というおしゃれなタイトルのワークショップをするそうだ。その案内文を見たら、日程の横に「満月」って書いてある。オオカミに変身しちゃいそう・・・ちゃうちゃう。んんん、いいなあこういうの。その夜が晴れて満月が見えますように!
DSC08037.JPG 320×240 22K

■2010年01月23日(土)  育つわけない土壌に花が咲いた♪
DSC08032.JPG 320×240 21K本年最初のJ-SOL LAB。今日は実践コース第三期生の今村さんが昨年取り組んだプロジェクトの事例を発表してくださった。今村さんはほんとに愉快な方で、おしゃべりしているといつも笑いが絶えず楽しくなってしまう。うまくいかないこともかなり率直に話してくださるので、よけいに親近感が湧いてくる。

今回の事例は、ある施設でのサービス度をあげるための半年間のコンサルティングだ。研修もすれば会議に出たり現場に出たり、いろいろな角度で関わりをもったそうだ。色々な事情や歴史があって、その組織のマネジメントには問題山積だった。今村さんの取り組みもなかなか効果を現わさない。ボクだったらそこで心が折れそうだなあと思うようなネガティブ・エピソードが続く。こんなところでSFは無理だと誰もが思ってしまいそうな状況。そんな中でも今村さんは、そこにいる人たちへの信頼を捨てない。そしてあるイベントをきっかけに、播いた種の芽が出て、美しい花を咲かせる。とても批判的に見えていた幹部が、「やっと今村さんの言ってたことがわかりました。」と言ってくれるまでになる。そこに至るまでの今村さんの葛藤はホントに大変だったと思う。それに負けなかった今村さんに思い切り拍手を送りたい。非SF的な土壌にSFの種を落として育てる苦労は並大抵じゃないけど、可能であることを示してくれたこの事例は素晴らしい。J−SOL3で組織開発の仕事をしている多くの人に聞いて欲しいなあ。

■2010年01月22日(金)  素敵な91歳の”えっちゃん”♪
神田法人会では江戸老舗文化研究会という食事会が時々企画される。なにせ神田ですからね!やぶそばの若ご主人も幹事なので、老舗のれん会というものがあるらしく、色々情緒豊かなお店を案内してもらえる。

今日は「いし橋」というすき焼き屋さん。明治5年に始めた肉屋さん(まだ四足食うのは・・・とか言われてた時代なんでしょうけどね)が繁盛して、7年後の明治12年には2階ですき焼き屋さんを始めたとのこと。そして何とその頃のレシピはまったく変えずに、100年以上も代々の女将が今に伝えている。だから明治12年の味ということになるんだってさ!?

そしてこの大女将。なんと91歳!!!で、動きは軽やかだし、表情は明るくとってもきさくな女性だ。お話しさせてもらった時に、「ずーっと元気でいる秘訣は何ですか?」と尋ねたら、「てきとうに仕事してね、あとはビールと美味しい肉!」とシンプルに答えてくださった。ほんとにビールも強い!本人は「てきとうに仕事をする」と言ったけど、なんだかそこに深い含蓄があるように聞こえた。けっしていいかげんという意味ではないはず。時には完璧主義ではなくという意味もあるだろうし、力を入れすぎず抜きすぎず・・・もっと詳しく話しを聞いてみたいなあ。

お名前を聞いたら、とってもラブリーな声で「えっちゃん♪」と教えてくれた。
20100122185628.jpg 160×320 13K

■2010年01月22日(金)  マイケル・ヤート from スウエーデン
DSC08025.JPG 320×240 31K彼は「SFは人間が自然に持っているものである」という考えの持ち主です。スティーブ・ディシェーザーが生きていた頃、彼とディスカッションした時にマイケルはこんな質問をしたそうです。「あなたの本に書いてある通りにすることがSFなのですか、それとも本に書いてあることをあなたがしたことでSFを発見したのですか?」スティーブの答えは、「もちろん後者だね。僕は僕のクライアントから教わったことを本にしただけだ。君は君のクライアントからSFとは何かを学ぶのだと思うよ。」というものだったそうです。だからスティーブ(とインスー)がやったことを金科玉条のように正しく解釈し守ろうとすることは、SFアプローチではないと。むしろSF的なるものがもともと人間の中にあって、それがスティーブを通過するとあのSFの形になっただけなので、それぞれの人がその人らしくSFを「発見」することが大切だと。

これは思いっきり共鳴する考え方だ。J−SOL3のオープニングは彼に講演をしてもらう予定だ。SFは東洋哲学や武道と非常に共鳴度が高いという視点ももっていて、なんだかすごく面白い話しになりそうだ。
・北のソリューショニスト(2010/01/23 09:52)
このスティーブ・ディシェーザーの言葉に、「そのとおりだ!」と叫んでしまいました。
SFの実践を、また使えるようにと、書き留めておくのですが、人にあって実践するたびに形を変えてゆくんです。
まさしく、クライアントとともに育てていくSF手法って感じです。
・AOKI−SAN(2010/01/23 10:09)
きっと北さんレスするだろなあと思っていたので、「キタきた〜」とニンマリしてしまいました。
・北のソリューショニスト(2010/01/23 11:45)
私も、先生がそう思っているんじゃないかと、おそるおそるコメントしました(^^)v
なにせ「マイケル・ヤート」ですから!

■2010年01月20日(水)  オオカミ中年脱出か!?
身長172cmのボクが78.2kgというのはもちろん多すぎるのだが、最高80kg直前まで行って焦りまくり、がんばって折り返して落ちてきたところだ。だから最近は調子いいし、目覚めがいい。何をやっているかというと、タオの散歩を連続歩行で40分以上、週に2〜3回フィットネスに行きトレーナーからもらったメニューをこなす(約30分)。酒は機会飲酒(宴会やつき合いなど)のみ。食事は細かいことは考えないが、少なめ。リバウンドが怖いので、無理なダイエットはしない。あのアメリカの軍隊式のエクササイズが流行った時に、短期間で見違えるようになった人はほとんど戻っている。すぐに違いをつくろうとせずに、いいクセをつけることを大事にしようと思う。自動的に飲んでいた酒を飲まないだけでも、朝の目覚めに大きな違いが出てきた。

タバコを最後にやめた時は、タバコをあえてそばに置いたままにして、それでも吸わないでいられる未来のかっこいい自分をイメージする快感でやめることができた。今回も色々な誘惑にそそのかされそうな時は、そのパターンは使ってみようと思う。それから今回ホントにうまくいきそうだと思えている大きな理由の一つは、トレーナーを雇ったことだ。そこまでしているんだからという意識強化もあるし、運動メニューをつくってもらったことでフィットネスクラブに行った時に考えずに作業をこなすように動けるのが大きい。以前は何しようか考えてるうちに結局ゴルフレンジで打ちっぱなしをしておしまいにして、不全感を残したままになることが多かった。今回はやることはやったという気持ちのけじめが毎回つけている。

今まで何回もオオカミ中年をしてきたが、今回はホントに行動が伴っているので、春になる頃にはパッと見にも違いがわかるくらいになっているだろう!
言っちゃったあ♪
20100121125643.jpg 320×160 12K

■2010年01月19日(火)  本間さんエラいなあ、また本出した!
20100120083339.jpg 320×160 10K今日は今年初めてのサミットコーチクラブ例会。っていうとなんか仰々しいけど、ようするに4人の食事会。本間正人さんがまた新刊の著書をメンバーに贈呈してくれた。以前は、本間さんが新刊を持ってきてくれる度に、よーしオレだって負けるもんかという気持ちが湧いたが、こうも多作な人を見ると、もう別の次元だあ、まいりましたって感じになってしまった。

今回は「『バカ丁寧』のすすめ」というタイトル。「そこまでやるから、感動を生む」というサブタイトルがついているので、相手がびっくりするほどサービスしろっていうのなら時間がかかりそうだなあ疲れそうだなあという先入観を持ってしまったのだが、読んでみると、実際には本当に相手が喜ぶ効果的なことを合理的にやりましょうってことが書いてある。時間をかけなくても、バカ丁寧と思ってもらえるくらい相手に敬意を払った効果を生み出すことができる方法が書いてある。

へえ〜面白いと思ったのが、公的な場での「わたくし」の発音。カ行は硬質の音なので固い雰囲気をつくる可能性があるから、本間さんは「わた<し」という具合に「く」を目立たないよう小さく発音するのだそうだ。さすが音に敏感な人だけある。自分が発する一言や一つの所作が、人にどういう影響を与えているのかを考えるとバカがつくかどうかは別にして丁寧になるはずだよなあ。

■2010年01月18日(月)  こんな美味いラーメンが八王子に!
煮干鰮ラーメン「圓(えん)」。行列ができるラーメン屋さんin八王子。前に来た時は、ちょうどボクの前の人でスープが終了でがっくりきたけど、絶対また来てやるゾという気持ちになった。そして今日初めて食べることができた。

うまい!煮干しのダシのスープがほんとにうまみを存分にだしていて、余計な飾りなど必要ないって感じ。多くのお客さんがスープを全部飲んで帰る。ボクは少しは残したけど、全部飲み干してもいいと思えた。そして麺はこの店で手打ちでつくった若干太めのコシがある麺。厚切りチャーシューと温泉卵、支那竹、ねぎがのっている。シンプル!

店内はカウンターだけ。みんな黙って食べている。そこには何とも言えない儀式的な荘厳ささえ漂うような気がした。そこまでして味わう価値があるものをこの店主さんがクリエイトしているんだなあと思うと、なんだか感動すらおぼえる。

帰りしなに店主さんが外に出てきたので何かなあと思ったら、携帯で「小麦粉がさあ、あと2日分くらいしかないんだよ。持ってきてくれるう?」だって。商売繁盛いいですねえ。それだけの努力をしてるいい顔をしている人だ。
grp0120090500.jpg 160×320 15K

■2010年01月16日(土)  群馬のだるまさん
photo.jpg 240×320 13K今日は第二回のJ−SOL3運営ミーティング。群馬の渡辺さんが昨年に続いて今年も群馬のだるまを持ってきてくれた。J−SOL3大成功祈願と書いて、片目を入れた。去年はこれを最後にルーマニアのジョージに渡して喜ばれた。渡辺さんは少し大き目のだるまにしようか迷った時に、また欧州から来た誰かが欲しいと言いだしたら持って帰るのに小さい方がいいかしらと考えたそうだ。マイケルなんかは欲しいっていいそうだな。

今日はプログラムの内容がかなり固められた。1や2の時は、いかにSFがいいかってことを証明しなければいけないような気持ちがあったけど、3まで来ると多くの人がSFに興味を持つのは当たり前のような気さえしてしまっている。プログラムの最初の部分は、人間がもともと持っているパターンの中にSFがあるという仮説にもとづいたセッションとなっていて、マイケルのSF5万年説や脳科学がSFを裏付けている例証や、SFを知らずにSF的なことをしている会社を紹介することになった。そのくらいSFパターンて当たり前で身近なもののような気がしてるよなあ、実際。海外ゲストは欧州だけじゃなくシンガポールからも来るし、日経BSとタイアップセミナーもあるし。J−SOLも進化してるよなあ。

■2010年01月15日(金)  若武者二人!!
ルーマニアで開催されるSOL2010国際大会に日本から行く人たちのツアーコーディネーターをしてくれる西田クンと通訳をしてくれる大ちゃん。いよいよプログラムの内容も決定されたので打ち合わせをした。去年まではボクがいろいろやったけど、今回は西田クンにおまかせできるので本当に有難い。ツアー参加者にとっても、事前の資料翻訳などが昨年よりも丁寧になるので、より準備できた状態で参加できると思う。

今日びっくりしたのは、大ちゃんの腹筋。余計な脂肪がついてなくていいねえと言ったら、「走ってるんですよ。5〜10kmくらいを週に3回くらい。」だって。それだけでもすごい。続けて「青木さん、腹筋は大事ですよね。ゴルフでもそうでしょ。」と言うので、「そ、そうだね(汗)。腹筋もやってるの?」と聞いたら、なんと「毎日1,000回やってます。200回づつ5回にわけて。」「1、000回って、一日で?」「はい。」「ぎょえ〜、ほんまかいな!?さわらして〜。」とさわらせてもらったら、すごいせみ腹(小山に分かれてるってこと)!大ちゃんはただのもの静かな青年ではなかったあ!!!うわ、こんなデブになっている場合ではないと焦りまくったのでした。
DSC08021.JPG 320×240 26K

■2010年01月13日(水)  18年ぶり!
20100113171521.jpg 176×144 9K今日は行政職員向けのソリューションフォーカス研修で九段下へ。朝研修開始前に研修室にいたら、ボクの方をニコニコ見ているかわいい女性が・・・、ん?どこかで見たぞ・・あ、名前が出てこない・・・が、確かにIBDセミナーをやっていた時に会った方だというのは思い出した。休憩中にお話しすることができ、名字は変わっていたけど、Aさんだと認識。しかし、お姉さんがいたよね、なんてとんちんかんなことを言ってしまい、記憶はかなり錯綜していた。ま、18年ぶりなんで許してチョ♪Aさんがあまり変わってない(ように見える)のに比べ、うん、おれはねえ、ふくらんじゃったかな。「でも、青木さん、声のハリは変わってませんね。」と言ってもらえたんで、ま、いっか。

Aさんはボクが3年前にこの行政向け研修所でソリューションフォーカス研修を始めた時から、これに出ることを楽しみにしてくれていたそうだ。役所の中のいろいろな順番などがあり、今回やっと実現したとのこと。IBDセミナー時代に知り合った人はねえ、何年たっても友人ではなくても、単なる知り合い以上に感じるんだよなあ。あのセミナーをやっていたおかげで、人に対して素直に良いところを見ようって思える下地ができたと思う。そういえば、鹿児島の岩田君が「青木は高校の時から人の話しを丁寧に聞いてくれたよね。」と、うれしいことを言ってくれた。もともとのそういう素質を素直に出しやすくしてくれる場を求めて何十年(うわ!)もかけてたどりついたのが、ソリューションフォーカスなんだな!

■2010年01月12日(火)  鹿児島純心女子大で特別講演♪
この岩田君は高校時代のクラスメート。2か月くらいサッカー部に一緒にいたっけ。彼は医学方面の研究者だったが、今はこの学校の先生として教育者として頑張っている。ひょんなことから連絡を取るようになって、ボクの仕事にも興味をもってくれ、そして今回の講演の機会もつくってくれた。

鹿児島純心女子大のキャンパスは南スペイン風の建物が自然豊かな中に並んでいてとても絵になる。看護学科がとても有名で、卒業生は日本全国の有名な病院からひっぱりだこらしい。キリスト教系の学校なので、チャペルもあるし、廊下の至るところに聖母マリア様の像が置かれている。今日は健康栄養学科の生徒さんたちのための特別講演だったが、職員や先生方も結構参加してくれた。沢山の女子大生を前にして講演するってのは今回が初めてなので、実はここ数日ふと不安になることがあった。今までと同じように話して伝わるのかなあ・・・。しかし、実際にはそんな心配は必要なかった。生徒さんたちにも職員の方たちにもなかなか好評だったようだ。

記念写真も、せっかくなので講演途中で指名して発言してもらった二人の学生さんに入ってもらった。ブログに登場することも気持ちよくOKしてくださった。やっちゃん初めての女子大講演無事完了で〜す♪
20100112142657.jpg 320×160 16K

■2010年01月12日(火)  九州新幹線「つばめ」
20100112114607.jpg 320×160 11K九州新幹線てもう開通してたんだあ!鹿児島駅周辺がリニューアルされた感じになったなあと思ったら、なんと九州新幹線の駅があるのでびっくり。知らない方がおかしいのかな?普段の自分の生活と関係ないところのニュースは気がついてないもんだなあと実感。まだ鹿児島中央から熊本の新八代までだけど、2年後には山陽新幹線までつながるらしい。今は「つばめ」だけど、新大阪まで直通になると「さくら」という列車名になるらしい。「のぞみ」や「さくら」や和語の列車名って、なんか旅情を誘うようでいいなあって思う。

つばめの車内は木が使われていて、シートの色とあいまって全体がオレンジっぽい印象になる。おっ、ソリューションフォーカス色だと思わずニヤリとしたのはボクだけでしょうね(笑)。鹿児島中央から講演をする女子大のある川内まで車だと1時間くらいかかるところを、「つばめ」だと15分で行ける。その15分の間トンネルの中にいる時間の方が長く感じた。鹿児島って山ばっかりなんだなあ。

■2010年01月11日(月)  隠れた鹿児島名物!?
女子大で講演するために久々の鹿児島出張となった。鹿児島中央駅の近くのホテルに泊まり、近くの黒豚しゃぶしゃぶのお店に行く途中で、今回ボクを呼んでくれた女子大の先生で高校の同級生岩田君が、面白いモノを見ようと言う。それがこの大久保利通像。誰でも知ってる明治の元勲だが、これをただ見るだけなら普通の鹿児島観光スポットだ。何が「隠れた名物」なのか?

この彫られた字をよく見ると、「大久保利」までと「通像」がずれている。なんでこうなったのか?もともとの筆で書かれた原稿が、なぜか曲がってしまったらしい。そしてそれを彫り師に渡す人は、彫る人が気づいて修正するはずと勝手に思い、渡された人は原稿通りに彫るものと決めつけて確認しなかった。鹿児島人の頑固さを表す例としてよく引き合いに出されるエピソードだとのこと。ぺらぺらしゃべるのは女々しい、男は黙って仕事に打ち込むみたいなイメージが強く、コミュニケーションを丁寧に交わしましょうなんていうのは鹿児島人気質に合わないらしい。これが修正されずにそのままにしてあるのがいかにも鹿児島らしいと言われてるとのこと。元勲の像というだけだと特に感動もしないけど、こういう裏エピソードがあると面白〜い。

駅でお母さんに手をひかれていた小さな女の子の眉がすごーく濃くて、おっ、薩摩の血が流れてるって何だか感動。若者に方言ブームっていうのがあったけど、県民気質ってのがはっきりあるって好きだなあ。
20100112104444.jpg 160×320 11K

■2010年01月09日(土)  福の神! J−SOL3成功祈願@神田明神
20100109161922.jpg 320×160 19KJ−SOL3の成功祈願に神田明神にお参りした。まだまだ年始のお参りする人も多くて賑やかだった。J−SOL1の時からこれは恒例になっていて、運営メンバーで来れる人に声をかけて、この後は神田「藪そば」で軽く新年会という流れだ。今回は皆さん風邪をひいたり、なかなか都合がつかず、神田明神にはウチのカミさんと斉藤さんとボクの3人。祈願串も奉納して、さて帰ろうかというところでこの福の神登場!初めて見た!思わずディズニーランドで着ぐるみのキャラクターと写真を撮るノリで、パチリ。しかし、その後見ていると皆さんお祓いしてもらっているようだ。う〜ん、縁起良さそうだから写真撮らせて〜ってのは、正しい作法でなかったのかも。でもね、この福面を見ているとそういう福を求める気持ちがあることは良いことだと許されてる感じがしてしまう。いいよねえ、この顔。

この後、藪そばでさらにメンバーが合流して、海苔や味噌やかまぼこで日本酒をいただいていると、何やらはっぴを着た男性数人が太鼓を持って入ってきて、口上を始めた。そして明日の大相撲初場所初日の取り組み表が配られた。これも初めて見た。今日はお江戸の正月らしくっていいやあ♪

最後は「竹むら」の田舎しるこで締めましたあ。

■2010年01月08日(金)  今年は競技にも少しづつ復活・・・
仲良しゴルフ会の新年会。Kちゃんは生ものがあたってゴルフは欠席だったので、SさんとYさんとボクの3人で多摩CCへ。都内の丘陵コースにしてはバックティーからだとコースレートが71.2なのでかなりやりがいのあるコースだ。Yさんが朝スタート前に、「今年は青木さんも競技ゴルフに復活しましょう。」と言うので、「今日77以下で回れたらね。」と何げなく答えてしまった。で、前半は38でその圏内に入った。いつもこの最強アマチュアゴルファーの中にいると最下位なのに、とりあえず2位。うん、これなら復活してもいいかも!ここで悪いクセが出た。「よ〜し、午後はパープレーじゃあ!」みたいな力み。で、午後は49・・酒も飲んでないのに。さあ、ここでどう考える。悪いクセの方に焦点をあてずに、冷静にやることをやっている時のナイスプレーに焦点をあてると、今年は少し競技に復活してもいいかなと思える。よし、ソリューションフォーカスじゃ♪

夜はKちゃんのお店で、「みんなで日本シニアオープンの予選に出よう!」と盛り上がった。ま、出るだけでも頑張ってみっか、と思えるくらい体調を整え、仕事をしっかりやっていこうと思えるなら、いい目標だね・・というのは普通の考え方。今夜のメニューにはなんとあの「奇跡のりんご」が入っていた!(さすがKちゃん)。木村秋則さんの「絶対不可能をくつがえしたりんご」。日本シニアオープンの予選通過は今のボクのままなら「絶対不可能」な領域だけど、これから欲しい未来を引き寄せるやり方で半年過ごしたら・・・可能圏に入る可能性はある!
20100108185540.jpg 320×160 12K

■2010年01月07日(木)  それでぇいいのだ〜♪
DSC08018.JPG 320×240 22K公共広告機構(AC)の広告に赤塚不二夫が出てた。「あなたはあなたでいいのだ」というメッセージとともに。

子供の頃、にゃろめ猫とかレレレのおじさんとか出てくるだけで楽しくなっちゃった感覚を思い出す。こういうのをどんどん思いついてった感覚ってどんなんだろ。こんな天才でも売れてきちゃってアイデアが足りなくなってからは、結構苦しいことも多かったと別のところで読んだ。そこで自分なんて最低なんだからと開きなおって頑張れたという話しがとても印象に残っている。ナンセンスマンガみたいのがあまりなかった頃に天才バカボンを世に出すってどんな感じだったんだろ。

今年のテーマにしたいこと、「多様性を活かす」。どれだけの人やことに「それでぇいいのだ〜♪」と言えるかだねえ。

■2010年01月05日(火)  2010初出勤・・・オレンジグッズ追加!
2010年初出勤。今日追加されたオレンジグッズはこのマウスパッド。秋葉原で用事を済ませるついでにヨドバシで買った。本皮製できれいなオレンジ色。なんだかうれしくなってしまい、とりあえずここにある手持ちのオレンジグッズを並べてみた。ロゴシール、スウオッチ、財布(黒ずんでオレンジに見えない!)、携帯ストラップ(エルメスなんだけど汚くなっちまったなあ)、ベルト、メモノート、背後の大きな袋はSF格言パウチ収納用。

グーグルして色の意味あいを調べると、「火性の色に分類されるオレンジは、太陽の象徴。快活、陽気、楽しさ、社交家の色で、積極性を表します。オレンジを身につけると、明るい気持ちで人と接したくなり、周囲をを楽しませたいと思うようになります。この色が好きな人は、笑顔が大事です。あなたは人を楽しくさせることができるので、”笑顔”をもってその能力を伸ばしましょう。できるだけ、人が多く集まるところへ顔を出すとよいでしょう。」だと。ぴったり!!!・・・と思いたい、いや、言われたい♪

1994年に初めて起業した時に発行したニュースレターのタイトルが「オレンジストリーム」で、ハワイ島キラウエアの溶岩が流れる様子を見てつけたものだった。若い頃あこがれていた坊さんの世界もオレンジ衣の世界だし、やっぱりオレンジ色に縁があるんじゃのう。
DSC08017.JPG 320×240 30K
・バカボンのパパ(2010/01/15 10:19)
流石に…パンツは並べられないか。笑
・AOKI−SAN(2010/01/15 18:48)
いや、実はほとんどここに並べかけた・・・見たい?(笑)

■2010年01月02日(土)  浦島気分
20100102180917.jpg 320×160 12Kこのタイトルと写真、本人以外にはまったく意味不明だよねえ。今日は何したかというと、義母が入居している横浜の施設にボクも含めてカミさん一家8人が大集合しての新年会だった。双方の両親が生きている頃は、お正月は両方の家で過ごすのと温泉旅行と決まっていたが、ここ数年で義父、母、父と他界し、カミさんの実家は売り払って義母は高齢者施設に入ったので、だいぶ正月の過ごし方が変わってきた。子供がいないボクはもともとの直接の家族はもう自分だけになってしまった。で、昨年の正月は入院していたので、今年久しぶりに正月を迎えて、義母のところで甥の新婚の嫁さんも一緒になって新年会をしていると、何だかいきなり別世界に来たような気がした。で、浦島気分。新年会は楽しく過ごしながらも、また無常感を感じた。

直接八王子に帰らずに、カミさんと新宿に出てみた。そしてこの西新宿のピッツエリアに。で、ここまで食べたところで、今日写真を撮るのを忘れたことを思い出した。そしてこの写真。何の意味もない(笑)

それにしてもこの正月は諸行無常の響きあり〜だなあ。

■2010年01月01日(金)  初めて二人だけの元旦
八王子子安神社にお参りをした。

昨年の元旦は生まれて初めて病院で迎えた。今年は生まれて初めてカミさんと二人だけの元旦だ。両親が生きている時は、お正月温泉旅行に4人でよく行った。母が亡くなって父が体が不自由になってからは、正月はただ一緒に三人で家で過ごした。そして今年は二人になった。確実に時は流れて、人は老い、最後を迎える。当たり前のことだけど、今年はそれを痛切に感じる。喪中ということもあるけれど、あけましておめでとうと言うよりは、何だか無常感がせまってくる正月だ。でもね、それは決していやな感じじゃないんだよなあ。誰でも死ぬまで生きる。死んでから後のことは知ることもコントロールもできない。できるのは、その日が来るまでどう生きるか、自分が持っているものをどう使って何をするのかを自分に問うこと。そして答えを出した分だけしっかり生きること。そのことにしっかり向き合うってのは悪くない。

2009年から2010年は自分にとって、一つの大きな転換点を曲がっていっているような気がする。大きなカーブなので、あまり方向転換している気はしないけど、ご先祖様からいただいたもの、両親から受け継いだものをフルに活かして、本当に自分が納得いく行き方をしていいんだよと100%の許可をもらったような気がしている。大切にしたい今生my life!
20100101154633.jpg 320×160 20K

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月