あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2006年01月31日(火)  原宿にこんな楽しいところがあった♪ONDEN
前出の杉森氏に連れてきていただいたこのONDENはもう28年もやってるそうだ。大学出てから数年はこの近くに勤めていたが、こんな素敵なお店があるのは知らなかった。杉森さんが音楽好きで、前にこの店に来たときに客も参加できるライブをやっているようだったので、今日も行ってみましょうということになった。しかしステージをやるのは水曜日だけとわかってちょっとがっかり。ところがしばらくすると怪しげなサックスの音が聞こえてきた。このお店の常連さんだそうだ。伴奏しているギターの人はうまい。お客さんは話に夢中で拍手をするでもなく、演奏している人も勝手に楽しんでいる。えっ、こんなのあり?ってことはオレもやってもいいかなあ?と思ったときには「ギター貸してもらえますか?」と言っていた。

ステージに行くとギターの安部さん(プロミュージシャン)がビートルズの曲集を出してくれた。これがバラバラになりそうなのをガムテープでとめた年代もので、表紙を見たとき「ひえ〜、なっっつかしい!!」と感動してしまった。中学時代に初めて買ったビートルズ曲集だった。安部さんが上手に合わせてくれて何曲か歌わせてもらった。杉森さんもさりげなくマラカスで参加してくれて楽しかったなあ。

最近音楽づいているやっちゃんでしたあ♪
grp0201021928.JPG 320×240 33K

■2006年01月31日(火)  すごいソリューショニストが現れた!!!
DSC01815.JPG 320×240 31Kボクの左にすわっている人・・・すごいソリューショニストだ。ボクのSFセミナーに出た人から間接的にソリューションフォーカスのことを聞いただけで、自分の会社に導入して1ヶ月くらいで成果を出してしまった。従業員300人、年商120億の企業で社長さんの言動が変るまで影響を与えてしまったそうだ。今の段階ではSさんと名前はふせておくが、3月14日の出版記念パーティーでは、その事例についてのお話をしてもらいたいと思う。

今日は大手飲料企業の杉森氏(右端)が設営してくださった勉強会でSさんの事例発表を聞かせてもらった。SFCをたちあげてから今日ほど力づけられたことはない。解決志向は実際短期間で組織を変えるための効果的なツールになり得る!SさんはSFを知ったときに「人生はこんなにラクに生きられるんだなあ」と思ったそうだ。もともと勉強熱心なSさんがコーチング、心理学など様々なヒューマン系の理論および技術を学んできて実践する中で、SFを学んだときに「とどめをさされたような感じ」がしたそうだ。それからSさんがいかに自分なりに状況に合わせた工夫をしたかを書きたいがスペースが足りない。いつか別の形で。

今年はSF勉強会をたちあげようと思っているが、彼のようにどんどん実践する人に参加してもらってお互いに刺激しあいたい。正直いって、今日はボクが教わった感じがしました。はい。

■2006年01月29日(日)  高級ホテル・・・と思いきや
このパンフレットは全国展開しているある高齢者マンションのもの。実はカミさんの母上のためにカミさんが今色々調べているところだ。人生の最後を「誰に面倒みてもらうか」という質問ではなく、「どう過ごすか」と問い掛けてくる。このマンションにはプールもあるし、素敵なレストランもあるし、麻雀ルームもある。医療スタッフも常駐している。まだ元気な内に入居して普通に人生を楽しんで、万が一部屋で倒れても、助けてもらえる可能性が高いという場所なわけだ。そして介護が必要なレベルになったら、介護棟に移動することになるらしい。ぎりぎりまで不安
の中で一人で頑張るよりも、安心して一人の余生を楽しみましょということらしい。

ぼくは生まれたところと今住んでいるところが一緒で、しかも親は百姓だったので先祖代々の土地という感覚があった。最後までそこに住まなければ悪いような気がしてた。母が亡くなり、だんだんその感覚を捨ててもいいと思えるようになってきた。これから50代、60代、70代、80代、その後(?)と、どういうところに住んでどういう仲間と一緒に過ごすか。うん、色々な可能性があるんだよなあ。
DSC01814.JPG 320×240 32K

■2006年01月28日(土)  ヤッチャンズ(Yasuo&Yasuteru)結成!!!
DSC01795.JPG 320×240 28K今日はヤッチャンズの初練習。これはビートルズのNowhere Manを歌っているところ。すっげ〜気持ちよくハモった。中学の時以来何回も友達とこの歌をハモろうとして挑戦したけど、難しいよなあって投げ出してしまった歌だ。それが今日もう一人のやっちゃんと挑戦したら一発目で感動するくらい決まった!

もう一人のやっちゃんは曽根泰夫さん。ボサノバなんか弾かせたら最高にいい感じのムードを出す方なのだが、今日はビートルズにつきあっていただいた。すぐハモれちゃうところがすごい!青木のちょっと先輩くらいに見えるかもしれないが、実はかなり年上らしい。お孫さんもいるとか。見えないよなあ。

ヤッチャンズのプロデユーサーは今村道子さん(1月5日参照)。2月23日に今村さんが主宰するツリー・オブ・ジェムズが催す「エグゼクティブ・サロン」でSFの紹介をさせていただくことになっているが、エンターテインメントもやろうということでツリー・オブ・ジェムズのセミプロミュージシャン曽根氏と組ませていただくことになった。今日は曽根さんにうまくリードしていただいてあっという間に楽しい時間が過ぎた。本番が楽しみじゃ!!!

聞いてやってもいいぞという方は:http://www.tree-of-gems.com/ceo/index1.html
よろしく!

■2006年01月25日(水)  解決1号疾駆!・・・のはずが
今日は六本木のF総合教育研究所のM氏と会う約束だ。風邪もほとんど治ってきたし、天気もいいし、解決1号に乗って颯爽と出かけよう!途中桜田門を過ぎたところで、そうだ!この勇姿を今日のブログに載せようと思いついた。この背景はなかなか良い。日本の伝統的城郭建築と近代建築があいまってなかなか素敵だ。そしてかっこよく自転車を飛ばしている粋なオヤジに写るかと思いきや・・・これ本当に失礼かもしれませんが、新聞の勧誘のおじさんに見えてしまった。スピード感のないちんたらしたこぎ方。んんん、これオレなの???

まあ、そんなことですねていてもしょうがない。この写真を撮るときの面白いエピソードを紹介しよう。うん、この辺で写真を撮りたいなあ、誰にとってもらおうかなと自転車をとめた時、一人のサラリーマン風な男性が歩いてきた。ちょっと躊躇している間に彼は通り過ぎてしまった。まあ、いいや、次に歩いてきた人に頼もうと思っていたら、うしろから声をかけられた。さっきの男性だ。「あのお、シャッター押してもらえませんか?」だって!「えっ、まさにおんなじこと考えてたんですけど!」と感激。お互いに写真を撮りあった。なんだかこのあとほんわかした感じがつづいた。
DSC01760.JPG 320×240 37K

■2006年01月23日(月)  ピーター・ザーボ氏とのテレフォン会議
DSC01758.JPG 320×240 22K欧州コーチング業界では広く知られているソリューションフォーカスコーチであるスイス人のピーター・ザーボさんと電話会議をした。彼がこれからスタートするソリューションフォーカスコーチングのコースを日本でボクにやらないかと持ちかけてくれて、その最初の打ち合わせだ。

彼とは昨年のSOLで初めて会い、その後SF夏期大学でもご一緒させてもらった。SFの世界では権威的にえらそうにする人はもともとあまりいないが、その中でも特に彼は腰が低い。相手に敬意をもって接しながらも明るくライブリーなコミュニケーションをかわすのが上手な人だ(05年7月26日参照)。

写真は彼とのテレビ電話の映像・・・・・ではない(笑)。彼がSF創始者のインスー・キム・バーグ女史と一緒につくったDVD「Brief Coaching」の中の映像だ。実際には普通の国際電話で話した。インストールしたばかりのスカイプを使おうと思ったが、彼の方が使っていなかった。彼とは1時間ほどとても楽しく話しをさせてもらった。その中で一番うれしかったのは、彼が一番大事にしているのは気に入った人と楽しく仕事をすることだそうで、日本でのリンク先はぜひ君にしたいと思ったと言ってもらったことだ。はい、頑張ります!

■2006年01月22日(日)  スペシャルカクテル・・・その名も”Yasuteru"♪
そろそろ風邪も8割方治ったかなという感じ。まだ気管支がぜこぜこする感じは残っているけど、もう休んでばかりもいられないよな。それじゃあ景気づけにスペシャルカクテルをつくってもらおう、と「シーン」(7月19日参照)に来た。

ヨッシー(8月10日参照)に「"Yasuteru"っていうカクテルつくってよ。」と注文。彼は「それはどんなものですか?」なんていう野暮な質問はしない。その時のボクの雰囲気を察して最適のものをつくってくれる。そして出てきたのがこの輝けるカクテル!そしてこの後の解説が楽しいのだ。

「これはどういう意味で"Yasuteru"なの?」「まず最近の青木さんのブログではちょいワル的な路線を目指すとあったのでハードボイルドと思いました。だからマティーニ。ただのジンじゃ青木さんらしくないのでテンにしました。タンカレーの上級バージョンです。青木さんは金儲けというよりヒューマンな仕事をしてるのでベルモットはdryでなくスイート。青木さんはグラスは気取ったカクテルグラスよりロックグラスだと思いました。なのでこれです。」

んんん、感動!さすがヨッシー。彼と仲よくなるとどんなカクテルでもつくってくれます。ちなみに彼はどんな人とでも仲よくできます!

これで今週がんばれそうだ。
P506iC0010748189.jpg 261×320 29K

■2006年01月19日(木)  長引く風邪・・・ちょいワルどころか着膨れももひきおやじ!
DSC01757.JPG 320×240 24Kほんとマイッタ。今週に入ってやっと仕事はしているけど、ブログ用の写真を撮ろうとか、あれやこれを書こうという気になれなかった。体温計くわえた写真が何日も最新版だとまずいので、これも変な写真だけどとりあえず載せておこうと思う。

年末にお気に入りのアルマーニのコートと帽子を買い、今年に入って1週間のうちに2回も(週2でも「も」なのです!)ジムに通い、伊達メガネも買ってみて、よし今年は「ちょいワル」ファッションに挑戦だあ!と意気込んでいたのに・・・
風邪引いてからは寝るときもタイツを穿き、起きるときは靴下をその裾に重ねる。この瞬間「あ〜、ももひきおやじ」と思ってしまう。いつのまにか「今年はちょいワル」から「今年はとにかく健康」と母の口癖のようなお題目にすりかわってしまった。

いつも普通にやれていること、風呂に入る、夜遅くまで外出する、カラオケに行く、その他いろいろが何てありがたいことなんだろうと思う。あ〜、早く全快したいよ〜お。

■2006年01月15日(日)  寝込んだやっちゃん・・・まいったよ〜
週の後半から週末にかけて寝込んだ。熱は38度台くらいまでしか上がらなかったが。気管支がおかしくて、咳と濃い痰がからむ。明日は医者にいって注射してもらおうかな。2,3日寝れば治ると思ったのに、もう少し長引きそうだ。

ピースサインはあまりにも病身たらしくしたくなかったので無理やりやってみた。もちろんこんな状態の時に書く必要はない。もともと毎日書くほどマメなブログではないが、読んでるよと声をかけてもらうことがあると、2,3日書かないでいると心配されてるかななんて気を回してしまう。威勢のいいこと、景気のいいことをなるべく書きたいが、やっぱり病気になることもあるんだよなあ。今回は気持ちも大分滅入ったなあ。だから「中年の大人が自分の人生の荷物をまとめなおす」という主旨の本なんか布団に持ち込んでしまった。こんな自分も書いておくか・・・何かの記念に!?

普段はさあ、ひげも男っぽさの演出でかっこいいかななんて思っているのに、気分が滅入ると何だか汚ねえジジ臭えひげに見えてきちゃうんだよなあ。誰にもなぐさめのコメントもらえなかったら剃っちゃおうかなあと考える今日この頃。
grp0115205956.JPG 320×240 26K
・isakoba007(2006/01/16 22:20)
アラッ風邪ですか!?
大丈夫ですか?
こちらも朝晩鼻水がズルズル・・・。
お大事に〜!
もったいないから髭は剃らないで下さい!!
仕事が許せば私も髭伸ばしたい!
しかしアオキさんのように
かっこよくはえないんッス!
まずはお体直してHuuで飲みましょう!
こば
上田雅美(2006/01/17 02:11)
文面を見ると元気になったように聞こえないことも有りませんが、如何ですか?
ちょっと無理したピースサインが、男前です。
『そのままやっちゃん』だから、どうぞそのままで♪
オンナは髭が伸ばせないし、とてもじゃないけど寝込んでる時の写真はアップできないもんね。
ちょっとずるいです(笑)
・解決大王(2006/01/17 06:02)
ふう、これでひげをそらずにすみます。こばさん、上田さん、ありがとうございます。上田さんの言うとおり、これは少し元気になってきたからアップできたんですね。そうですね、男はもともと化粧してないから、病めるときも公開できる、これってずるいかあ!?でもね、今回はね、本当にまいったんですよ。それは風水鑑定の人に指摘されたいくつかのことがあたっていてショックだったんです。それで色々考えこんでしまったから。この話はまたブログに出てくると思います。

■2006年01月11日(水)  柳屋さん
DSC01752.JPG 320×240 19K神保町の蕎麦どころ「柳屋」さんの若奥さんと、「お疲れさんにクエン酸」のスター食品役員の森田氏だ。

柳屋さんのご主人福田氏は法人会の仲間だ。先日神田法人会ゴルフコンペでご一緒した。年に数回しかゴルフをしない福田氏ははっきり言ってスコアは良くない。ショットはどこに行くかボールに聞いてくれ状態だ。しかしアプローチとパターだけはとってもセンスがいい。手を使う仕事だから手の感覚が敏感なんですかと聞いたら、やはり最初からパターは好きだったとのこと。その敏感な手で打った蕎麦はやはり美味い。そしてかき揚げのてんぷらがすげーうまかった。神田周辺は本物の蕎麦屋が多いのがうれしいな。

奥さんもゴルフをやるらしいので、「ご主人より上手いんじゃないですかあ?」と聞いたら、奥ゆかしく微笑を浮かべて、答えてくれなかったが、多分奥さんの方がいいスコアで回ると見た。


■2006年01月10日(火)  今日は船井総研の小山政彦社長と対談・・・だったのに
ツーショット写真を撮るのを忘れてしまった。丸の内の日生ビル21階にある船井総研のオフィスはきれいで一流企業の雰囲気がある。それに呑まれてしまってはいけない、と気張ってしまったので、「写真撮ってもいいですかあ?」っていう余裕をなくした。

対談をしかけてくれたのがこの中島誠二さん。クオーターバック(http://www.q-b.co.jp/)の社長さんだ。QBで出している月刊CDで小山氏との対談が実現した。前に小山氏の講演を聞いた時に、こんなに情報を詰め込んでマシンガンのように話せる人がいるんだあとびっくりしたので、今日は楽しみでもあり、びびってもいた。実際の対談のできは・・・どうだったかなあ?まあ、天下の船井総研社長と対談させてもらってとりあえずは良かったかな。

対談終了後に中島さんとお話してとても印象に残った話がある。彼のHPを見ていただけばわかるが、とにかく時流情報満載で、トレンドと言われるものはまっさきにチェックするそうだ。そんなにアンテナを張り続けるって大変じゃないですか?って聞いたら、「実は映画と音楽は捨てたんだよ。」との答え。最初は意味がわからなかったが、要するに映画も音楽も鑑賞するには時間がかかる。だからもともと好きなのにある時点で捨てたそうだ。去年ぼくもゴルフを捨てたけど、捨てきってはいなかった。中島さんは捨てきったみたいだ。ところが最近実際鑑賞してみないとわからないこともあるということで再び鑑賞する時間を持ち始めたそうだ。
DSC01746.JPG 320×240 17K

■2006年01月06日(金)  本のカバーデザインが決定!
DSC01742.JPG 320×240 22Kいよいよ日本初のビジネス版ソリューションフォーカス本が実現する。2月3日配本予定なので、大きな書店でそれから2〜3日、遅いところでも1週間くらいで店頭に並ぶそうだ。このカバーはまだ最終版ではないので全部お見せすることはできないが、ビジネス書って感じがする。名前の横には「ソリューションフォーカスコンサルタント」という肩書きがつく予定だ。A5版で224ページ。

今日はこの出版記念パーティーの相談も始まった。有難いことに公開セミナーに参加された宮木さんが言いだしっぺで幹事を引き受けてくださった。ちょうど会社の一周年も兼ねてのお祝い事なので、色々な人に来てもらいたいなあ。昔からの友人も最近知り合った方にも・・・・・  

<注意!>ここから先を読むと、暗示にかかりますから気をつけてください。

あなたは2006年3月14日の夜は神田錦町にいきたくな〜る。学士会館で行われている出版記念パーティーで楽しく笑っている自分が見え〜る。手が勝手に動いて、手帳に予定を記入したくな〜る。

ヨロシクう!
・isakoba007(2006/01/10 23:34)
ご無沙汰してます・・・。
Huuでご一緒した小林です。
凄そうな本を出されてるんですね?
凄い人だったんですね。
失礼致しました。
私も色々と解決したい!
解決してください!
師匠と呼ばせて下さい。
こば
・解決大王(2006/01/11 07:20)
小林さんの人あたりの柔らかさはソリューションフォーカスにばっちり向いてますよ!今度公開セミナーやるときは是非来てください。あ、その前に出版記念パーティーもよろしく!

■2006年01月05日(木)  櫻井さんの娘さんからお父さんへの手紙
京都の櫻井さんと夕飯を食べた。現在は企業の新入社員採用請負および学生の就職支援を中心に仕事をされているが、昨年SFセミナーに参加されて以来かなりSFを仕事に活かしてくださっている。今日はそんなお話やこれから企業においてSFで何ができるかっていう意見交換をさせてもらった。

櫻井さんと話しているといつも印象に残るエピソードがある。彼は中高と相当なワルだったらしい。なので高校入学時は5教科のテスト500点満点のところ80〜120点だった。ところが剣道が強かったので、先生にも「お前は勉強捨てて剣道に集中せい。」と言われたそうだ。そこで剣道に精進するために宮本武蔵の「五輪の書」を読むことにした。一回目はほとんど意味がわからない状態だったのが3回目くらいにはかなりわかるようになり、国語力がついてしまった。剣道で相手との間合いを何cmくらい取ると良いか、境界線まであと何m下がることができるかなどを計算するようになったら数字に強くなった。卒業時には学年でトップの成績だった。んんん、こういうエピソードって好きなんだよなあ。人間の能力はいつどこでどんな風に開花するか・・・あきらめることはない。高校生向けの講演では櫻井さんは必ずこのエピソードを話すそうだ。

そんな彼の写真を載せようと思っていたのだが、別れ際にこの娘さんからの手紙をうれしそうに見せてくれたので、こっちを載せたくなってしまった。
DSC01741.JPG 320×240 15K

■2006年01月05日(木)  自転車仲間ができた!?日本橋の今村さん
DSC01737.JPG 320×240 20K本当はここにおしゃれな赤い自転車に乗ったマダムの写真を載せたかった。ツリー・オブ・ジェムズ(http://www.tree-of-gems.com/ceo/index.html)の今村さんだ。今村さんが主催するエグゼクティブ・サロンで2月にSFの講演をさせていただけることになり、今日はその打ち合わせだ。

今村さんがコートを脱ぎながら「あ〜、汗かいちゃった。自転車で来たからね。」と言った瞬間、「えっ、自転車仲間じゃん。」とうれしい気持ちが湧いた。ボクの解決1号は無骨な電動機付自転車だが、今村さんのは車輪の小さいおしゃれな変速機付自転車。名前はついてるのかなあ?

帰りがけにタイヤの空気が少なくなって困っちゃったとおっしゃるので、プラットフォームスクエアに備えつけの空気入れで空気を入れて差し上げた。実は、この空気入れはソリューションフォーカスコンサルティング寄贈なのだ。これボクのプチ自慢。なのでこの写真。アホやね。

今村さんは元スチュワーデスで研修講師をしてこられ、今はコーチとして独立されたわけだが、とっても朗らかな方でお話していると笑いが絶えない。団塊の世代が人生を楽しむような応援をしたいそうだ。その活動をSFで応援できればと思う。
今村道子(2006/01/06 13:32)
どうも、です。自転車仲間、しかも神田界隈、今度自転車で飲みに行きましょー!それにしてもこのコメントを書くスペースの小さいこと。身が細りますわ〜。
・解決大王(2006/01/06 17:14)
今度つるんでサイクリングしている写真をのせましょう。酔っ払ってふらふら乗ってるやつを!今度ホームページ改訂いたしますので、このコメントスペースの大きさは考慮させていただきます。ご指摘ありがとうございました。
上田雅美(2006/01/08 01:55)
おー!大王様。
今村さんのところでやるんですかぁ。行きたいなぁ。
多分いくぞ★
今度はギター持ってくるの?
私の家からじゃ自転車はきついけど、華麗なる乗りっぷりはまた今度(^_-)-☆
楽しいお話お二人に期待していますっ!

■2006年01月04日(水)  青梅の七福神に祝福された初コーチング 
今日は初コーチング、といっても受ける方だ。コーチの小倉さんが青梅の七福神を持ってきてくれた。さっそくオフィスに掛けさせてもらった。こういう縁起物は好きだ。大黒様、毘沙門天、恵比寿さま、寿老人、福禄寿、布袋さま、弁天さま。子供の頃から親しみのある名前は「さま」をつけないと何となく古い友人を冷たくあしらう感じがするので、さまづけの方がしっくりくる。恵比寿さまという字を見ても頭の中では祖母の声で「えべっさま」と読んでいる。小さい頃は七福神の絵を見るとなんとなく安っぽい気がしたけど、今は何かにぎやかで楽しそうでいいなあと思う。布袋さんのスマイルはボクの理想形でもある。しかし腹の方が似てしまっては困るが・・・布袋さんはそんなこと気にしないんだろうなあ。オレは腹が引き締まった布袋さんになろう!

今日のコーチングでヒットしたのは、「今年は節分以降始まると思え」。実はお正月に自分に課した宿題をしなかったので、スタートから遅れてどうすんだぁ・・・とネガな気持ちをコーチに伝えたら、「青木さん、2006年が本当に始まるのは節分以降と思えばいいじゃないですか。」と返ってきた。そうだ!SF本の配本日も実は2月3日なのだ。この本はビジネスソリューションフォーカスという領域では日本で初めて出版される本だけど、ちょうど年の変わり目に出るって、なんかいい感じ!

(写真注)七福神の横と下の写真はブルーノートでもらった絵葉書でジャズミュージシャンたちだ。名前も知らないけど、なんか雰囲気が好きだ。七福神随伴の楽士!
DSC01734.JPG 240×320 34K

■2006年01月01日(日)  初詣 おやじの健康祈願
DSC01733.JPG 240×320 34K今年は喪中なので年賀状も出さず、注連飾りもなし。雑煮を食べてから近所のお諏訪様へ初詣。この諏訪神社は12世紀からあるらしい。子供の頃は鬱蒼とした森に囲まれてたが、1966年の台風26号で大きな木がほぼ全部なぎ倒されてしまった。ボクにとっては神社というとその森があった時が源風景だ。

80歳になる父が昨年まではただお賽銭をあげて手を合わせるだけだったのが、今年は祈祷してもらうと言う。え、どうしたの?と聞くと、「今年は去年までたあ違あんだ。お護りしてもらあねえとな。」と言う。母が亡くなってからも大きな問題なく頑張っているようだけど、やっぱり違うんだろうなあ。頭が地面につきそうなくらい腰が曲がってしまったけど、本殿に上る急な階段の登り降りもできて、ご祈祷が終わったときは満足そうだった。介護ヘルパーさんにお世話になっているとはいえ、まだ自分で動けているのは有難い。今年もがんばってよ!

さあ、今年は年男だ。元旦の誓いは・・・ワンワンワン、オンリーワン!





2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月