あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2006年04月30日(日)  すっげ〜コミュニケーションパワー!
DSC02289.JPG 320×240 33K今回の公開セミナー参加者の皆さんはコミュニケーションを仕事にしている人が多く、とにかく話すのが好きなようだ。雰囲気はメチャ明るい。実習を終わりにする時に、「はい、終わりにしてくださーい。」って言ってからしばらくしないと話し声がやまないことが多かった。講師としては非常にうれしい♪

リフレクティンググループ(5〜6人で解決構築をサポートしあう実習)が、今までやったセミナーの中で一位二位を争うくらい盛り上がった。シーンとなる瞬間がなかった。今回は20台後半から50台後半の人まで年齢も色々だったし、男女のバランスも良かったし、なんだかアットホームだった。

そしてセミナー終了後の懇親会。この写真の人たちがボクに対してリフレクティンググループになってくれていた。スッチー指導者のIさんから「青木さん、早くビジネスを拡大して、SF資格認定コースみたいなのもやってよ。」と気合を入れられてしまった。運命鑑定をしているKさんからは、「うん、青木さん、大丈夫!うまくいく!」と大きなOKメッセージをいただたい。んんん、心地よい!
大島ちゃん(2006/05/01 02:46)
素晴らしいセミナーでした!!!感動です〜っ(>_<)
只々感謝をお伝えしたく書き込みしました。
仲間にも是非に!と勧めます!
・解決大王(2006/05/02 01:16)
大島ちゃん、ありがとう!アシスタントごくろうさまでした。最近の盛り上がりはすごいね。独演会楽しみにしてるよ!

■2006年04月29日(土)  ソリューションフォーカス公開セミナー 2006版
今回のセミナーはすっごい少数精鋭だ。広報宣伝をほとんどしなかったにもかかわらず、どこかで情報を得てこれは何かありそうだという匂いを嗅ぎ付けて来てくださった方たちだ。もともとソリューションフォーカス的な要素をお持ちでもあるだろう。

参加者の皆さんが仕事でやってること:管理職研修、組織風土改革、コーチング研修、運命鑑定&カウンセリング、人材派遣元、離婚コーチ、キャリアコンサルティング、人材育成研修、IT企業チームリーダー、EAP(Employee Assitance Program)。本を出している人もいるし、これから出そうとしている人もいる。50台後半の方が2人いたが、ぜんぜんその年齢に見えない。勉強し続けること、好奇心を持ち続けることはきっと若さの秘訣だと思う。まだ自分の知らないことがあるはずだ、まだ新しい体験ができるはずだと思えるのはきっと恵まれたことだと思う。

自分もソリューションフォーカスコンサルティングを去年始めてから、新しい体験を一杯している。なんだか今までで一番青春しているような気がする(×笑)。←「笑わないで」の意。
DSC02277.JPG 320×240 24K

■2006年04月28日(金)  もうすぐ一年たつなあ・・・
DSC02265.JPG 320×240 34K去年の5月11日にこのブログ「そのままやっちゃん」を始めた。その時もこのプラットフォームのテラスでの写真だったが、今見てみるともう少しやせていた。太った!!やば。ブログの宣伝はしていないが、時々「あれ、見てるよ。」と言ってもらえるのがうれしい。N氏には「そのままやっちゃん」というタイトルは覚えてもらえず「やっチャンネル見たよ」と言われる。それもいい名前かなって思うけど・・・「この間は〜に行ってたの?」なんて足跡をたどってもらえるのもうれしい。ただ何を書いていたか覚えてないと下手な嘘がつけない(笑)

明日から2日間今年1回目のソリューションフォーカス公開セミナーだ。この一年早かったなあ。色々あったけど、本が出たことが一番大きな「スモール」ステップかな。昨日はうれしいメールが来た。某メーカーの人事部長さんが、社長さんからこの本を読めと渡されたのが「解決志向の実践マネジメント」だったそうだ。そして今まさに自分が必要としているのはこれだ!と直感したので、今度会いたいとおっしゃる。日本に会社はたくさんあるけれど、問題志向で停滞しているところは沢山あると思う。その中に入っていってソリューションフォーカスでどれだけ前向きな動きがつくれるか・・・これからがネクストステップだ。

■2006年04月25日(火)  仕事スペース@京王プラザ八王子
どうも子供の頃から机の前にずっと座るのが好きでない。集中してしまえば、どんな場所でもいいんだけど。今は会社と自宅に机はあるが、パソコンのアクセスの都合がある場合以外は、喫茶店とかの方がなんだか居心地が良くて、本が読めたり、原稿が書ける。

自宅に近い方ではこの京王プラザのラウンジがいい。天井まで吹き抜けになっているんだけど、幅がせまく細長いスペースなので変な威圧感がない。最初来た時は、無理してスペース取ったなあなんて思ったけど、座ってみると案外これが落ち着く。色々な人が打ち合わせに使っている。

今日はとなりでコーチングしているのが聞こえてきた。「今日のコーチングでは・・・」と言っているのだ。どうもエリアマネージャーが店長のコーチングをしているようだ。何の業種かは判断できなかった。このマネージャーがすごいのは、思いっきりOKメッセージを使っていること。「すごいね!」を連発している。実際優秀な店長なのかもしれないが、それにしてもワンパターンでこんなに同じ言葉を繰り返してどうなんだろう?と思って店長の顔を見ると、うれしそうにしている。
最後には「頑張ります!」と元気に言っていた。おそるべし、OKメッセージのパワー!
DSC02263.JPG 320×240 33K

■2006年04月23日(日)  おめでとう!
DSC02255.JPG 320×240 24K今日はいきつけのレストランバー「シーン」にいたら、兄と慕わせていただいている伊藤キヨジさんが娘さんIちゃんとその彼氏をつれてきた。いつもとちょっと違う重々しいような空気がただよっているように見える。彼氏は日曜日なのにネクタイをしている。テーブルに近づいていって「となりに座らせてもらっていいですかあ」と聞いたら、いつもと違い「ちょっと後でもいいかな」と言われた。おっ、これはもしかして!!!と思ったら、案の定「娘さんをください」をお義父さんになる人に伝える場だった。

しばらくして伊藤さんがボクのところに来て「もう終わったからいいよ」と言ってくれたのでご一緒させてもらった。ボクがカミさんの家に「娘さんをください」とお願いに行ったのはもう20年前になる。うわ〜、時間がたつのは早いなあ。やっぱりネクタイして行ったよなあ。マンションのダイニングルームで瓶ビールをいただいた。お義父さんは沢山お酒を飲む方ではなかったので、乾杯ていどだったような記憶だ。もっと飲みたいなあと思っていたけど言い出せなかったのを覚えている(笑)。

若いお二人に幸あれ!

■2006年04月21日(金)  表参道ヒルズ
いつもダンディにおしゃれなNさんが服を見にいこうと誘ってくれて、表参道に来た。ラルフローレンをまず見た。一目で気に入って欲しくなったジャケットがあったが、値段を見て即決できなかった・・・また次回。

そして、せっかくなのでとなりの表参道ヒルズを見物しようということになった。まあよく混んでいる。中は洋服と小物のお店、そしてレストランだ。ビルの真ん中は吹き抜けになっていて、そのまわりをゆるやかな勾配の回廊が巡っている。他にはないデザインでかっこいい。カップルでゆるゆる歩くにはいいつくりなんだけど、こんなに混んでいては休日の遊園地のようだ。これはブログネタだと思って写真はとったが、あまり中身をよく見ずに外に出た。

表参道は最初に就職した会社があったので、懐かしい。ここに来るたびに色々な思い出がよみがえる。きれいな街路樹を見ると、雪が降って前面真っ白になった日のことをいつも思いだす。それから246との交差点の近くに来ると、定食屋の90歳のおばあちゃんを思い出す。「あたしが子供の頃はね、この辺はほんとに『原宿』でね。たぬきが出たんだよ。今じゃあ、それが化けて通りを歩いてけるどね。ははは。」と言う時の太くてしゃがれた声がなつかしいなあ。
DSC02251.JPG 240×320 32K

■2006年04月20日(木)  Mixing @新宿
DSC02242.JPG 320×240 26K家が八王子なので新宿がキーステーションだ。ちょっと空いた時間にインターネットしたい時にここは便利。315円でドリンクバーを注文するだけで、高速回線(有線でも無線でも)使い放題。

今日は面白い光景を見た。この写真の奥に見えるテーブルで60歳前後(推定!?)の女性が6人集まって各々自前のラップトップを目の前においてミーティングをしている。特別パソコンが得意そうな雰囲気はないけど、画面を見ながら会議は盛り上がっている。うつっていないがその左の方の席では20台(これも推定)の若い人たちが一台のパソコンを囲んでやはりミーティングみたいなものをしている。

どうしても好奇心が我慢できなくて女性のグループに話しかけて何をしているのか聞いた。主婦の集まりで皆さんブログやホームページをつくっていると言う。今日はその品評会や情報交換の場らしい。いやあ、世の中急速に変わっている!店員の若い女性に聞いたら「あのお客さんは月に2,3回いらっしゃいますねえ。私なんかパソコンもってないのに・・・すごいと思いますよ。」だって。年齢じゃないんだねえ。さすがに60歳前後かどうかは聞けなかった・・・(笑)

■2006年04月20日(木)  早朝勉強会 <マインドマップ>
今朝は7時半から9時までの早朝勉強会一(はじめ)会に出席した。幹事の塚田さんが丸ビルの中の東京21Cクラブメンバーなので、丸ビル7階が会場だ。早朝の丸の内は気持ちいい。一会には自分にとって面白そうな時だけ参加させてもらっている。ボクも過去2回ほど講師をさせてもらった。

今朝のトピックは「マインドマップ」、講師は山本昭夫さんだ。マインドマップは20年前にアメリカのシステム手帳セミナーで初めて習ったけど、その後使ってはいなかった。最近色々な考えがあふれてしまい、自分の考えを整理してまとめる必要を強く感じるようになったので、そのツールとしてもう一度学んでみようと思った。この写真は自己紹介をマインドマップでするという実習の成果。箇条書きって途中で面倒くさくなるというかつまんなくなっちゃうけど、これだと面白さが展開していく!山本さんはポイントを12箇条に整理して、わかりやすく使い方を教えてくれた。ご自身のマップも披露してくれて楽しいセミナーだった。

セミナー終了後も一会のメンバーの方に自分が最近思いついたことなどを聞いてもらい、賛同していただき、勇気をいただいた。こういう場は大事だなあと思う。ずっと幹事をしてくれている塚田さんに感謝!彼はなんと50歳を超えているのに、これから医学部受験をするんだって!おれもこれからこれから。
DSC02240.JPG 320×240 21K

■2006年04月17日(月)  新しいウインドブレーカー、軽くていい感触!
DSC02229.JPG 320×240 17K4月も半ば過ぎだっちゅうに寒い日が続く。晴れても空気が冷たい。先日電車の中で帽子をなくしてしまった。もう暖かくなるからいいやって思ったけど、まだ頭の後ろが寒い。

なので今日はウインドブレーカーと帽子を買いに行った。最初行ったお店では店員の勧め方がうまくて、ちょい不良オヤジ系のウエストが絞ってあるかっこいいのを買いそうになった。しかし、最後にとどめで内にはタンクトップを着て欲しいと言われて、んんん、そこまで冒険できない、と内心思った。日に焼けて体鍛えた人ならカッコいいだろうけど・・・ そう思うと、この店員は売らんかなで調子いいこと言ってんな、としらけてしまった。そうこう躊躇している間に袖の付け根のほころびを発見してしまった。これじゃあ買えないということでその店を出た。ふ〜。

2番目に行った店でこれを見つけた。軽い!着心地がいい。何気なく、さりげなく形がいい。店員はぜんぜん押し付けがましくない。よし決めた!と思うまで1分くらい。買い物って面白いよなあ。ちょっとしたタイミングで全然違うものを買ってしまう可能性がある。説明がうまい人から買うとも限らないんだよなあ。

しかし帽子は見つからなかった。誰か大きな頭用の帽子屋さん知りませんかあ??

■2006年04月16日(日)  上野動物園のデート
今日はひさびさの夫婦デートで上野に行った。ナスカ地上絵展に行こうと思ってたのに、すごく混んでて待たなければ入れないのでやめた。

かわりに動物園。カミさんが獅子座なのでライオンが見たいという。このカップルの姿がなんだか美しかった。ライオンの地響きのような咆哮を聞いてみたかったけど、それはなし。

他にも色々印象に残った。テナガザルのうんてい渡りは面白かった。すっごくリズムがいい。体操選手は必見だな。アリクイの舌は初めて見た。多分70cmくらいあるんじゃないかと思う。檻の観客側に透明なビンが用意されていて、その中に餌があるから舌をつっこんでくる。まるでムチを上手に使っているみたいだ。ラブバードと呼ばれるインコは、つがいがいつでもイチャイチャしてる。おもわずムフフと顔がゆるんでしまう。王様ペンギンの行列は面白い。おじさんたちがあーだこーだいいながら井戸端会議してるみたいだ。

歩き疲れたので「みはし」に行って田舎ぜんざいとあんみつを食す。ん〜、美味い。今日もいい一日だった。
DSC02200.JPG 320×240 30K

■2006年04月15日(土)  コーチ協会 神奈川チャプター 勉強会
DSC02141.JPG 320×240 10Kコーチ協会の神奈川チャプターで講演をさせてもらった。幹事の方に講演中の写真をとってもらうようにお願いしたら沢山とってくださった。その中でこの表情がなんだか気にいった。

最近色々な人にヒゲがいいとか、悪いとか言われる。笑顔の時や表情を出しているときはヒゲがあってもなくても同じような気がする。だけど、表情がない時の写真はヒゲが悪いように目立つと思う。この論理的な帰結は、ヒゲがある分だけ表情がない時に見かけられたら、印象悪くなるわけだから、「剃りなさい」ということかも。

肝心の話はどうだったんだ?楽しくは話させてもらって笑いも多かったけど、まとまりはあまり良くなかったかもしれない。自分が関心ある話で前置きが長すぎたかなあと反省。しかし終わってから色々な方が名刺交換に来てくださって、ありがたかった。またこのご縁がひろがっていくとうれしいなあ。

■2006年04月14日(金)  IT社会、ここまで来たか! <夫婦の会話もオンライン>
自分は帰りが遅いことが多い。朝早い時も多い。「よし、今日は家にいるから夫婦の会話をしよう!」といきおい込んで話そうとすると、カミさんが「今ネット見てるのよ。後にして。」とくる。あとで「さっきの話何?」と聞かれても、「えっと、何だったかな・・・」となる。気持ちまですれ違っているとは思わないが、会話はすれ違いも多い。

そこで少し前からブログを読んでもらうことにした。カミさんもMixi上でブログを書き始めた。で、それを読む。「へ〜、そんなことあったんだあ。」「へ〜、そんなこと考えてたんだあ。」お互いにブログを読むようになって知ったこともある。

だったらブログ書いてる間に会話すればいいじゃん。それが違うんだよなあ。目の前にいるとしゃべらなくてもわかったような気になったり、結論を先に言えって気になったり、他のことに気をとられて聞いてるフリになっちゃったり・・・

コミュニケーション研修をしている関係で色々な会社に行くが、「最近の社員はとなりの席にいるのにメールでコミュニケーションを交わしてるんですよ」と嘆くように言う方がいる。そりゃあオタクっぽいやつだけだろうなんて以前は思っていたが、なんてこたあない、自分のカミさんとのコミュニケーションまでオンラインで補完するようになっちまったぜ。

悪いこと?ちがうちがう。時間がずれてもkeep in touchできるようになったってことさ!
DSC02124.JPG 320×240 33K

■2006年04月14日(金)  "お茶しよう!"・・・"うん♪"  Tea Time@神保町界隈
DSC02120.JPG 240×320 34K法人会青年部でできた友人がお茶仲間になっている。西谷さんと森ちゃんだ。飲むとか食事するとかだとそれなりに時間も取られるのでアポを入れないと難しい。今空いてたらお茶飲もうって言える距離に3人の事務所があるので、これが楽しい!

子供の頃お茶の時間は好きだった。畑仕事の合間、家に職人さんが来ているときの10時と3時。大人が色々なことを話しているのを横で聞いていて面白かった。昔は縁側に近所の人や物売りや色々な人が来て、お茶と漬物で「ひとっぱなし」していくことが多かった。「ぼくはおとなしくしていて偉いねえ」とか何かしら声をかけられるのもうれしかった。子供の頃から話の輪の中にいるのは好きだったんだなあ。

この写真はうちの事務所ビル千代田プラットフォームスクエアの屋上だ。今度ガーデンバーベキューパーティーをしようということになり、その下見だ。遠くに見えるのは皇居。ビルの屋上なのに芝生が植えてあって感じがいい。下手なビアガーデンよりはいいかも。

■2006年04月13日(木)  拙者、疲れてるでごじゃる・・・
なじぇかわからぬが、ここんところ疲れてのでごじゃる。朝起きるのがちゅらい。日曜日からブログ更新がないことに焦ったので、とりあえず何かないか・・・結局今の自分しかなかろう、ということでこれでしゅ。

7年ぶりに床屋に行ってヒゲを整えてもらったのは昨日だ。元気がいいときなら、こりゃあブログネタだって思うんだろうけど、昨日はマッサージしてもらって、ああ気持ちいいで終わった。「春眠暁を覚えず」というけれど、ほんとにここんところ朝がつらいだけでなく、いつでも寝たい。庭からときたまホーホケキョって聞こえてくると、ああ、いいなあ、眠ったいって思う。

こんなボケた顔を世界中に公開していいのか???いいんです!!!そのままやっちゃんですからあ。
DSC02119.JPG 320×240 23K

■2006年04月09日(日)  入院してからの方が元気な父
DSC02118.JPG 320×240 27K先月父が自転車から落ちて骨折し、現在入院中だ。手術は無事終わりリハビリも始まっている。母の法事の後で親戚の人たちがお見舞いにきてくれた。

父は80歳。数年前から自宅で介護してもらっていたが、今年になりあまり元気がなくなってきていた。ところが3月になってから元気が出てきて、杖か手押し車が必要なくらいひどい腰曲がりなのに、なんと新しい自転車を買いにいってしまった。そして転倒。この知らせを受けた時、なぜかうれしい気持ちが湧いた。自転車を買うだってえ・・・元気じゃんか!!!

そして入院した後も、ここ数年で一番元気じゃないかと思えるくらいよくしゃべるし、よく動く。病棟の中では結構楽しくやってるらしい。看護士さんのいうことを聞かないことも多いのだが、なぜか可愛がられている。「あたし青木さんのキャラ好きだな」なんて若い看護士さんに言われていた。先日軍手を買ってこいというので「何で?」と聞くと、車イスのスピードを上げたいだって!手がすべらないようにしたいらしい。今日は皆の前でそのスピードを披露してくれた。

老人は病院に入るとボケちゃう可能性が高くなると言うが、おとうちゃんの場合はどうもかえって冴えてるように見えるなあ。えらいぞ〜!

■2006年04月09日(日)  母の一周忌法要
今日は母の命日。ご近所、親戚、家族で30数名の法事だった。昨年の葬式の時はお寺の境内で桜が満開で、特にしだれ桜がとってもきれいだった。今年は少し散ってしまったが、それでもやはりきれいだった。うちの庭にも母が植えた桜がある。その桜の下で桜を見上げていた母を思い出す。花が好きだった母を想うにはいい時期の命日だ。

大学生の頃は反抗期(遅いけど・・・)だったので、よく母と言い合いになった。自由に色々やりたいのに制限をつけようとする母に「どうせ俺のこと自分の思い通りにしたいんだろ!」と捨て台詞を吐いて自分の部屋に戻ったことがあった。それから少しして母が部屋に入ってきた。そして「安輝にゃあなぁ、あたしが死んだ後でもいいから学者にでもなってもらいてえなあ。」と言った。その言い方が全然力んでなくて「ああ、俺のこと思ってくれてるんだな」となぜか素直に聞けた。

学者にはなっていないが、訳書や共著でない初めての著書を出版できたことを母ならきっと大喜びしてくれたと思う。なので母への供養ということで引き物の中に「解決志向の実践マネジメント」をいれさせてもらった。

この一年間母のことを想わない日はなかった。
DSC02115.JPG 320×240 24K

■2006年04月07日(金)  スコット・ミラー博士 
DSC02113.JPG 320×240 15K今日はプラットフォームスクエアで1時から19時という変則な時間帯でミラー博士の特別ワークショップの通訳をした。彼の通訳をするのは2回目だ。何だか以前よりも丸くなった感じがする。昨日まで横須賀基地で仕事をしてから東京に来たのだそうだ。彼はセラピーの効果測定に関する研究をしている。今アメリカでは精神療法を施しても、「効果がある」という証明をしないと、なかなか保険会社がお金を出さないらしい。軍も例外ではない。

彼の研究は面白い。多くのサンプルを通じて統計的に実証している。結論から言うとセラピーの効果はどの理論・手法を使うかとはまったく関係ない。「治療同盟」(therapeutic alliance)と呼ぶ信頼関係ができていれば、セラピストはどんな手法(認知療法、行動療法、原初療法、催眠療法、NLP、EMDR、etc.)を使っても結果は出るという。治療者がその手法が良いと確信している度合いが重要だそうだ。

治療同盟ができているかどうかは、毎セッション毎にSRSという4つの質問だけの簡単なスケーリングをすることで計る。面白いのは初回のスコアが低くて後から上がる方がセラピーとして良い結果が出るというところ。このスケーリングはセラピストの目の前でやるわけだから、やはり遠慮がちになる。それなのに正直に低い点数をつけられるとしたら、かなり良いコミュニケーションがとれていた証拠なのだそうだ。クライアントとの意識のずれを調整するためには、正直にスケ−リングしてもらうことは不可欠だ。 スコットのHP<http://www.talkingcure.com

■2006年04月06日(木)  えっ、ナチス!!??
友人の森田君の会社にお邪魔した。スター食品という老舗ドリンクメーカーだ。このブログでもクエン酸を紹介させてもらった。

このディスプレーは1898年の創業時から扱った商品のラベルを並べたものだ。何と106年前から続いてる会社!戦前なんて通り越して、明治っすからね。誰でも知っているような有名企業ではないけれど(ごめんなさい、知っている人は知っているのでしょうが)、これだけ長く生き残り、かつ新商品を出し続けるっていうのはすごいことだ。

この沢山並んだラベルの中で一番目を引いたのが、この「ナチス」。へ〜、日本がドイツと組んで連合国と戦っていた頃かあ・・・中身はどんなだったんだろう?想像もつかないなあ。もしTVコマーシャルがあったとしたら、軍人が元気良くなるイメージで敬礼しながら飲むところがうつるんだろうか?これ売れたのかなあ?色々な想像がかきたてられてしまった。

ちょっとタイムマシンにのって異世界に行った感じ。

ソリューションフォーカスin businessは後世にどう残るかな?ん、「お前はどう残したいんだ?」って質問が聞こえてきたぞ!?
grp0406192443.jpg 320×261 35K

■2006年04月05日(水)  40代、50代、そして60代の生き方
DSC02109.JPG 320×240 39K最近友人の相談を受けた。夫婦の危機ってやつだ。自分のところだって絶対大丈夫とはいえない・・・(カミさんもこれ読んでるので、計算された発言です・・笑)

この夕刊紙の記事によれば、配偶者が「人生のパートナーとして、自分の人生にとって不可欠な存在だ」と感じている割合は50代男性61%に対して50代女性は39%。60代になると男性50%、女性22%だ。どうも男が「こいつは俺についてくるはずだ」とか「もうあとは一生一緒にいるはずだ」なんて根拠なく夢想している間に女性は着々と夫婦生活とは別の「自分の人生」を企画していることが多いらしい。「熟年離婚」が人気番組になるわけだ。

何で(何のために)一緒にいるんだろう?これは問い続けていい質問かな。

そしてこの左の記事。ご存知ローリングストーンズ。60歳過ぎても益々元気!自分もこう輝き続けたい。円満な結婚生活を続けたいなら、パートナーも輝き続けることを願う、サポートする、喜び合う。これは必要不可欠だろうな。できているかどうかは相手に採点してもらわんといかんけど・・・

■2006年04月03日(月)  春の声・・・アンちゃん
昨晩からジュリアと一緒にセキセイインコのアンちゃんが泊まりに来ていたらしい。それは聞いてなかったので知らなかった。朝リビングでお茶を飲んでいると、ピピピピぴ〜と鳴声が聞こえた。えっ!!!とってもさわやかな響きだ。その声の方を見ると、鳥かごがぶら下がっている。

「えっ、鳥もあずかったの?」
「そうよ。」
「なんだかいい感じだね。」
「でしょ。空間の奥行きを感じるよね。」

ほ〜、なかなか面白い表現をするな。確かになんとも言えない味わいがある。外ではウグイスも鳴いている。

春だなあ。

最近は人間がつくった情報の世界にどっぷり浸っていたんだなあって思う。
DSC02106.JPG 320×240 27K

■2006年04月02日(日)  お客さん・・・ジュリア
DSC02105.JPG 320×240 16K今夜からうちにお客さんが泊まっている。タオちんと仲良しのジュリアだ。彼女の親が旅行に行くので3泊あずかることになった。一匹でも毎日散歩するのは大変なのにどうなるのだろうと思っていたら、思わぬメリットがあった。

カミさんの表情が違うのだ。あずかることを引き受けた責任感もあるのだろうが、なんだか家族を守る母親の強さが出ている気がする。頼もしい。そして亭主に対する「もっとこうして欲しい」という意識に向かうエネルギーが「子供」を守る方に向かっているようだ。ある意味しめしめと思っているのだが、慣れてきた頃にさらに大きな「もっとこうして欲しい」が出てくるかもしれないなあとも思う。心の準備はしておこう!?

ジュリアの実家では、人の手から食べ物をもらうことができる。うちはそれはダメというルールにしている。ジュリア家ではソファに乗っても許される。うちはそれはダメ。そういう違いがストレスになっている可能性はあるが、カミさんはジュリアに「所変われば品変わる」ということを教えるのだと言っている。んんん、ジュリアは学習するのか?大いなる実験!?

注)手前がタオちん、奥がジュリア

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月