あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2006年06月30日(金)  アクションラーニング、エニアグラムの専門家 鈴木毅さん
なんだか証明写真風に撮ってしまって申し訳ないですが、この方は今月公開セミナーに参加してくださった鈴木毅さん。今日はマイオフィスを訪問してくださって色々と情報交換をさせてもらった。

僕はエニアグラムの本を少し読みかじっただけで、自分はタイプ9(調停者)だと思っていた。「人間関係で摩擦を起こすのが嫌いで偉そうにできない。」ところが鈴木さんの観察によるとどうもタイプ4の可能性が高いらしい。タイプ4とは・・・むふふ、「芸術家」なのだあ!と、こんな喜び方をするくらいだからやっぱりそうなのかなあ?

でももしそうだとすると計画的にきちっとしたことをやるのが苦手なので、修行としては事業をしっかり軌道にのせるなんてことが必要らしい。まさにそれはやりたいこと!

鈴「一人ではできないことを色々な人の協力を得てやるのがいいんじゃないです  か。」
青「はい!その通りです。」

皆さん、よろしくお願いいたします。
grp0630204333.jpg 320×261 30K

■2006年06月29日(木)  「くつろぎ、ゆとり、深み、大人、充実」 パイプから連想する言葉
DSC02614.JPG 320×240 19Kプラットフォームスクエアでは色々な人が仕事をしている。喫煙ルームでよくパイプをくゆらせているのがこの渡辺新太郎さん。いつもかっこいいなあ、いい香りだなあと思って遠くから見ていたが、実は仕事仲間のお仲間であることがわかり、お話させてもらった。この写真はわざわざポーズをとってもらったが、実際はさらにくつろいだ感じで紫煙に囲まれてらっしゃる。パイプタバコの煙はアルカリ性だし、肺喫煙をしないので自分にも周囲にも害は少ないそうだ。そう思えばタバコよりもゆったりした気持ちで味わえるよなあ。パイプを始めてから気がつかれたそうだが、タバコもゆっくり吸うと全然味が良くなるし、害の程度が違うそうだ。

色々仕事のことも伺っていたら、渡辺さんはあのトマト銀行のCIをてがけたこともあるコンサルタントだということがわかった。実は僕もそろそろロゴをデザイナーにお願いしようかななんて思っていたので、お話がとても参考になったし、デザイナーを紹介して下さるとのこと。有難い。喫煙ルームでの出会いは以外と面白い展開になることがあるんだよなあ。

「パイプのけむりは振り返る人生の香り」渡辺さんがパイプの取材をうけた記事にのった言葉。パイプをくゆらす雰囲気にぴったりの言葉だ。
・WATANABE(2006/06/29 19:40)
青木さん、ブログにとりあげていただきありがとうございます。50を過ぎたら若いころと違う動き、時間の使い方をしたいですね。私はこれからですが・・・。
・解決大王(2006/06/30 00:19)
50・・・あと2年半。まだまだ色々挑戦したいですね。

後から考えたら、一階のウッドデッキで写真とった方が雰囲気でるよなあと思いました。取り直しちゃいましょうか?
大島ちゃん(2006/06/30 03:27)
渡辺さんと仰るんですね!Y氏のご紹介で6/20-21とお会いしたのですが、喫煙休憩タイムなので名刺を持っていなくて。
ご挨拶が出来ないままだったのです。

とてもステキなムードをお持ちの“大人の男性”のエレガンスを感じる方でした♪
スーパーコピー財布
当店は信頼できる楽天スーパーコピーブランド代引きの激安通販店です。
スーパーコピー...
・シャネル 2015 秋冬 財布 q-pot(2017/02/04 02:49)
過半数の消費者からの良い評判を獲得していた。
我々自身の生産拠点と生産設備を持って、
製品の質を保証す...
・シャネル フェイスパウダー パフ ppm(2017/02/05 23:02)
"ネット上でたくさんコピールイヴィトンの財布に関してあって、1つのコピールイヴィトンの財布が欲し...
・シャネル ロゴ パーカー(2017/02/06 00:18)
N級品シャネルスーパーコピー激安通販信頼と安価スーパーコピーブランド
弊社はサイトで一番大きいブランド...
・日本時計スーパーコピー(2017/06/21 13:52)
シャネル偽物の財布、腕時計、靴、眼鏡、ピアス、バッグかばんの価格は大体いくらですか?
シャネルのかばん..
・スーパーコピーブランド激安販売(2017/09/12 12:46)
本日お品物が到着いたしました。
大変ご丁寧な梱包、貴店からのまめな御連絡に安心して到着を待つことができ..

■2006年06月28日(水)  大橋禅太郎さんからExcellent Service Company賞をいただきました!”すごい”
「すごい会議」で有名な大橋禅太郎さんのホームページ上でお褒めの言葉をいただきました。Excellent Service Company Awardという賞です。

http://www.managementcoach.net/esca.html

大橋さんとは数年前(「すごい会議」よりも前)に一度お会いしたっきりでしたが、「すごい会議」がどこの本屋にも置かれるようになって、「へ〜、これはあの大橋さんだ。すげ〜なあ。」と思っていました。最近になって連絡をいただいてコーチングの依頼を受けました(このことを公開する許可はいただいてます)。シリコンバレーでベンチャー企業を起こして成功させてたくらいの人ですからパワフルです。そして「すごい会議」のブレイク。そんな人がまさか僕にビジネスコーチングを受けたいわけじゃないだろうなあと思い、どんな風な話になるかとてもワクワクしました。セッションの内容を書くわけにはいきませんが、僕とは大分違うタイプの彼の話から学んだことが沢山ありました。ある意味Most Inspiring Client賞を返してあげたいなあと思うくらいです。

大橋さん、次のプロジェクトの大成功を期待させていただきます!
DSC02610.JPG 320×240 39K
・S君(2006/06/28 21:48)
都市対抗24年ぶりに決めました〜!ほんとにしびれる試合でドキドキでした。試合前に青木さんと会えたのがよかったですね!試合後は、ばたばたでご挨拶遅くなり申し訳ありません!関係ないコメントですいません!
・解決大王(2006/06/28 23:58)
S君おめでとう!どんな試合だったのか今度またシーンで教えてくださいね。いや〜、ほんとに良かった。Happy, Happy、Congratulations!!!

■2006年06月25日(日)  SF初の電話会議・・・静かで、暖かく、深い高揚感に満たされています
DSC02609.JPG 320×240 16K今電話会議を終えた。午後8時から100分。7月10日PHPカンファレンスでのプレゼンに向けて、SFセミナーの卒業生の皆さんから意見を頂戴した。進行はもちろんリフレクティンググループ的にやった。初の試み。

いいんだなあ〜、これが。いい顔してんでしょ!(自分で言うなって、御免)

まず皆さんのSF体験を聞いたが、自分が楽になった、コーチングがこう変わった、チームが変わった、と「自分」「一対一」「組織」のすべての側面で皆さんが成果をつくっていることが確認できて、すっげ〜うれしかった。「企画書が通りやすくなった。」(コンサルタント)というのもあった。なぜならクライアント企業の問題点を徹底的に指摘するのにさいていた部分を「御社にはこのような強みがあります。それをさらに活かすとしたら・・・」という構成に変えたので相手が安心して話にのってくるとのこと。他にも色々聞いていて、「ほ〜!」というのがあった。

今回のプレゼンで一番の課題は、どのような実習で1000人にインパクトを与えられるか。サッカーの話題なら今盛り上がるんじゃないか(日本代表へのP-focusな新聞記事をS-focusに読み変える等)とか、本で使った「太郎と3人の男」の物語をアニメにして見せたらとか色々面白いアイデアを出してもらった。やっぱり一番大事なツボは・・・あ、これはここではまだ言えないな。是非カンファレンスに来てみてくださいな。

電話のリフレクティンググループはとてもいい!ことがわかったので、これはレギュラーのプログラムにしようと思う。

■2006年06月24日(土)  いよいよ来週月曜日は決戦!
このブログの5月2日に登場した野球選手のS君と「シーン」で再会した。前会った時は不調だったので「バッティングの調子はどう?」と聞くと、ニヤッとして両手で上向きという仕草をしてくれた。そして・・・

「あれから青木さんのソリューションフォーカスの本を買って読んだんですよ。それで自分なりに不調という問題をどう解決するか整理がついたんですよね。」
だって!!!うれしい!!!

今月になって都市対抗の予選が始まり絶好調。先日の大事な試合でも4打数3安打。守備でも大事なところで自分の野球史上ベストと言えるファインプレーをしたそうだ。先制したのに同点に追いつかれ、相手ランナーが2塁にいるところでレフトを守る彼のところへヒットが飛んできた、2塁ランナーがホームインすれば逆転されてしまう。彼の渾身のバックホームはノーバウンドでキャッチャーがミットを構えたところにストライク!ランナーアウト!そのウラ味方が3点を入れて勝ち。まさに彼のプレーが呼び込んだ勝利。来週月曜勝てば後楽園出場決定!

好調の時は、彼なりの好循環というのがあり、頭から心配ごとが消え、いわゆるゾーンに入るらしい。ゾーンに入るためにできることってあるの?と聞くと、厳しい課題を課した練習をすることだそうだ。すると本番が楽になる。その余裕が好循環をスタートさせるらしい。えらいなあ。
200606241928000.jpg 320×261 17K
・S君(2006/06/25 18:12)
昨日は久しぶりにお会いできてよかったです!本まで頂いてしまって、ありがとうございました。早速読んでいますよ!明日の試合はこれまでにない緊張感もありますが、絶対に勝つ!って決めてやってきます!
・解決大王(2006/06/25 19:02)
(ちなみに今回あげた本は「天才の読み方」by斉藤孝です) S君、いい緊張感ですね。応援してます!
・解決大王(2006/06/28 01:24)
おめでとう!!!S君のチームは26日の試合に延長戦の末勝ち、都市対抗野球本戦に勝ち進んだのでした。チームとしては24年ぶりのことだそうです。やった〜!

■2006年06月23日(金)  罪悪感 → 満足感 
DSC02608.JPG 320×240 20K最近ご飯(炭水化物)は少なめにしている。今日もカレーのご飯をこれだけ最初からのけておいた。

うちは百姓だったので、以前はこういうことすると、小さい頃の「米粒を無駄にするな」という親の声が聞こえてくるようでちょっと罪悪感があった。ゴミが増えるのもまずい・・・せっかく作ってくれた人にも悪い・・・

しかし、残さず食べて消火器系が調子悪い→食べられない→回復する、というパターンを何回も繰り返してきて、最近やっとこの残したご飯が自分を応援してくれているような気持ちになれてきた。前は「何で残すの〜」って責められてる気がしたけど、今日は「よく残した。これで快腸だね。」って。

■2006年06月20日(火)  企業社会にSFを!!!
今日明日はソリューションフォーカス公開セミナーだ。今回は17名の参加者、2名のアシスタントと僕で20人。ソリューションフォーカスをどういう場面で応用したいかと聞いて、「自分自身」「一対一のコミュニケーション」「会社組織」のどれかを選んでもらったら、「会社組織」が圧倒的に多かった。「解決志向の実践マネジメント」を読んだことが参加のきっかけになっている人も多くて、今まさにソリューションフォーカスは日本の企業社会に必要とされていると実感!

懇親会でも色々な話が盛り上がったが、ある参加者の会社では社員のダメなところを徹底的に追求するというシステムがあるそうで、その名前が恐ろしい。ここでは紹介できないが、「ダメなところを詰める」という意味の名前なのだそうだ。それによって何とか成果も出すけれど、社員の疲弊感は相当なものらしい。「ほんとキツイんすよ〜。」という言葉にすっごい実感があった。だからソリューションフォーカスにものすごいプラスの可能性があると感じてくれてるとのこと。

成果も出すが、人を大切にする会社を増やしたい。そりゃあ、誰だってそう思うけど実際は難しいよ・・・。その通り、だからやりがいがあるじゃん!人を大切にするというのは、ただやさしく接するという意味ではなく、その人が成長することを支援するという意味。成長とは何か?今までできなかったことに挑戦すること。
DSC02604.JPG 320×240 23K
大島ちゃん(2006/06/21 02:40)
成長とは何か?今まで出来なかったことに挑戦すること!

しびれます〜(>_<)
・解決大王(2006/06/21 07:52)
これに対して相手からYESを取ることで、SFBとSFAとの違いが明確になっていくと思うんだよね。
大島ちゃん(2006/06/23 05:26)
写真、借用しましたm(__)m
私のカメラにも数枚ありますので、お送りしますね。
・解決大王(2006/06/23 15:02)
写真の借用は事後承諾じゃまずいんちゃう?カミさんでもおいおいって言っちゃうかも。(軽いトーンで読んでね)
大島ちゃん(2006/06/24 02:48)
うわわ…すみません。
軽いトーンじゃ読めませんが(^_^;)
失礼しました。自分のと差し替えます。

…というか、写真載せること自体良くないのか!
取り急ぎ外します!読者に様子が伝わればと思いましたが、失礼しました!
・解決大王(2006/06/24 14:30)
早速対応してくれてありがとうございます。この写真は別に使ってもらっていいし、大島ちゃんの善意の意図もわかるんですけど、「事後承諾」というのがね。僕は前に同じようなことをして怒られたことがあるんですよ。僕と大島ちゃんの仲だからいいでしょ、って思ってもいいんだけど。これからはお互いにいちおう確認を取ることにしませんか(ニコリ)。

■2006年06月17日(土)  タオちんを通して無意識への刷り込み訓練
DSC02594.JPG 320×240 24K犬は飼い主の無意識を反映するという。逆に考えれば、犬を訓練することで自分の無意識へ影響を与えることができる!?

カミさんがタオを呼ぶと(呼ばなくても)スッと近づいていく。俺が呼ぶと、何か遠慮がちに「おみやげないけどいいっすか?」みたいな感じでうつむきながらにじりよってくる。これは何の反映?んんん、俺は第一感にしたがってスッと動かずに「これでいいかな?」と迷いをはさむことが多い。そんなに遠回りしなくていいよ。よし、タオをスッと自分に近づける訓練をしよう。

「タオ!来い。よ〜し。はい、両手でお手。そう、いいねえ。」

これを繰り返したら、前よりはスッと来るようになった。というか何か自分の中の躊躇菌が減ったような気がした。おもしれえ〜。

■2006年06月16日(金)  歌舞伎町でサミットコーチクラブ
今月のサミットコーチクラブ例会はなんと新宿歌舞伎町のショーパブ「黒鳥の湖」でやった。別のレストランでやる予定だったのに、本間ちゃんが感動したから是非みんなにシェアしたいとメールしてきて変更となった。写真を撮りたかったが、太い声の「お姉さん」が開演前に撮影お断りのアナウンスをしていたので割引券の写真でがまん。「だってあたしたち思いがけない瞬間に撮られるとオッサン顔になっちゃうからさ。」だって。

ここの踊り子さんは踊り専門ではなく、ショーの合間は客席で接客をする。そして3回のショー。終わってからもリハーサル。飲み放題と食べ物がついて5000円(割引券利用)ではきっと給料が高いわけがない。しかし一生懸命なオーラを発している。夢があるんだろうな、と思って色々聞いてみると、受け答えもはっきりしている。なんだか俺もがんばるぞという気にさせられる。

歌舞伎町では以前ボッタクりバーに入ってしまった経験とかがあって、石原都知事の風俗取締り方針を聞くと、まあしょうがないかなんて思うこともある。しかし一見あぶない歓楽街にも、闇だけではなく光に向かってまっすぐなエネルギーが存在するのだ・・・ (なんかえらそうかな???)
DSC02595.JPG 320×240 37K
・みやちゃん(2006/06/18 10:18)
ここ、行きたいですっ!!
今度、ご一緒してくださいっ!(笑)
・解決大王(2006/06/18 14:05)
!!!
えっ、ご一緒したらその後が大変かもよ・・・ふふ

■2006年06月15日(木)  本質とは何か・・・
DSC02593.JPG 320×240 32Kたまたまカミさんがアマゾンで買ったDVDを見た。"The Universal Mind of BILL EVANS" 感動!著名なジャズピアニストがジャズの魅力や演奏手法を解説するというドキュメンタリーだが、はからずも自分の生き方を振り返ることになった。

リビングを通りかかった時に、「おっ、何見てんだ?」と、たまたま立ち止まったたら、彼がいかに基本やルールが大切かという話をするところだった。ジャズは即興が魅力だが、それは元の堅苦しい枠があるからこそ、それから離れる魅力が生まれる。基本があってこその応用。ここから引き込まれてしまった。そして2つのことが僕をゆさぶった。

1、彼は13歳から28歳までいかに基本を自分の体に染み込ませる努力をしたかを語った。その中で「自分にできることに集中することがいかに大事か。他の重荷は背負わずにただひたすら集中する。世界平和のことを考えても何もできないなら、できることに集中した方が結局世界に影響を及ぼせる。」と確信したそうだ。

2、人にジャズを教える時は、「結局は自分で答えを探すのだ、そうして得た答えに感動がある」ということを教えるだけ。コード進行やテクニックの細部ではなく、これが最も大事な本質。

アルコール抜きが3日続いたせいか、このDVDすごく染み込んできた。
上田雅美(2006/06/17 01:06)
『守破離』と同じ感じでしょうか?
何もかも越えて、いいものは結局シンプルに同じところに繋がっている事を実感しちゃいますね。
素敵なエピソード♪
・解決大王(2006/06/17 22:02)
雅美さん、お久しぶりです!コメントありがとう。表層よりは深層、今だけよりは普遍、自分だけよりは一緒に、あなたからはそんなこだわりを感じます。それは「孤高」とか、「寂しさ」とかにもつながるけどね。おれはどうなんだろう?
上田雅美(2006/06/19 00:29)
むちゃくちゃ誉められてしまった(笑)デレデレです(^v^)
照れるやん♪
私が大王様から感じるのは、いつでも『YES』の空気を感じるチョイワル解決大王さまです。
・解決大王(2006/06/19 09:39)
ほんとのチョイ不良オヤジを見るとどうも自分は系統が違うのがわかるので、最近はチョイ良かオヤジを自称しております。

■2006年06月15日(木)  公言の力・・・「72kgになるぞ」
DSC02590.JPG 320×240 16Kコーチ仲間の小野仁美さんがよく使う「公言の力」。つまり、多くの人に「自分はこれをするぞ!」と宣言してしまえば、実際実行するエネルギーが高くなる。これを採用させていただきます。

最近久しぶりで会う男の知人で体を引き締めたことが一目でわかる人が3人も続いた。「ダイエットしたの?」「まあね。」とさりげない会話の中に誇らしさがただよう。それにひきかえ最近のブログのデジタル自画像を見るたびに、えっ、こんなにほっぺたふくらんでたかなと思う自分。なんと78kgになってしまった。これはかなりの危険信号。

そしてアルコール抜き、夕飯抜きで3日目。いちおう76kg台になった。ここからだね、大事なのは。無理しても続かないし、目標達成した気になって元に戻るのも馬鹿らしいし。

俺は72kgになるぞ〜、なるぞ〜、なるぞ〜!「気合だ〜」の人に会うまでに(7月10日までに)74kgに戻すぞ〜。そして7月中に72kg台に突入するぞ〜、気合だあ、公言の力だあ〜、わ〜!どこまで届いたかなあ・・・

■2006年06月11日(日)  京都SFチームとSFセミナー
京都でSFミニセミナーを開催した。もともとは公開セミナーの卒業生にウイーンのSOL大会の様子をシェアしたいというところから始まったのだが、この写真の真ん中の櫻井さん、左はじの張さん、そしてこの写真を撮っている本田さんが、せっかくだから初めての人にもということで大勢の人を短い時間で集めてくれた。なのでSF入門セミナーと欧州レポート、そしてQ&Aとシェアという内容だった。

張さんがこのセミナーの前後に色々な人に僕を引き合わせてくれて、インタビューをさせてもらった。SFリーダー本のための取材だ。張さんにSFリーダーの出版企画のことを話して、モデルとなる人に会いたいとお伝えしたところ、「それなら沢山知ってますわあ。」ということで、広告代理店やF1チームで大きなお金を動かしてきたビジネスマン、企業の人事部で若手を育成しつつ社外のネットワークでも世話役をしている課長さん、製造業の現場で人づくりに長年かかわってきたベテラン管理職の方をご紹介いただいた。それぞれ分野は違うが一つ共通していることがあった。それは人が喜ぶのが好きということだ。それだけなら特別なことはないかもしれないが、この人たちは相手が喜ぶまで工夫しつづけている。「うまくいっていないなら違うことをやる」という原則にのっとっている。

セミナーの中でもお伝えしたが、既に存在するソリューションフォーカストなリーダーを発掘して顕彰することはとても意義があることと思う。
SN320759.JPG 320×240 23K
ポンタ(2006/06/14 02:48)
青木様お疲れ様でした。
京都の熱く暑い時間を参加者とシェアできたことがなにより嬉しいです。
お江戸もよろしおますけど、
京都もよろしおまっしゃろー?
でも神戸もええんですよ〜!
神戸でも盛り上げる気満々のタヌキより。
・解決大王(2006/06/14 07:47)
ポンタさん、今回は本当にお世話になりました。SF神戸編も楽しみで〜す!

■2006年06月10日(土)  謎の中国美人!?
200606102251000.jpg 352×288 44Kすごい出会いの話を聞いた。京都のSF仲間張琴さん(左から2人目)は日本で生まれてずっと日本に住んでいるが、韓国の由緒ある家系の出身でかなり昔まで先祖をたどることができるらしい。彼女が仕事で中国に行った時にこの女性(僕の隣)ユーミンさんに偶然出会った。そして話をするうちに何と親戚だということがわかってしまった!あちらでは同じ張という名字でも「何処何処の」という地名をつけることで親戚かどうかわかるらしい。中国13億人の中からまさか血がつながっている人と一緒に仕事をするなんて!実際お二人はよく似てらっしゃる。もちろんお二人はそれから意気投合し、色々東アジアの文化論、政治経済論などを戦わして、いや楽しんでいるとのこと。

今夜は一緒にお酒を飲んだが、ユーミンさんは日本語もお上手で、中国にいる時は色々なVIPから通訳を頼まれたとのこと。僕のおちょこが空くとすかさずお酌をしてくれる。えっ、中国でも女性がお酌をするという習慣なんですか?と聞くと、中国ではお互いにお酌しますだって。あ、失礼しましたあ。つがせてください!

■2006年06月08日(木)  あ痛たたあ・・・犬は凶器になるぞ〜
今朝のこと。タオの散歩をすませて、自宅の庭でもって帰ったタオのウンチを汚物入れに入れようと一瞬リードを手放したその瞬間、運悪く普段からタオに向かって吠える柴犬が飼い主のおばさんと通りかかってしまった。制止する間もなくタオはその柴犬に突進してしまった。申し訳ないことをしたと思うが、おばさんは腰を抜かして悲鳴をあげるし、二匹はとっくみあいをするし、その間に入って引き離したときには、僕の左手からダラダラと血が流れていた。柴犬の歯はするどい。そのおばさんが僕の左手を見ながら「咬まれた〜」と泣き声で言うので、僕が心配されているのかと思って「大丈夫ですよ」と言ったら「違う、私が咬まれたのよ!」と言う。頭の隅ではそのやり取りが滑稽だなと思ったけど、すぐ近寄って傷口を見せてもらった。たいしたことないように見えたが、大きな犬が突進してきてもみあいになったわけだから、相当恐怖感があったと思う。実際の痛みよりもきっと増幅された痛みを感じたのだと思う。おばさん、ごめんなさいね。僕が一瞬スキをつくってしまったために。家の中から消毒薬と絆創膏を持ってきた時には、おばちゃんもだいぶ落ち着いていて助かった。ふ〜。

これが実は二度目。前は柴犬と初老の男性で、その時はメガネを弁償した。どちらも人に大きな怪我がなくて幸いだった。もう決めた。二度とタオのリードは放さない、安全が保証された場所でない限り。犬は凶器になります。

ぼくの傷・・・医者によれば全治2週間、あちゃちゃぁ(><)
DSC02589.JPG 320×240 18K
・池田佳子(2006/06/08 22:16)
大変でしたね。大きなケガじゃなくて良かったです。本当に。
今週末、お目にかかるのを楽しみにしています。
・解決大王(2006/06/09 06:13)
池田さん、ありがとう。傷はたいしたことないです。
大島ちゃん(2006/06/10 06:42)
あちゃーっ(>_<)
大丈夫ですか〜!

普段は大人しいのに、突然スイッチが入ってしまったり、人間には分からないけれど、気が合わない犬同士というのがあるみたいですよね。
ウチのエルちゃんも、豹変する時があります。
怪我までに至っていませんが。。。
全治2週間。ご不便でしょうが、どうぞお大事にお過ごしくださいね。

■2006年06月06日(火)  神田川 since 1805
DSC02586.JPG 320×240 24K神田法人会老舗文化研究会ともっともらしい名前のグルメ会で、鰻の老舗「神田川」に来た。会の恒例で冒頭に亭主の薀蓄講釈を聞く。今日もまた面白かった。

鰻は今でこそちょっと贅沢品だが、文化二年(江戸時代)に創業した頃は、うなぎといえばまずいものと思われていたそうだ。なので「くすりっ食い」と言われていた。つまり「まずいのはわかっているけど、体調がおもわしくないから滋養強壮のために食っているんだ」と言い訳でもしないと恥ずかしくて食べられないものという位置づけだったらしい。江戸の3大ファーストフードは「そば、すし、うなぎ」だったそうだ。だから屋台営業が多く、庶民が道ばたでちょこっと食べていた。

土用の丑の日に鰻を食べることから鰻の旬は夏のような気がしてしまうが、実際には初冬が一番美味しいらしい。江戸の人は旬をよく知っていたので、誰も夏の鰻には目もくれなかった。鰻屋の夏は厳しかった。それを救ったのがコピーライター平賀源内(そう、エレキテル変人)。「土用の丑の日は『う』のつく長いものを食うが良し」というコピーを流行らしてしまった。それ以来夏にも鰻を食うようになり、鰻屋は繁盛するようになったとさ。今も昔も宣伝が実態を上回る???

■2006年06月05日(月)  青木安輝、アニマル浜口と対決・・・ではないですが
7月10日にPHP研究所主催の「コーチングカンファレンス2006」でミニ講演をさせていただく機会をいただいた。場所は東京国際フォーラム。このカンファレンスは今年で第4回目だそうだ。今年のテーマは「コーチングの導入による”強い組織”づくり」。

スペシャル討論は「気合だあ!」のアニマル浜口氏と精神科医の和田秀樹氏。これだけの有名人と並べていただけるのは有難いことだ。僕の出番は冒頭のPHP研究所社長江口氏の講演「松下幸之助の経営と人材育成」の後、「新しいコーチング手法のご紹介」というタイトルだ。短い時間でソリューションフォーカスの内容を伝え、なおかつ体験的実習を含めながら、強い組織づくりへの応用の可能性について話すという盛りだくさん(きびしい!)な内容だ。

1、000人の聴衆の前でソリューションフォーカスについて話すというのは初めての体験になる。これだけの人にいっぺんにSFの魅力を伝えるチャンスなので、内容は一言一句「気合」を入れていきたい。
DSC02581.JPG 320×240 31K
・小野@岡山(2006/06/06 00:03)
東京でも教えている僕の歌の先生が、この新聞広告の切り取りを持っていたので、一押しと伝えました!!
・解決大王(2006/06/06 09:11)
小野さん、いつもありがとう!

■2006年06月03日(土)  あずきちゃん、もちろんタオの子供ではありません
DSC02543.JPG 320×240 23Kあずきちゃん(仮名)はスピッツが四分の一、柴犬が四分の三の雑種でメス。近所で貰い手を捜しているというのを聞き、友人に打診したら欲しいとのことで即決定。その友人が引き取りに来るまで今日は数時間だけ里親をした。タオちんとも仲良くなった。とってもいい子で落ち着いているけど元気。

やっぱり子犬はかわいい!!!!!

他に言うことありまへん。

■2006年06月02日(金)  "Me & My Girl" @帝国劇場
知合いがチケットを譲る相手を探していて、カミさんが行きたいというので行ってみた。「ミュージカル」というだけでどうも自分には縁がないような気がして、帝国劇場なんて行ったこともなかった。席は2階の最前列。とても見やすい位置だ。暗くなり幕が上がる時に、そういえば自分も学生の時に「コーカサスの白墨の輪」という英語劇に出たことがあったのを思い出した。いくつかの大学から学生が集まってオーディションでキャストを選ぶMP(Model Production)というやつだ。(初代MPはゴダイゴがバックでMonkey Magicをやり話題になった)そしたら何だかワクワクしてしまった。

前半は、主人公が大金持ちの相続人になるために貧民街の友人と縁を切れと言われたが、「仲間は捨てられない!」と叫ぶところにグッと来て、単純にいいなあと思った。ところが後半は何だかなあ・・・最後の幕切れは「えっ、そんなに簡単に終わっちゃうの?」って肩すかし食った感じ。

ミュージカル自体は、まあそんなものかっていうところだったが、なぜか前半部分の色々なシーンを自分の人生に置き換えて考えるのがとても楽しかった。その延長で帰り道カミさんに向かって色々としゃべりまくってしまった。やっぱり自分のドラマが楽しいんかな!
DSC02536.JPG 320×240 21K

■2006年06月01日(木)  ふと見上げてみれば・・・わ〜、ひろい
DSC02534.JPG 320×240 29K今日のNさんとのコーチングセッションは都内某ホテル。Nさんが現在抱えている問題を未来の自分から見たらどう見えるかというワークをして、今とはまったく違う余裕ある対応をしているイメージが見えた。そしてセッションの最後の方でリフレクティングタイム(数分間クライアントを一人席に残して振り返りをしてもらう)を取り、戻ってみるとNさんがじーっとこの空間を見上げている。そして表情がとても穏やかになっている。

「何を見てるんですか?」
「こんなひろい空間があったんですねえぇ。何か今まで目の前の小さなことばかり見てたような気がして。」

僕も一緒に見上げてみる。何だかすーっと吸い込まれているようだ。というか自分が広がるような感覚かな。このホテルのこの空間はなんとも言えない非日常感覚がある。自分の視点が変わる、視野が変わる、そんな瞬間にこういう空間を見るとあらためて「わ〜、高いなあ」と感動する。

注)この後頭部はホテルフロントの方にお願いして天井の高さを強調するために立ってもらいました。文中のNさんではありません。

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月