あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2006年12月31日(日)  古札お焚き上げ
毎年大晦日は菩提寺の西蓮寺で除夜の鐘をつきに行く。境内では古札お焚き上げをしているので炎が3メートルくらいまで上がる大きな火が燃えている。檀家の人たちが持ってきた古いお札や古い塔婆がどんどん火の中に放り込まれる。こんなに大きな火は普段見ることはないから見とれてしまう。火の神様っているような気がする。隣の親子の会話が聞こえる。「塔婆は燃やしていいの?」「そうさ、1年たったらもう供養が済んでるから燃やしていいのさ。」子供がいたらこういうことをしっかり調べて教えるんだろうなあ。

鐘をついてからもう一度火を眺めに戻った。寒いので背中を火に向けた。そして上を見上げると火の粉がどんどん舞い上がっていくのが見えた。それと一緒に燃えカスが落ちてくるのが見える。毎年見てるけど、いつもは舞い上がる火の粉しか見えてなかったような気がする。今年は落ちてくる灰に哀愁を感じる。そしてもう一度火の粉に焦点を戻すと、ちっちゃな火だけど健気に見える。行く年、来る年、行く人、来る人。これから燃える人、燃え終わる人。いずれみんな墓の中。まあ、せいぜいやりたい&やれることやりましょ。こんな感じ方をするっていうのは自分が違う年代に入ってきたってことかなあ。ま、こういうのもいい感じだよね。2007年はどんな風に燃えようか!
DSC03123.JPG 320×240 16K

■2006年12月28日(木)  O,Henry 幻の名酒
DSC03116.JPG 320×240 31K小倉さんがくれた名酒「O.Henry」。なんでこんな名前なのかなあと思って解説書を読んでみた。藤野公平という人が能登で焼酎づくりを始めたが、「安くて速く酔うだけの従来の焼酎を否定し、もろみで一年間寝かせた後に蒸留し、蒸留後最低10年以上熟成させるまでは世に出してはならぬ」という不動のポリシーをつらぬいたのだそうだ。そして途中の話を全部省略して結論から言うと、藤野家の兄弟の数奇な運命がもつれにもつれた結果、時代物の焼酎を売るはめになった現経営者である藤澤隆信氏が、その由来を鉢山亭虎魚という人に語ったところ「こんな馬鹿な話は、もしあるとすればO.ヘンリーの小説の世界ぐらいだろうな」と言ったという。それが名前の由来。

この薀蓄語りの小パンフレットが、酒の色がきれいに見えるビンと一緒にしゃれたケースに入っている。元来疑うことが嫌いな僕は、ここまでで既に”これは絶対美味いはずだ”、と思い込んでしまっている。飲む前から舌が先に美味しいと言ってしまっている。あとはその「期待」を確認するために飲むようなものだ。

トクトクトク。うん、いい香りだあ。やっぱり15年熟成しただけのことはある。すごくまろやかで美味しい。これは単なるプラシーボ効果ではない。本当に普通の焼酎とは違うゾ!!!小倉さん、ありがとうございます!

■2006年12月27日(水)  え〜、そりゃないよ〜・・・が本音
自動速度取締機というひどい器械にいじめられた。俺は被害者だあ!!!と叫びたい気持ち。だってさ、朝の7時頃すきすきの圏央道だぜえ。なんで取締りすんの?しかもまずいことに法定速度は80Kmだった。先日の新聞で読んだけど、今この日本の法定速度が遅すぎることが問題になっているらしい。何十年も前の交通事情や車の性能で決められた法律が現状には合っていないということらしい。そりゃそうだよ。あの道路で80Kmじゃあ、高速道路つくった意味がないぞお。

11月の違反で後から通知が来て今日警察に出頭したわけだけど、まあ見事に取締機の写真が良く撮れていた。ちょっと気難しい顔して運転している自分を見て笑った。もう一回出頭して罰金が決まって、免許停止にもなる。有料の講習にいかないと免許を早く返してもらうことができない。あ〜あ・・・

文句や愚痴はここまでにして、冷静に考えてみよう。プリウスにしてから自然とスピードはあまり出さないようになってきていた。エコ運転とでもいうのかな。ところが、あの違反の日はちょっと無理して急いだ。そして急いだ意味が結局なかった。さて、ここからどんな教訓を引き出そう。結構お金と時間がかかるレッスンになるわけだから元とらなきゃね!!!
DSC03120.JPG 320×240 21K

■2006年12月26日(火)  電子辞書世代交代でパフォーマンス向上!のはずが・・・
DSC03114.JPG 320×240 33K右側が今まで使っていたSEIKOの電子辞書。カミさんが何年か前の誕生日にくれた。液晶がおかしくなってきたので今年の誕生日におねだりして左側の新しいのを買ってもらった。CASIOの電子辞書の中でも収録コンテンツが多いというのでこれにした。広告コピーが「プロの使用に耐える」とか書いてあって、プロという言葉にくすぐられた・・・

ところが今だにマニュアルを読んでいなくて使い方がわからない!SEIKOのときはマニュアルなんか読む必要がなかった。ボタンの数も少なかった。使い方は想像できた。新機もなんとかなるじゃろと思ったら大間違い。アルファベットのキー以外のボタンの数を数えてみたら以前のは18個、新しいのはなんと32個!こりゃあお正月にゆっくりマニュアルと首っ引きで勉強せねばなるまい。んんん、まいった。

そういえば、読んでいないままのもの、車の説明書、携帯の説明書、パソコンのマニュアル、その他。ちゃんと読めば能率良くなること一杯あるんやろなあ・・・

■2006年12月25日(月)  きよしこの夜は男3人で
今日はクリスマスだが、男三人で飲んだ。高工さんと竹之内さん。高工さんは以前にも数回ブログに登場してもらっている心理臨床の専門家だが、竹之内さんは初めてなので写真を撮らせてもらいたかったが、話に夢中になり忘れてしまった。その代わりにこの写真だが、インスーが学校の先生と一緒につくったWOWWというプログラムについての小冊子だ。WOWWとはWorking on What Worksの略で「うまくいっていることを基にして取り組む」という意味だ。竹之内さんはこの冊子の共同訳者である「ソリューションワーカーズ」の一人だ。

以前インスーのセミナーに出た時に、教室の後ろでコーチの人たちが子供の良いところだけを観察して後で本人に伝えるという取り組みや、スケーリングを子供にわかりやすいスマイルマークを使ってする等の子供向けの工夫を色々しているという話しは聞いたことがある。日本でも既にこんな小冊子を翻訳して勉強している人たちがいるのはうれしい。日本の学校でソリューションフォーカスを活かせる余地は一杯あるだろうなあ。公開セミナーの卒業生の小野さんは学校でソリューションフォーカスを活かしている様子をいきいきとメーリングリストによく描いてくださる。

竹之内さんはPeter SzaboのSFコーチングDVDを翻訳した原稿も見せてくださった。独自に色々な情報を集めてらっしゃる。これから楽しくコラボさせてもらいたい。
DSC03113.JPG 320×240 27K
・Y.T(2006/12/29 08:34)
青木先生
先日は楽しいクリスマスをありがとうございました。
また、ご紹介ありがとうございます。
これからも沢山の学びを期待しています。
・あおき(2006/12/29 13:07)
Tさんコメントありがとうございます。こちらこそ色々教えてください。お願いします!

■2006年12月23日(土)  自分を信じる
DSC03111.JPG 320×240 36K今日はひさびさにカミさんとデート。日比谷で映画を見た。「敬愛なるベートーヴェン」原題は"Copying Beethoven"で「ベートーヴェンの音楽を写譜する」という意味だ。ベートーヴェンは天才だけど気難しく日常生活ではかなり周りの迷惑かえりみずだったらしい。病気の写譜士にもつらく当たる。そして耐えられなくなった彼の代わりにマエストロのもとにやってきたのが、23歳の音楽家志望の女性アンナ。しかしベートヴェンは・・・

どっちかといえばカミさんの好みで決めた映画だったので、最初はあまり引き込まれなかったが、途中でものすごくガツンときたシーンがあった。詳しいことを書くのは控えるが、そのシーンでベートーヴェンは「アーティストは自分のことを信じるものだ。そして魂を大事にする。」というようなセリフを言う。んんん、これは何の仕事をしていたとしても、生きている実感を得たいと望むなら必要なことだろう。俺は自分のことを信じているか?自分の取り組んでいることに魂を込めているか?

ソリューションフォーカスを始める前は、こういうセリフを聞くとジェラシーや引け目を感じることが多かった。今は感じない。SFはライフワークだという思いがあるからだな。

■2006年12月22日(金)  鈴木秀子先生と
鈴木毅さんご夫妻の紹介で鈴木秀子先生にお会いした。鈴木先生はエニアグラムを日本に紹介された第一人者なので、今日お会いしたらエニアグラムの話が沢山出てくるのかなあと思ったら、臨死体験や高野山のお坊さんのお話、ブリーフセラピー、ソリューションフォーカスのお話が沢山出てきてこれまでにも意外と共通項が多いことがわかった。ぼくの母方の祖父は宗教的な修行によって霊界のことがわかるような人だったのでそんな話もさせてもらった。

先生は日本文学が専攻だったけど、アメリカに行ってる間にエニアグラムを習得されただけでなく、MRI(Mental Health Institute)でブリーフセラピーの勉強もされたそうだ。「私はねソリューションフォーカス好きなのよ。問題をつっついてばかりいてもしょうがないものねえ。青木さん、いいお仕事なさってるわねえ。」と応援してくださった。

なんだか今日はずっとOKメッセージだけいただいて気持ちよくなってしまったランチだったなあ。なんか親戚の優しいおばちゃんに会ったような・・・(失礼!)
DSC03110.JPG 320×240 27K

■2006年12月21日(木)  Oさんに聞いたハチドリの話
DSC03105.JPG 320×240 15K昨日今日とあるメーカーで夏から続けてきた風土革新研修の最終回があった。この研修前にここまでの成果を確認するためのアンケートを全従業員に対して行ったところかなりポジティブな反応だった。そして今日管理職の成果発表を聞いていて胸が一杯になってしまった。皆さんほんとに真面目によく取り組んでくださった。そしてソリューションフォーカスを素直に気に入ってくれた。

明日からはコンサルタント抜きで風土革新をさらに前進させていくわけだが、このOさんはそのリーダーに任命された。彼から聞いた寓話がいいなと思った。

ハチドリの話: ハチドリはある日飛んでいて山火事を見つけた。火を消そうと思って水を運ぼうとするが、くちばしで一度に運べる水は一しずくだけ。ほかの動物はそんなんで消せるわけがないと言ってハチドリをバカにしながら逃げていく。ハチドリはあきらめかかったり、逃げていった動物に対してイヤな気持ちが湧きそうになったが、彼らにはそれぞれ逃げていく理由があったんだから責めてもしょうがないと悟り、再び水を一しずくづつ運び続けた。するとそれに気づいた仲間がどんどん何千羽も集まってきて一緒に水運びをして、とうとう火を消したとさ。

うん、この最初のハチドリになる覚悟は大事だよね、Oさん。

■2006年12月19日(火)  CSマスターの皆さんから元気をいただいた!
今日はダイエーのCSマスターの皆さんのSF研修だった。ここのところ悪かった体調が研修が終わる頃にはなんだか良くなったような気がした。CSマスターの皆さんが元気で人に対して明るかったから、プラスの気をもらったわけだ。

ダイエーも色々あったけど、借入金返済もかなりすすみ、産業再生機構の監督下にある状態から脱して新たなステージに入ろうとしているとのこと。今日の研修の冒頭では林会長が、CSマスターの皆さんの活躍をほめていた。ダイエーの売り場のCSが改善されたのは彼女たちの活躍がとても大きく貢献しているようだ。確かに誇りをもって自律的に仕事をしている人たちのオーラがあるように感じた。

この研修の前に、皆さん僕の本を買って予習していてくれたというのを聞いてうれしくなってしまった。研修が始まる前にはサインを求められて、ミニサイン会のようになり、なんだか気持ちよくなってしまった・・・そっかあ、それで研修の出だしがとても気持ちよくスタートできたんだなあ。おれはノせられていたのか!うん、皆さんノせ上手なんだ、きっと。気持ちよくノせられるのは心地良いね。
grp1219225834.JPG 320×240 25K
・大島 之和(2006/12/21 18:01)
青木先生ありがとうございました。あれから皆が「マドンナ探し」をはじめました。とても前向きなうれしいモードが今日の会議で続き、「OKッセージ」連発です。(笑)
・あおき(2006/12/22 00:04)
やった〜!大島さん、それを聞いてとってもうれしいです。でも女の人はプリンス探しじゃないの???ま、いっか。

■2006年12月18日(月)  まいったなあ・・・
DSC03094.JPG 320×240 33K先週末から具合が悪い・・・、いや、先月末からだ。下痢と腹痛が来て1日だけで良くなったから大丈夫と思っていたらまた軽くぶり返してきた。今回は下痢はないが悪寒が来た。まだ何とか仕事をしながらでも大丈夫だが、もうちょっと悪化するとやばい。そこでこの薬。コンビニで買ったクスリで何とかしようってのも安直だよなあ(笑)まあ、それで何とかなると思えるくらいの症状なわけだけど。油断大敵。用心するに越したことはない。手洗い、うがい励行!

今日は地方公務員の人たち対象の研修だった。そこでちょっとした失敗をした。昼休みに担当者の方が「ちょっといいですか?」というので、何かなあと思ったら、「先生が差別用語ととられるような言葉を使ったことが気になるという方がいらっしゃったのでそのことをお伝えしておきたくて。」とのこと。晴天の霹靂!えっ、まさか、僕がそんな悪いこと言った???聞いてみれば、日常生活の中では使いそうな言葉なんだけど、多分放送なんかでもタブーになっている用語らしい。最初は「カタいこと言うなよ〜。」って思ったけど、確かに公務員の皆さんは全ての人にわけへだてなくサービスを提供しなくてはならない職業だから、そういう言葉に敏感にならざるを得ないわけだよなあ、と思い至り、「はい、以後気をつけます!」となったのでした。もっと重要なことは、知らないうちに人をキズつけるようなことを言ってるかもしれないってことを自覚することかなあ。

オレとしては、「づら」とか「毛はえ薬」なんかも場合によっては使ってはいけない言葉に指定して欲しいんだけど(笑)
・amasuki(2006/12/19 14:20)
みどもは、風邪かな?と思ったら、
市販の風邪薬(風邪全般用)を栄養ドリンクで飲みます。
初期の風邪なら、大抵一髪で治ります。^^ 
amasukiの由来<信じちゃ駄目ですよ>N夫妻(笑)
お大事にしてください。
・あおき(2006/12/19 21:22)
ありがとござんす。今日の研修も無事好評の内に終えることができました。あと2日研修がつづきますが、それが終われば一息つける。それまでなんとか頑張ります。

■2006年12月14日(木)  討ち入りでござる・・・誕生日でござる
今日は赤穂浪士の討ち入りの日。それが青木安輝の誕生日なのでしたあ。小さい頃は親父が僕のことを堀部安兵衛にちなんで「やすべえ」と呼んでたなあ。だからといって僕が主君の仇を討つために命を投げ出すような性格になったわけではないが、大義のために生きている人にはあこがれるなあ。ソリューションフォーカスを世に広めることで人類に貢献するか???

ま、とりあえず誕生日のお祝いしよ、ということで新橋「お多幸」にやってきた。二人ならすぐ入れるかなと思いきや、待たないと入れない状態。待つのはイヤだったので先にお寿司を食べにいった。しかしやっぱりおでんを食べたい、というかお多幸に行きたいというのがあきらめられずに、はしごした。誕生日の贅沢!

おでんと熱燗。これってやっぱりいいんだよなあ。しかも味が染みているおでん。30台前半の頃桜木町にオフィスがあって、野毛のおでんやさんによく行った。そこには90歳近くになるおじいちゃんがいて、独特の老舗らしい雰囲気を出していた。そのおじいちゃんに有名なおでんやの名前を出して、あそこはどうなの?って聞くと「ダメだ。(味が)しみちゃあねえ!」と言っていた。それ以来美味しいおでんの基準は大根が飴色になっていて味が染みていること。
DSC03092.JPG 320×240 28K
出江紳一(2006/12/15 22:13)
誕生日おめでとうございます。
・ともぱら(2006/12/16 14:01)
お久しぶりです。
おめでとうございます!
私と1日違いで、ちょっとびっくりしつつも、とってもうれしいです(笑)
・あおき(2006/12/16 15:32)
出江さん、ともばらさん、ありがとうございます。うれしいっす!
・amasuki(2006/12/18 14:30)
おでんに熱燗…。想像しただけで、涎が出そう。実は某は「おでん」には些か自信がございまして…、いつか、やっちゃんにご馳走したいなぁ。どこで食しても、自分のおでんの方が旨いと自負しております。
難点は、時間がかかること。丸二日掛かりです。(*^_^*)
  あっ、お誕生日おめでとうございます。^^
・あおき(2006/12/18 18:18)
amasukiさん、野毛おでんのおじいちゃんもやっぱり時間をかけて味を染みこませたおでんが自慢だったようです。いいものは時間をかける価値がありますよね。ところでamasukiの意味をN夫妻から聞きました。ふふふ・・・、今度よろしく!?

■2006年12月13日(水)  ”解決大王”千社貼札
DSC03093.JPG 320×240 27K明日は誕生日ということで、今日は前夜祭。おなじみBarシーンに来た。カウンターで注文をすませたら、カミさんが「はい、これつくったよ。」と”解決大王”千社貼札をくれた。「おっ、なかなかいいじゃん!何に貼ろうかなあ?楽しみだな。」と思った。

食事も済んでしばらく時間がたってから、カミさんがポソっと言った。「もっと喜ぶかと思ったんだけどなあ・・・」「えっ、何のこと?」「その大王の千社札。」「・・・」(あれ、うれしかったんだけどな。ちゃんと表現しなかったかな?)そして思ってもいない言い訳をして墓穴を掘ってしまった。「いやあ、一瞬うれしかったんだけどさ、もしかして誕生日のプレゼントってこれだけ?って考えちゃったらうれしさも半減しちゃったんだよなあ。これ沢山つくってくれたのかなと思ったらワンシートだけだし。」(うわっ、やべえ、そんなこと思ってないのに口が回ってしまった・・・)素直にもう一度喜べばいいだけなのになあ、なんか言い訳したくなっちゃうんだよなあ。自己弁護しようとしてかえって墓穴を掘るの巻。

ま、それでも根にもたずに「この人しょうがないわね。」程度で済ませてくれているカミさんに感謝!

■2006年12月12日(火)  うれしい〜!研修会ベスグロ優勝!
ここんところ休みなく研修やセミナー続きだったけど、やっとゴルフの日が来た。GMG八王子ゴルフ場の研修会だ。ぜんぜん練習する暇もなかったし、いいプレーを期待できる要素はなかったので、いいスコアを出せると思ってなかったから力みがまるでなかった。そしたらいつもより体の動きの感覚に意識が向けられた。ドライバーはだめだったけど、アイアンが冴えた。

前半は1バーディー1ボギーの36。後半は4バーディー3ボギーの1アンダー。トータル1アンダー71。うれしい〜〜〜〜〜。ボギーは全部ティーショットをミスしたホール。バーディーは長いパットがたまたま入ってしまうようなのではなく、アイアンが1ピン以内に寄ったのばかり。特にあがり3ホールの3連続バーディーは全部1〜2メートルくらいのバーディーパットだった。アイアンはやはり力が抜けていた方が断然いいということをあらためて確認した。おかしかったのは、スコア提出する段階になって初めてラスト3ホールが連続バーディーだったということに気がついたってこと。プレーしているときはただ目の前のやることに集中していたわけだ。やっぱり仕事をがんばってきた後だからこそいい集中状態ができたような気がするなあ。練習し過ぎて入れ込むよりも、仕事をしっかりした方がゴルフが上手くなる!?
DSC03088.JPG 320×240 16K
・amasuki(2006/12/13 12:36)
研修会で71ですか…。やっちゃん、只者ではない!
みんな、仕事をほったらかして練習してるというのに(笑)
刺されないよう、お気をつけて…。(^O^)
・あおき(2006/12/13 20:53)
今日はまた企業研修がんばってきました。しかし、まあだ昨日の余韻が残ってんですよねえ。最後の9番アイアンショットの感触と弾道の軌跡とか。

■2006年12月10日(日)  IT担当仲野夫妻
DSC03085.JPG 320×240 24Kこのお二人はわが社のITオペレーションを担当してもらっている仲野君ときくえちゃん。仲野は中学の同級生だ。うちにエレキギターを持って遊びに来たのは彼が初めてだった。その時お母ちゃんがつくった何の具も入っていないぼそぼそのインスタント焼きソバを「美味しいですね。」とお愛想を言ってくれて、「やさしいヤツだな」と思った。

しかし卒業後30年間会ってなかった。数年前同窓会をきっかけに再会してから色々と話が合うことがわかった。そして僕が不得意なIT関係が得意だとわかったのでHPをつくってもらった。それ以来わが社のIT担当になってもらっている。ところが今までソリューションフォーカスのセミナーに参加してもらったことがなかったので、今回初めて公開セミナーに出てもらった。普段コーチングやセミナーなどにまったく縁がないので、場の雰囲気に慣れるまで大変だったらしいが、結構面白がってくれた。

きくえちゃんはまた独特のキャラクターで面白いのだが、2人の出会いはなんとインターネット上。インターネットではなく、パソコン通信と呼ばれていた時代からメール交換していて、それだけで気が合うことがわかってしまったらしい。だから初めて会う「前」に、既に気持ちはかたまっていたという。その話を初めて聞いた時、世の中変わったんだあ・・・と実感した。
・きくえ(2006/12/12 09:44)
独キャラのきくえです。(笑)
初めての経験で緊張もしましたが、沢山の方と出会い
実習では私の抱える困り事も改善され
一石五鳥ぐらい体験した気分で帰路につきました。
貴重な体験をさせていただいた青木さん&参加された方々に感謝!しています。^^
・amasuki(2006/12/12 17:10)
きくえちゃんの抱える困り事<なんだろう(笑)
旦那さまの我侭?(笑)
いずれにしても、改善されて良かったですね。
私も参加してみようかな!^^
・あおき(2006/12/12 18:27)
ぜひぜひ参加してくださ〜い。あ、でもまだ日程出してねえや。至急だします・・・

■2006年12月09日(土)  SF禁煙法!!!
実は先月末にひどい下痢をしてからタバコをやめている。今月はかなり研修が入っているので体調を崩すわけにはいかない。酒も3日間やめて4日目からは一杯だけにしている。でも体調が戻ってくると、また「タバコ吸いたいな」という衝動が湧いてくる。タバコをやめたかった訳でもないので、また吸ってもいいんだけど、1週間以上やめたとなると、これを続けてみたくなった。

そこで思いついた方法。タバコを一本だけ机の上においておく。これだけ。さて、これはどのような効果があると思う?と友人に聞いてみた。「これを吸ってしまう自分をイメージして後悔と罪悪感が湧くようにするんだろ?」というヤツ。「これを吸ってしまったらなくなってしまうから吸えない、という縛りをかけるんだろ。」というヤツ。ふーん、みなさん結構否定的な気持ちを活用することがお好きなようで。

あっしは吸いたくなった時、この一本を見てこうイメージするんでやんす。「数十秒後、吸いたい衝動をやり過ごして吸わないでいられた自分がニヤっとする。」これが気持ちいいんでやんすな。勝った気分。タバコがなくて吸わないのよりも、あえてタバコを目の前に置いといたのに吸わない、という方が効果は数倍!
DSC03083.JPG 320×240 33K
・amasuki(2006/12/11 12:36)
煙草を前の置くというのは、逆転の発想ですね。私は全く逆のことをしました。見える範囲から、喫煙具一切を排除して、吸いたくなったら、お茶を飲む…。これで10年、禁煙しました。でも、今はまた吸ってます。(笑)
・あおき(2006/12/11 13:50)
禁煙していること自体よりも、この発想ができて効果があったことがうれしく楽しく思ってしまいました。人それぞれ色々なやりかたがあるんでしょうね。

■2006年12月08日(金)  三幸園のメシ
200612081957000.jpg 320×240 26K今日は外泊5日目。浦和3泊、本庄1泊してメーカーの管理職研修をした。すごく後味のいい研修だった。研修後は今年は低迷した部署の明るい未来像を描くお手伝いをしたが、それがとても良かった。みんないい仕事したいって思ってんだよなあ!

そしてこれから神田2泊。今夜はどこで何食べようかなあと神保町界隈を自転車でチンタラ回ってみる。ファンシーなものを食べたいわけではない。ファーストフードはいやだ。金はあんまり使いたくない。でも美味しいものがいい。そんな消去法で決まったのが三幸園。ここはいわゆるラーメン屋って構えの店だけど、味は定評があり、いつでも混んでいる。一人で行くと相席になることが多い。今日もそうだった。遠景に見えるのは向かいの知らない人の焼きソバだ。僕が食べているのは、中華丼、餃子、おまけのスープ。なんていうことはないんだけど、ここのはちゃんと食べ物をたべた気がするんだよなあ。化学調味料の使いすぎもないのだろう。

外泊5泊目の冬の夕方に、この中華メシの光景をあらためて意識したら何だか寂しいような愛おしいような不思議な感じだ。味わって食った。置いてあったスポーツ新聞も読んだ。となりのグループのわーわー言う声も聞いた。勘定を払って外に出た。さあ、事務所に帰って明日のセミナーの準備をしよう。

■2006年12月07日(木)  M.C.Richards(1916-1999)..........ARTIST
すっごい素敵な女性だ!これだけ年とってもおばちゃんとかおばあちゃんて呼ぶ気がしない。アンドリュー(11/19, 11/26参照)のメンターだったということで初めて知った。彼女のドキュメンタリーを見せてもらって感動!一流大学の先生になったけど、あまりにも官僚的なのに失望して、仲間と自由なアートスクールをつくってしまった。そこには後に思想界、アート界をひっぱっていくようになる才気あふれる人間が沢山集まるようになる。「宇宙船地球号」という言葉を提唱したバックミンスター・フラーやピアノの鍵盤の蓋を開けて4分33秒間何も演奏せずにいることを作品にした前衛音楽家のジョン・ケージなど面白い人ばっかり。若い頃のMCは清楚な美人だ。4人くらいの男性と一緒に暮らしたことがあるらしいが、結婚はしなかったらしい。なぜかというとアートに没頭すると周りのことは一切かまわなくなってしまうので、それに耐えられる男性とはめぐり合わなかったということ。

ドキュメンタリーの中で強く印象に残ったシーンがいくつもある。一つは「わかんないわ♪わかんないわ〜♪」とお尻をたたきながら踊るシーン。何かの神秘に接して説明がつかず思わず踊りだしたらしい。これがいい感じなんだなあ。それから畑の雑草取りをしていて、引っこ抜いた何でもない根っこに感動するところ。それから一緒に生活している(精神障害の人たちと共同生活していた)人にその人の自由なエネルギーを活かしてアート作品をつくるサポートをするところ。迫力ある!

こんな人をメンターに持ったなんて、アンドリュー、うらやましいぞ!
DSC03052.JPG 320×240 21K

■2006年12月06日(水)  レッズサポーターの凄さ
DSC03080.JPG 320×240 35K浦和滞在が続いているが、毎日レッズ関連の記事などを目にする。サッカーそのものの記事ではなく、レッズがいかに地域に定着する見本となっているかという記事が多い。浦和レッズの地域定着度は群を抜いているらしい。地元での1試合平均観客動員数は45、573人。そして試合後に浦和駅周辺の飲食店に入り落とすお金の平均が一人2,680円。直接の経済効果だけでなく、赤色の服を着て赤色の旗を持った人たちが街中をわいわい歩くことでの「賑やかさ」効果も地元にとっては大きいらしい。

レッズサポーターに関する記事で印象に残ったことがある。レッズはJリーグ発足当初は「強いはず」と思われていたのにまったく成績不振だった。それが何年も続いた。普通ならそこでサポーターが離れていくところだし、他の地域では実際そうらしい。ところが、レッズサポーターは成績にはまったく関係なくJリーグ発足当初からずっと動員力が落ちないそうだ。地域密着型の見本と言われている。新聞記事によればその要因の一つはサポーターの自主性独創性を重んじること。やっぱりお膳立てし過ぎちゃダメだよね。何をするにしても「自分がやった」という誇りがエネルギーをつくるよなあ。

(写真は浦和にあるRed Voltageというレッズのショップ)

■2006年12月04日(月)  今夜から浦和・・・レッズ優勝の熱気
明日から浦和にある通信会社の研修が3日続くので、浦和に泊まることにした。駅を降りてびっくり。サッカーボールの形をしたイルミネーションと赤い光が多い。そうかレッズが優勝したんだあ。サッカーのことはあまり注目していないので、毎シーズン(シーズンて言うんですかね?)どこが優勝してもまったく印象に残らない。新聞の活字を目が見ても、脳がそれと認識しないのだ。ゴルフ関連の単語(グリーン、スイング、パーetc.)は視界のはじっこに入っただけでもすぐ認識するんだけどな。でもサッカーファンじゃないけど、優勝気分に街が浮かれるっていうのは、何だか好きだ。浦和の皆さん、おめでとう!

駅前のデパートも優勝セールをやってると垂れ幕が下がってるから明日行ってみようかなあ。昨年も同じ会社の研修をしている期間にこのデパートでたしかシャツを買ったなあ。

浦和の会社の研修はもう10年以上続いている。30台半ばで独立した時に最初にもらった大きな仕事だった。それがこれだけリピートし続けてくれてるのは本当にうれしい。あの時の担当はNakaneさんていうとてもやさしそうな人だったなあ。もう定年だろう。光陰矢の如し。今年もあと残すところ27日。ふぅ。
DSC03074.JPG 320×240 37K

■2006年12月02日(土)  素晴らしいワークショップでした!「対人援助の歴史と概観」
DSC03072.JPG 320×240 21K今日は高工弘貴さんに特別ワークショップの講師をお願いして、14人の参加者でソリューションフォーカスにつながる心理学の背景を勉強した。写真を撮るのをすっかり忘れてしまうほど、中身に夢中になってしまった!この写真は高工さんがつくってくれたテキストの表紙。エリクソンの写真を中心に、ベイトソン、フロイト、ユングが左側、スティーブ・ディシェーザーとインスーが右側。各ページには「そのままやっちゃん」の顔マークも使ってもらって、見るだけでも楽しいテキストだ。内容はかなり専門性が高いのに、堅苦しくない。さすが高工さん。

いや、ほんとに奥が深い。高工さんは引き出しを沢山もっているので、一つのことを色々な角度から説明できる。だから高工さんに「〜ってどういうことですかねえ」と聞くといつも興味深い答えが返ってくる。精神科医や大学教授などの専門家が教えを乞う専門家ってかっこいいなあ。しかも自分は専門家っぽい肩書きを持っていない。これって本物の実力ってヤツでしょ!

大学生の時にハイになって「存在する全てにYESと言いたい」なんてノートに書きつけたことがあった。ソリューションフォーカスを勉強し始めて”YES”が好きになった。今日YESという言葉の意味がまた深まった。
・Y.T(2006/12/02 23:03)
高工先生、青木先生、ありがとうございました。
自らも当事者になった時のケースが
とても新鮮でした。
今日のワークショップは
「YES!」です。
・あおき(2006/12/04 00:03)
ありがとうございます。また来てくださいね。
・ともぱら(2006/12/04 19:54)
お久しぶりです。
「存在する全てにYESと言いたい」という言葉にじーんとしました。
奥が深くて広い言葉ですね。心にとめておきたいと思います。
・小林(2006/12/04 21:55)
WSとても魅力的なものでした。本質に迫る講義とワークで私は興奮気味でした(笑)青木先生、高工先生に感謝です!

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月