あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2005年06月30日(木)  中田英寿はSolutionistになった!
サッカー好きの友人Nの家に遊びに行った。「知ってる?昔だったらロベカルの弾丸シュートとか俊輔のフリーキックはできなかったんだぜ。」「えっ、なんで?」「ボールが全然違うもん!」というので見せてもらったボールがこれ。アジアの大会での公式球だ。今のボールは反発力が強く早いボールが蹴れるし、よく曲げられるらしい。

サッカーをほとんど知らない僕にNは色々と解説してくれる。「中田はさあ、最近変わったでしょ。」「えっ、知らない。」「あいつは昔チームメートに怒ってばかりいたんだよ。欠点ばかり指摘してた。しかも強い言い方で。」(ここでN夫人登場)「そうなのよ。だから中田がピッチに入ってきた時の他の選手の顔を見てるとさ、イヤ〜な顔してたのよ。」「ところが最近あいつはチームメートのいいところを褒めるようになったんだよな。」「そうなのよ。そうしたらチーム全体の動きが変わってきたもんね。」

んんん、中田もソリューションフォーカスを勉強したかあ・・・と我田引水したくなった。
grp0701205927.JPG 320×240 23K
大島ちゃん(2005/07/04 02:18)
中田に直接聞きたいですねぇ!
実は私が成田空港で勤務していた頃は、中田はまだまだ無名君(私が無知なだけ…有り得る!)で、
私が彼の財布を拾って、「中田さーん、中田英寿さーん」とカウンターから呼んだら、「スンマセーン」と照れながら走ってきた可愛い人でした。
なんか、感慨深いのよ。
語録を出す厳しさからソリューショニスト中田かぁ。ステキ。

■2005年06月29日(水)  Feel like making love♪
DSC00889.JPG 240×320 19K今夜はブルーノート青山でロバータ・フラックを聴いた。Killing Me Softly with His Songが流行ったのは僕が中学生の頃だ。もうさぞかし年取っただろう・・・と思いきや、すげ〜かわいい声してた。記憶の中のロバータ・フラックよりも声は若いような気がした。そしてバックの黒い男たち、太い声も裏声も器用に使ってバックコーラスを入れる男、ドラムの男、ギターの男、サックスの男、みんなセクシーだ。ベースだけちょっと例外だったけど、こんな男の子たちを集めて気持ち良さそうに歌ってる彼女を見ていて、んんん、これなら年取らねえだろうなあと思った。

Feel like making love♪って歌うときほんとにこの歌詞うたってんだろうなあって思った。ゾクゾク!

■2005年06月28日(火)  分身見つけた!
ある会社でソリューションフォーカスセミナーを定期的に開催させてもらっているのだが、そのオフィスで見つけた分身!このクビ振り人形を見た瞬間、「あ、自分だ。」と思ってしまった。「これ僕の分身にしていいですか?」と許可を得て、耳とひげを描かせてもらった。セミナー中も時々この人形に目をとめると思わず「ふふ」と顔がゆるむ。

スキンへッドはキャラクターになりやすい!?そのままやっちゃん人形でした。
DSC00835.JPG 320×240 18K

■2005年06月27日(月)  犬にもわかるソリューションフォーカス
DSC00887.JPG 320×240 25K今日は久しぶりに家で仕事なのでタオ(3才、オス、Gリトリーバー)と戯れた。

「なあなあ、タオちん、お前ソリューションフォーカスって知ってるか?」「・・・」
「そうだよなあ、知らないよなあ。じゃあ教えてやる。」
「・・・」
「ありがとうございますくらい言ワンかい!」

と、ここまできてハッと思った。「犬にもわかるソリューションフォーカス」これだ!SFをどう説明するか色々迷った時はタオにもわからせるつもりでかみくだこう!シンプルな考え方なので、どうしても補足で色々言いたくなってしまうが、まずタオちんにわかるレベルにしないと話を最後まで聞いてもらえなくなっちゃう。だって偉い心理学の先生によると、頭の中に「?」が浮かぶと大抵それと戦うことにエネルギーを使っちゃう人が多いそうだから。戦いの目的は「俺が正しい」を目指すことなので・・・結果は目にみえちゃうよな。

「よし、タオ、今夜の講演会の原稿を聞いてくれ。」
「・・・」
「えっ、暑くてそれどころじゃない!?」

んんん、日本温暖化ストップ作戦が優先課題か・・・
みしゃりん(2005/06/28 13:18)
犬と一緒にプラットフォームに立つ・・・。
なんかちょっとワクワクする絵ですね。
タオくんのフューチャーパーフェクトって何だろう♪

■2005年06月26日(日)  大感動!!!
この写真は僕がAFS留学生としてアメリカNJ州のリッジウッド高校に通っていた時のものだ。28年前だから・・・髪はフサフサあったなあ。卒業アルバム用の写真なのでネクタイをしてポーズをつくっている。

大感動はこの髪の毛じゃなくて、背景のパソコン画面のメールだ。実はその当時つきあってたイタリア人のガールフレンドから26年ぶりにもらったものなのだ!

ある日タイトルのないスパムのような1行メールが来た。"Just want to know if you were in the States in 1997."「もしかして1997年にアメリカにいた?」って聞かれる筋合いはない。削除!と思ったが差出人の名前を見てあっと驚いた。彼女の名前なのだ。しかし1997年て?これはきっと1977の間違いだと思い。「そうだよ、俺だよ、オキ(当時のニックネーム)だよ!」と返信したら、すごい長いメールが返ってきた。そういえば彼女は長い手紙が好きだったっけなあ。何とGoogleで僕のアドレスを探しあてたとのこと。いやあ、もう一生会うことはないのかなあと思っていたけど、びっくり大感動!ソリューションフォーカス夏季大学がイタリアであるので会いに行ってみようと思う。2人の男の子に恵まれ幸せな家庭を築いているとのこと。話したいことは一杯あるぞ〜。
DSC00880.JPG 320×240 20K
・たかはし(2005/06/27 00:56)
こんにちわ。
青木様には、以前私の勤めている会社にコーチングのプレゼンでお越しいただきました。
その際、たかはしには共通するものを感じる、という旨の恐悦至極なお言葉をメールで頂いたものです。
伊人彼女というのは全く共通していませんが。
貴日記は楽しく拝見させていただいております。
ではまた
・解決大王(2005/06/27 11:17)
はかはしさん、おひさしぶり。髪の毛の量ではなかったことは確かだと思うのですが(笑)・・・何か「同族」と思わせるものがあったような記憶があります。では、また。
よち(2005/06/27 12:21)
オキさん こんにちは。
写真、全然別人が写ってるじゃないですか!本当に青木さん?
でもカッコいいですね。
当時はもてたんじゃないですか?
・解決大王(2005/06/27 12:32)
今度ズラかぶってビジネスセンターをおたづねしましょか?「当時は」って、今が大事でしょ!

■2005年06月25日(土)  千代田区立「箱根千代田荘」
DSC00879.JPG 320×240 23Kこれは箱根の強羅にある千代田区の区民施設。神田法人会青年部のメンバーで一泊の温泉旅行に来た。宿泊が区の施設と聞いた時は、どうせ古くてかび臭い所なんだろうくらいに思っていたら、あにはからんや、とってもきれいでいい宿だった。区の施設ゆえのサービス限定は多少あるものの、下手な旅館よりはずっといい。

夕飯を個室で食べた後、部屋に戻り7人でトランプ大会。最下位の人がトップで勝った人にマッサージをするというゲームだったが、自分はそのどっちにもならなかった。その後カラオケルームに移動して、ギャーギャー大盛り上がりだった。僕は例によって歌だけではなく、くねくね踊りをさせてもらった。くねくねでもいちおうリズムは取っている。思わず一緒に手拍子を入れてくれる人もいる。人が歌っている時は、できるだけハモリや合いの手メロディーを入れてしまう。これだけワーワーやるとお酒が翌日に残らない。

千代田区在勤であるメリットはフルに活用させてもらって、この宿をこれからも使うぞ〜!

■2005年06月24日(金)  現代社会図
とあるバーのカウンター。これ赤の他人が3人並んでいるわけじゃあないんだよなあ。カミさんと友人なんだけど、決して仲が悪いわけじゃないんだけど、話が盛り上がれないわけでもないんだけど、たまたま誰か一人がやり始めちゃって、気がついたら3人仲良くすわりながらそれぞれ自分の世界に入っている。しかも他の誰かとつながるために。

まあどこでもよく見かけるようになった風景なんだろうけど、ふと我に帰るとなんだかおかしくってブログにのせたくなった。

最初はこれを批判的にとらえて、まったく現代人というのはとなりの人をおいてきぼりにして、自分の好き勝手なことしかしないのはまずい、なんて考えが湧いた。しかしよく考えてみると一緒にやっていると別に悪い感じがあるわけでもなかった。

まあ、自分が携帯持ってなくてこれをやられたら頭くるけどなあ。
DSC00878.JPG 320×240 25K

■2005年06月23日(木)  Poet....「人生意気に感ず」を感じさせてくれるWさん
DSC00868.JPG 320×240 25KこちらのWさんは多摩地区では有名な洋菓子屋さんの社長さんだ。ヨーロッパにお菓子の勉強に行って帰国してお店を始めたそうだ。自分が国立高校に通っていた頃バンド仲間とよく行っていた喫茶店がWさんのお店だと知ったのは、それから20年以上たった後だった。

Wさんは面白い。しゃべる時に必ず味がある。というか、単なる社交辞令みたいなのはお嫌いらしい。こっちも負けじと色々主張してみたくなる。それが楽しくできる良き先輩だ。10年くらい前にあるゴルフ会で知り合ってからよくお店に伺うようになった。お店にいらっしゃる時間帯をねらって行くと、楽しい談義になる。

今朝はWさんのお兄様の話を聞いた。最近「東洋の心」というラジオ番組に出演されたそうだ。中国と台湾の美術品を保存する仕事を、断られても断られてもご自分で何回も交渉に赴いて、最後は勝ち取ったいきさつなどを話されたということだ。その話を聞いて、とても刺激を受けた。SFをどこに持っていこうか!!!

■2005年06月22日(水)  作戦会議室
実は・・・来年のお正月くらいまでにSFの本を出そうと思っています。ある出版社がこの話にノッてくれて、企画が通りました。その企画を出版社に出してくれたのがこの手元だけ写っているTさん。今本の執筆ミーティングを繰り返しています。彼に色々質問してもらうと自分の考えがまとまってきます。今まで言葉になってなかったことが、気持ちよく表現できてきます。Tさん、さすがです。「出版コーチ」も名刺にいれればいいのに。

この本の中に出す事例を色々なところから集めたいと思っています。僕のセミナーに出てくれた人からも集めたいし、SFを学ばなくても結果的にSFを使っていたような事例も集めたいと思っています。今日はブログというより、なんか御願いみたいになりますが、よろしく御願いします。そして出版のあかつきには、協力していただいた皆さんと盛大(!?)なパーティーをしたいと思います。詳しくはまたHP上でご案内させてください。
DSC00866.JPG 320×240 23K
・T(2005/06/23 13:00)
Tです。昨日はありがとうございました。
あの写真がこのようにアップされるんですね。。
「出版コーチ」の境地にはまだまだたどり着けませんが、今後ともよろしくお願いします。
・解決大王(2005/06/24 00:46)
こちらこそ、よろしくで〜す!

■2005年06月21日(火)  ビジネスセンターの仕事人 うえすぎくん
DSC00861.JPG 320×240 21KこれはPFSビジネスセンターのカウンター。うえすぎくんにはいつも色々助けてもらっている。パソコンで困ったことがあると「うえすぎく〜ん」と甘えた声を出して近づいていく。彼はとっても腰が軽くて、奥の部屋にいてもカウンターで気配を感じるとすぐにパッと出てきて「何でしょう?」という顔つきで見てくれる。How may I help you? と顔に書いてあるようだ。

名刺も今回は彼の提案で遊びバージョンをつくってもらった。最近プロカメラマンにとってもらった写真の中で自分のお気に入りの「おもしろ顔」を入れたのを3バージョンつくった。セリフをつけるとしたらそれぞれ「よっしゃ〜!」、「それいいじゃん!」、「やったー、ばんざ〜い!」って感じかな。これを読んでくれている人にリクエストされたらあげようと思う。いや、きっとリクエストされなくても、「ねえねえ、こういうのあるんだけど、いらない?」と押し付けるような気がする(笑)
その場合、ぜひ笑ってもらってやってください!
よち(2005/06/22 20:03)
うえすぎで〜す。
ブログ拝見してびっくり!
かっこいいページが出来てるじゃないですか。
内容も面白いので、また遊びに見に来ます。
・解決大王(2005/06/22 20:41)
ども。見てくれてありがとう。やっぱりコメントもらうと毎日書くぞ!って気になりますね。

■2005年06月20日(月)  達人的SFセラピスト
KIDSカウンセリングの森俊夫さんと黒沢幸子さんに久しぶりに再会。お二人ともブリーフセラピーの世界ではよく知られてるし、解決志向ブリーフセラピーの本も書かれている。ビジネス系のSF研修などもされてると聞き、ぜひ今回はお会いしたいと思った。

昔森さんの文章を始めて読んだ時、とっても面白かったのでこの人に会いたいと思った。そして会って聞いた話の中で一番印象に残っているのが、森さんがクライアントにいつもするという質問だ。とってもシンプル。「いつなおる?」これを初めて聞いた時のインパクトはとても大きかった。これについてはいつかどこかで詳しく書きたいものだ。

黒沢さんは昔一時期同じ会社で働いたこともある。彼女はその後結婚して3人の子供を育てながら、カウンセラーの仕事に戻って論文を書いたり、テレビに出たりと大活躍だ。今は大学の先生。すごいと思う。彼女のことをすごいと思う理由はここには書けない・・・(笑)彼女は僕をソリューションフォーカスに出会わせてくれた恩人だ。黒沢さんの紹介で僕はブリーフセラピー系のWS通訳をするようになり、結局ソリューションフォーカスコンサルティングをたちあげるまでに至ったわけだ。人のつながりって大事だなあ。ちゃんと大事にしてるかなあ(汗)

(やっちゃん、かなり酔っ払ってますねえ・・・)
DSC00854.JPG 320×240 29K

■2005年06月19日(日)  暑い夏には絶対これ!!!
DSC00845.JPG 320×240 25Kだんだん蒸し暑くなってきた。梅雨があければまた猛暑がやってきそうだ。昨年から猛暑をのりきるための強い味方がある。このクエン酸ドリンクとサンペルグリノ(イタリアのガス入りミネラルウオーター)だ。クエン酸を10倍に薄めて飲む。s市販の清涼飲料で炭酸系のものは確かに炭酸でスッキリの感覚が一瞬はあるが、砂糖の甘さが後に残るので口の中はさっぱりしない。お茶は健康的だが暑い日には、もう少しパンチが欲しい。この「クエン酸サンペルグリノ割」はスッキリした味でなおかつパンチがある。スター食品というところでつくっているクエン酸だが、昨年クラチャンを獲った時の記念品でお配りしたところ、ゴルフ場の従業員の皆さんには大好評だった。特に暑い外で1日中動いているキャディさんからは、「これもっと欲しい!!!」とよく言われた。

☆食品のM氏から初めてこれを紹介された時は、ドライバーの飛距離が伸びるというコメントがついていた。実際クエン酸には疲労回復や柔軟性を高める要素があるらしい。ドライバーの飛距離が伸びたかどうかは定かではないが、疲労回復は確かにある。夏の暑い日に家に帰りついた時、これが飲めると思うだけで、「ふ〜」と一息つける。


■2005年06月18日(土)  おやじの友達
80歳になる父が生まれて初めて生き物を飼い始めた。この金魚だ。僕の記憶では父が百姓仕事以外で植物や動物の世話をするなんて見たことがない。家族が庭に木を植えたり、犬を飼い始めたりする時は、いつも否定的なことしか言わない親父だった。昨年母が倒れて入院してからテレビを見なくなるという消極的変化はあったが、母の死後2ヶ月でこんな積極的な変化があるとはまったく予想外のことだ。介護を御願いしているヘルパーさんによると、かなり長い時間この水槽の前にすわって眺めていることもあるらしい。かなり腰が曲がってしまったので外に出ることもままならないし、やっぱり寂しいんだろうなあ。

そういえば、最近近所の人が父のところに来るとなかなか話を終わりにしてくれないらしい。「この間さあ、お父さんにつかまっちゃって大変だったよお。2時間も話しこんじゃったよ。」などと言われることが多くなった。これも以前は考えられなかったことだ。母がよくしゃべる方だったので、父はあまりしゃべらない人と思われていたくらいだった。

金魚さん、おやじのことよろしく頼むよ!
DSC00853.JPG 320×240 31K

■2005年06月17日(金)  パプアニューギニアのオーガニックコーヒー
DSC00844.JPG 320×240 28K虎ノ門でセミナーの仕事を終え解決1号でPFSに帰ってくると、5月13日にここで紹介したJiro'sカフェのおやじがニコニコ顔で僕をよびとめた。「あんたウチのこと何かで紹介してくれたんだって?」「えっ、誰か来たの?」「ああ、来たよ。」どなたか存知あげませぬが、このブログを読んでくれて行動まで起こしてくれたのがうれしい。コミュニケーションは上手とは言えないおやじなので、コーヒーが美味しくても・・・と、ちょっと心配な感じはするけど、どうだったかな?今日はまたとびきり美味しい豆が入ったというので賞味させてもらった。うん、確かにおやじのウンチク通りだ!

この写真はパプアニューギニアで栽培されたオーガニックコーヒーの袋だ。酸味は強いが通にはイケるらしい。オーストラリア人のコーヒー農園主がわざわざこのカフェのおやじに意見を求めに来たそうだ。コーヒー通にはちょっと有名な人らしい。確かに職人気質でこだわりは激しそうだもんな。しかしその職人気質ゆえ、今まで商売は今いちだったらしい。このオーガニックコーヒーで新規事業をたちあげたいらしい。「絶対いけますよ!世の中健康自然高級ブーム。美味しくて自然で健康にいいというイメージならいけますよ!」なぜか応援してしまった。
PFSーB(2005/06/17 22:38)
そのお客って私です〜。PFS仲間の。仕事終って数人で、あそこのコーヒーは美味しいらしい、青木さんのblogに書いてあったの・・と、行かせていただきました。コーヒーよりもオーナーの個性がインパクトあり!(W)でした。頑固一徹!って感じでした。ミルクの用意ないんですね。きっとミルクつくなんて邪道なんでしょうか?コーヒーは大好きですけど、時にはミルク入れたいときもあるから、用意だけはして欲しいな、なんて思ったりして。
・解決大王(2005/06/18 00:39)
PFS-Bさん、勘の悪い僕にはこの名前だと誰だか正直わかりません。わからないままでいいのかもしれませんが、できるならもう少しヒントをくれませんか?
・解決大王(2005/06/18 11:39)
PFS-Bさん、わかりました。なんだあ、名前のところをクリックすればよかったんですね。失礼いたしました。僕こういうのうといんですよね。家内に指摘されました。
大島ちゃん(2005/06/20 05:07)
確かodamiさんも行ってますよ〜。良かったからチャンスがあったら行こうねって先日話しましたもの♪
odamiコーチングカフェ(2005/06/20 19:20)
 解決大王さん、こんにちは。
ブログを見て、先日私も行きました〜。
大島さん、ありがとう。

さすが、こだわりの味でした。
今度、おやじさんに大王さんのことを言ってみます♪
・解決大王(2005/06/22 20:44)
おだみさん、あのおやじに店内が古い家のカビ臭いような臭いがする時があるって言ってる人がいたと言ってもらえませんか(笑)?せっかくの美味しいコーヒーがもったいない。かれんな女性に言われたらおやじも「なんとかしよ」って思うんじゃないかなあ・・・

■2005年06月16日(木)  やった〜!!!
と叫びたいことがあった瞬間を見事にとらえた・・・わけではない。ただのポーズだ。平野氏のTamon Studioで撮ってもらった写真のデータをいただいて、その中でこれがなぜか気に入った。あえて、セリフをつければ「やったー」かなと。

今日を振り返ってみると、実は「やった〜!」はある。ただ今の段階では不用意に公開できないことなのだ・・・ちょっともったいぶりすぎ?ある団体ととても大切なプロジェクトを計画していて、今日初めての打ち合わせをしたのだ。まだ細部をつめていかないと見通しはたたないので、これ以上は書けないが、早く結論を出して発表したい。うずうず。

そのプロジェクトが実現した時に、こんな「やったー!!!」ポーズを決めたいなあ。
grp0616225728.jpg 213×320 16K
大島ちゃん(2005/06/17 04:52)
うんまーっ!なんてイイ顔!
これだけで自分の中の何かが解決したような気がします!
さすがです…。
なんか…私頑張ります!(笑)
みしゃりん(2005/06/17 12:53)
わぁ!ステキ。
一緒になってやったー!って言いたくなっちゃいます♪
印刷して持ち歩いて元気の出ないときに見ようかな(^^)
・・・いやいやそれももったいない。やったー!っていう時にしよう。
・解決大王(2005/06/17 20:17)
えへへ、ありがとう。大島ちゃん、今度のセミナー来ないの?みしゃりんさん、お布施も受付けますけど・・・(笑)

■2005年06月15日(水)  SFセミナー、YES!
DSC00839.JPG 320×240 25Kノリのいい皆さんだ。昨日今日と2日間のSFセミナーに参加してくれたディストリビューターの方たち。九州や北陸などかなり遠方から来ている人たちも多い。「え〜!」とか「へ〜!」とか、すぐ声に出して反応してくれるのでやりやすい。ここで学んだことをすぐに自分および自分のビジネスパートナーたちに役に立てたいという気持ちが強いので、反応はストレートだ。学んだことが実践できれば直接収入や仕事環境の向上につながるという意識が高い人たちなので、質問も現実的だ。こちらも役にたってナンボという意識が刺激される。面白いっす。

ここの主催者のN氏は「素質論」という東洋哲学をもとにした性格分類も導入していて、メンバーの皆さんは全員名札に自分の「素質」を表す番号をつけている。これは決定論的に使われると気持ち悪いが、不毛な議論をせずに自分と違う性向の人への対応をしやすくするためには非常に役にたつ。人間関係を第1にするH(Human)、経済を第1にするE(Economy)、権威を第1にするA(Authority)という基本的な枠組みがあるということだが、僕は超Hで、N氏は超Eだ。この違いはとっても大きい。同じものを見ても感じることが違う。この違いが違和感であったときはN氏のプロジェクトに参加できる気がしなかった。しかし、この違いから学ぶべきことがあるし、実際N氏とのつきあいで大いに学ぶことがあったことを実感できた時、一緒に面白いことをやってみようじゃないか、自分一人じゃできないことを、という気になれた。効果的組織の作り方として、違うタイプの人材を共存させて繁栄させることの意義を痛感している。
・私もやっちゃん(2005/06/18 01:04)
子供にSFしちゃうんだ!
・解決大王(2005/06/18 08:58)
うまくいくといいね。ただね、「誰々にSFする」っていう表現にいまいちひっかかるんだよなあ。「誰々とSFする」の方が実態に近いと思うんだよなあ。どう?
・私もやっちゃん(2005/06/18 21:50)
そうですね。一方的な感じになりますね。フムフム少し深まりました。SF初心者これからも、ご指導よろしくです。
・解決大王(2005/06/19 01:08)
そうですよね!「一方的」だと相手からの信号受け取ること忘れちゃうからね。ところで「私もやっちゃん」の正体に関するヒントはもらえませんか?
・私もやっちゃん(2005/06/20 06:18)
ん〜。近い内に、本気で解決大王さまに、お世話になる予感がしておりまする。ちなみに、カロウジテ半分写っております。
・解決大王(2005/06/21 14:19)
お待ち申し上げております。

■2005年06月14日(火)  ビジネス成功のトロフィー
これはいわゆる「成功者」の証しという代物だ。知人の家でスポーツのトロフィーは見ることはあっても、ビジネスのトロフィーがこんなに沢山置いてあるのは僕は今まで見たことがなかった。ディストリビューターの世界っていうのはすごい。全国的なレベルでも著名なディストリビューターであるN氏のオフィスの一角は、クリスタルをハート型やダイアモンド型に仕立てた見事なトロフィーがいくつも飾ってある。N氏との縁を通じてディストリビューターの世界でSFのセミナーを開催させてもらっているのだが、その研修施設付随のオフィスに行くたびにこの一角に目がとまる。(猫やビンがなかった時はもっと目だってたんだけど・・・)

どうもこういう世界は苦手だと思い込んでいたのだが、この世界での仕事を引き受けようと思ったのは、N氏が「人生楽しい!!!」っていう要素を大事にしていて、経済的成功は苦しんで達成するより楽しんで手に入れちゃおうという思想の持ち主であることに魅かれたからだ。人間的であることを殺して何かを成し遂げるのではなく、まさに人間的である、つまり自分自身であることを大切にするカルチャーを自分のグループの中でつくりたいというN氏の思いと僕のエネルギーがうまく波長が合う角度が見つかったのだ。こういう仕事は楽しい!

最近政治や行政からもネットワークビジネスを支援する動きが出ている。国会議員がつくる「流通ビジネス推進政治連盟」もその一つだ。これにはかなり積極的な意味があると思う。ディストリビューターの社会的認知度は確実に向上しつつある。
DSC00836.JPG 320×240 34K

■2005年06月13日(月)  寝酒
DSC00833.JPG 320×240 20K明日からのセミナーにそなえて今日は泊まりだ。学士会館のクラシックなのかかびくさいのか、どちらとも言える部屋だ。よし寝る前に一杯飲んでと思い、一階に行ってみると、バーがしまっていた。あれ、来た時は開いてたから休みじゃないなあ。今何時?えっ、まだ10時32分だぜ〜!どうしたの?看板にも23:30closeって書いてあるじゃん。フロントに聞いてみると、10:30ラストオーダーなのでその時点で客がいないと閉めちゃうんだって。ちぇーっ、つまんねえ。いくらおじいちゃん世代の客が多いからって、早仕舞いすんなよー。

そして部屋に帰る道すがら、というか廊下の販売機でビールを買ったのでありました。バーで一杯ほろ酔いのイメージでいたのに、それを崩された無念さでしばらく眠たくならなかったぜィ・・・大袈裟?

■2005年06月12日(日)  出世不動尊!
会社がある通りは「出世不動通り」と名前がついている。この出世不動尊があるからだ。それを知ってここに来たわけではないが、移転後に近所をぶらぶら歩いている時にこの神社を発見した時は、「ヤッター!ラッキー!」と思ってしまった。

もちろん「天は自ら助く者を助く」のであって、ここで手を合わせてお賽銭を投げ入れれば何とかしてもらえるというものではない。と、頭では思うが、ソリューションフォーカスを広めようと思った時に、こういう場所に移転してきたのは偶然ではない!と思うとエネルギーが上がるので、自分にとっての元気リソースにさせてもらっている。解決1号(5月12日ブログ参照)で仕事先に移動する時などは、必ずここに寄って拝ませてもらう。その時「今日は何を大切にする?」と自分の内側に問いかけると気持ち良く答えが浮かんでくる。というより、浮かんできたものを気持ち良く大事にしようと決めている。

お不動様、ここに移転してきてから、色々な人との新しい出会いがあり、前からの友人にも色々助けてもらうことができ、新しいプロジェクトがスタートし、セミナーに来てくれた人に喜んでもらうことができ、「コーチング1日1話」も出版されました。これからもどうぞよろしく御願いいたします。m(_ _)m
DSC00829.JPG 240×320 35K
・おこまねこ(2005/06/13 23:21)
三方がビルに囲まれてても、存在感あるね〜。
赤い柱が画面を引き締めてるよ。コンクリートと瓦屋根、金属の配管と砂利が共存するところは、「日本経済/発展の縮図」ってコラージュみたい。
がんばれお不動さん!がんばれ八百万の神さん!!
何でもリソースにしていいSF。気持ちを支えてくれるものは、なんでも「あって良い」もんだよね〜。
・解決大王(2005/06/16 22:14)
そうなんです。ビルに挟まれたせま〜いところにあるのに、なぜか存在感あるお不動さんなんです。うっそうとした森の中にある神社もいいですが、このCity Godも有り難いです!

■2005年06月11日(土)  2つの発祥の地
DSC00826.JPG 240×320 31Kこれは学士会館。我社から歩いて5分のところにある。以前は古臭い建物だなあくらいにしか思わず素通りしていたが、最近その良さがわかって会員になった。

ここは2つの発祥の地とされている。一つは野球。明治5年(1872)にアメリカ人教師のホーレス・ウイルソンという人が、学課の合間に生徒達に野球を教えたのが始まりだそうだ。それから130年以上経過した今日、日本からメジャーリーガーを輩出しているのを彼が見たら何て言うだろう!?

もう一つは東京大学発祥の地。明治10年(1877)に法学、理学、文学、医学の4学部で東京大学が発足した。そして明治18年(1885)に赤門で有名な本郷キャンパスに移転するまでこの地にあった。その後旧七帝大(東大、京大、東北大、九大、北大、阪大、名大)の卒業生が学士会を創設し、この地に学士会館を建設したそうだ。

建物自体が国の有形文化財に指定されているだけあって、中の雰囲気はクラシックで落ち着いている(良く言いすぎ?)。レストランは美味しいし、宿泊もシングル8600円と安い。会議室もあるのでセミナーができる。

野球や東大の発祥の地ということにあやかって、ここでソリューションフォーカスセミナーを開催すれば、その後の日本の歴史に残るものになる!?・・・なんて夢を見てるのでありました(笑)。

■2005年06月10日(金)  プロカメラマン-平野多聞氏
色々なところで顔写真が必要となることが増えたので、プロのカメラマンに写真を撮ってもらうことにした。平野さんはiBD時代からの知り合いで、11年前にも独立してNLPジャパンを設立する時に写真を撮ってもらった。その時とはひげの形が違うし、色が違うし(白鬚が増えた)、若干太った。機材も変わった。前はネガを現像していたが、今はデジタルですぐ見れる。というだけでなく・・・なんと、修正が効くのだあ!試しにふっくらした頬を削ってもらった。おっ、ちょっと若く見えるな。じゃあ、もうちょっと・・・などとやっているうちに、なんだか可笑しくなってしまい、結局無修正にした。ウソはやめようと倫理的に思ったというよりは、その写真を見た人と会った時に、青木さん意外と太ってんだな、なんて思われることを想像したら損だと計算が働いたのだ。

でもこの修正した美しい写真をつくりあげることにはまる女性が結構多いらしい。そりゃあ理想的な体や顔の形にワンクリックでなるんだったら面白いよな。もしかしてその修正写真をポスター大にでっかく拡大して毎日見てたら、ピグマリオン効果でそれに近づけるかも!

来週データをもらえるので、このホームページにもいくつか気に入った表情のを使ってみようと思う。結構おもしろいのありまっせ。
DSC00825.JPG 320×240 27K

■2005年06月09日(木)  いただきま〜す!
DSC00820.JPG 320×240 32KこれはPFSにミニバン屋台で昼だけ来る韓国風お弁当屋さんの「豚キム丼」だ。うまい!しかしニンニクが思ったより効いているので、午後のコーチング面談ではあまり前に乗り出すとまずいかな・・・なんて思ってしまう(笑)。

最近「いただきます」と言わずに何となく食べ始めてしまい、ちょっとしたうしろめたさを感じることがある。ウチは百姓だったので、ごはんつぶを残さないこと、いただきます、ごちそうさまをちゃんと声に出すことは大切なこととして教えられた。しつけというだけでなく、母親が大変な苦労している中で食事の支度をしてくれる姿を見ると「いただきます」「ごちそうさまでした」は言わずにはいられなかった。

今でも家で食べる時、手料理をごちそうになる時は必ず言うが、外食や弁当だと忘れることが多い。そして食べ始めてから、自分が食べ物を少し粗末にしているような気がしてしまう。だから心の中で「いただきま〜す!」は言うように意識している。食べ物を大事にしたいと思っても、若い頃よりは食べる量が減ったので、残すこともある。そういう時は「ごちそうさま。ごめんなさい。自分の体を大事にします。」と心の中でとなえている。

■2005年06月08日(水)  オンステージ!!!
今日はビジネスミーティングがたてつづけにあって、しゃべり続けて興奮した。ソリューションフォーカスの未来ビジョンを語るのは楽しい。そしてビジネス経験豊富な方々からのフィードバックをいただくのは刺激的だ!時には否定されることもあるが、今は気持ちがまったくひるまない。もしかしたらSFをまだ良く理解していただいてないのかな・・・だったら僕のセミナーに来ていただこう、と思える。

しかしブルーノート青山に到着した時は、その高揚感で食べ物が目に入っても食べることに気が向かなかった。んんん、こんな感じは今までの人生で結婚式の当日くらいしかなかった。今オレって結構盛り上がってるんだなあと思う。

そしてこのキャンディ・ダルファーのライブで実はステージに上がってしまったのだ!!!アンコールの後で出てきたときに前列の人に指差しでステージに上がれとメッセージを送り始めたので、最後列から飛んでいって「はい、はい、は〜い!」と手をあげてしまった。彼女はこいつは拒否できないと思ったのか、すぐに上がれという仕草をしてくれた。そして一流ミュージシャンが演奏するファンキーなリズムに乗ってステージの真ん中でくねくね踊りをしてしまった。Yeah!気持ちEEEEE!
DSC00815.JPG 320×240 18K
・おこまねこ(2005/06/08 23:35)
よろしなぁ〜ブルーノート青山。田舎者のあこがれ。
今度上京することがあったら(いつのこっちゃ)絶対「のぞいて」みたい。

恐れ多くて、ステージには近寄れません。
隅っこでじ〜っと見ているだけできっと幸せになれると思う。

けど、ブルーノート青山ってどこにあったっけ?
いつの日かのために「る○ぶ東京」で探しておこう。
探しあてられたら、なんだか上京できる気がするぞ。
・解決大王(2005/06/10 01:52)
あのね、BN青山のウエイター、ウエイトレスが最初はすげ〜つんつんしてる感じがして、青山だからって気取るんじゃねえよ、と思いたくなるんだよな。だけど、自分がはじけちゃうと関係なくなんだよな。タレントも結構あたりはずれがあって、有名でもノリが悪い人もいる。ノリがいいやつはほんとにライプって感じがするし。演奏がそこそこうまいのに客とコミュニケーションしようとしないようなミュージシャンはつまんないね。今まで見た中でBBキングはすごい良かった。音と顔の表情が一体化してて、見てるのが楽しかった。最後は飴玉を客席に投げてたしね。つまんなかったのは、あれ、名前も忘れちゃったよ。有名ミュージシャンだけど・・・

■2005年06月07日(火)  プラットフォームスクエアの・・・
DSC00809.JPG 320×240 20Kこれは鈴木さん。プラットフォームスクエアの中にあるビジネスセンターの社長さんだ。もともと建築関係の会社の社長さんだけど、縁あってこのPFSのプロジェクトに参加されたようだ。

ビジネスセンターはとても便利なところだ。ステーショナリー関係はほとんどそこで調達できるし、名刺や封筒も1時間でできる。もらった名刺の整理は自分でするのは面倒くさいが、1枚21円で入力してくれる。1000人分の名刺も21,000円で整理できちゃうってことだ。人を雇うことを考えたら安い!PFSに来てから、会社は一つの箱の中で完結しているという先入観はもろくも崩れ去った。作業に必要なだけの労働力を賃借りすることができると、最も重要なところだけ企業家がやって、あとはほとんどアウトソーシングというパターンが成り立つ。だから固定費は最低必要限に抑えられる。

この鈴木さんはとても堅実な・・・というか保守的な方かと思ったら、とんでもなかった。先日の飲み会でいきなり聞かれた−−−「青木さん、あなたに聞きたい。あなたは自分そのものを商品にしようとしているのか、それとも自分がつくったものを商品にしようとしているのか。はたから見ていてわからないよ・・・?」

これを聞いてちょっとどきっとした。どっちなんだろう。冷静に考えて、こう思った。自分がサービスとして提供するヒューマンソリューションの原理を実践(体現)している人でありたいと。

■2005年06月06日(月)  「おてんとうさま」のいない農場
これは大手町の一角にある最近有名なビル地下農場である。人材派遣会社が就農支援プログラムの一環として、都会人に農業を身近なものに感じてもらおうという意図でつくったと聞く。「こんなところでも育つのか!」という、珍しいものを見た時の感動は確かにある。しかし・・・

僕の生家は農家だったので、「おてんとうさま」という言葉にはネイティブな実感を感じる方だと思う。逆に人工のものに対する不信感も強い。さあ、どんな感じがするものなのかしら、と自分の反応に対する好奇心がくすぐられて見に行った。トマトの木はよく育っていた。葉野菜もきれいだった。栄養素の分析数字なども良いらしい。しかし、「おてんとうさま」がいない。とても大事なものが欠落した感じがするのだ。

室内栽培を可能にする技術は素晴らしい、結果としての作物も悪くない、消費エネルギーは低く抑えている、などの情報をいくら聞いたとしても、地球にとってのエネルギー源である「おてんとうさま」の存在を忘れていいものか、という罪悪感に近いものが残る。これは農家出身者のノスタルジーなのか、それとも内なる自然からの警鐘なのか・・・

いや、いずれにしろちょっとした違和感から大きなストーリーをつくろうとしているだけかもしれない・・・という風に自分の主観から一歩引く訓練を最近意識している。
DSC00786.JPG 240×320 29K
・おこまねこ(2005/06/07 01:40)
上から見下ろされてるっておてんとさまの「天」と、踏みしめてる地面の「地」の感覚って大事だと思う。
このご時世だから効率追求も大事かもしれない。
なんだか相容れないこともバーンと許容しちゃうってことが、一番必要なのかも…。

ダウンロード中ゆっくり写真が出てきたの。最初上下が逆になってるとおもっちゃったよ。
・解決大王(2005/06/07 18:11)
おこまねこさん、いつも見てくれてありがとうございます。まあ、何でも「時と場合によっては」ということがありますよね。
・j_fujikura(2006/03/18 22:43)
こんな地下農場、ちよだプラットフォームスクウェアの地下にも欲しいモノですね。地産地消、出来た野菜なんぞは、1階のカフェで野菜スティックにして食しましょうw

■2005年06月05日(日)  うれしい、2ヶ月ぶりのゴルフ!
grp0605181848.jpg 320×240 26K今日はPFSゴルフ同好会の第1回ゴルフコンペだった。東武藤が丘CCというきれいなゴルフ場だった。もともとバブル期に企画されたものだけあってコースもクラブハウスもゆったりと高級感があった。料金は日曜日なのに食事、ワンドリンク、パーティーのオードブル付で21、000円。べリーリーズナブルだ。車も4人乗り合わせで行ったので楽だった。ん、ドライバーじゃなかったから楽だったんだな。田辺さん、お世話になりました!

久しぶり(2ヶ月は久しぶりとは言わないという方もいるでしょうが)のゴルフだったので、どんな風になるかなあ、曲がる球ばっかりだったらやだなあ、とかも考えたけど、まあ力を入れずに楽にやろうと思う気持ちが強かった。公式競技じゃないし。そうしたらなかなかいいプレーができた。IN35、OUT39の74。思ったほどさびついてないじゃん!えっへん。

次回のゴルフはあぶない。この間は74だったから今日は72目指すか!なんて調子にのってしまうのだ。ポジティブ思考とうわついた状態は違う。うわつくと上半身が力む。それでミスするとさらに力が入る・・・ん、ここにこんな風に書くことで、次回も欲をかかずにスムーズスイングをこころがけろよ、っていう自分への戒めなんだな、これは。

■2005年06月04日(土)  プラットフォームスクエアの・・・
・・・に何を入れようかと考えてしまった。田辺さん(写真)はPFSの運営会社会長さんだ。昨秋あるゴルフコンペで隣の席に座ったことで、PFSの企画があることを教えてもらった。その時に田辺さんから伝わってくる情熱から感じるものがあり、移転を決めた。これは良さそうだという予感が的中した。実際引っ越してみて本当に良かった。

PFSは千代田区の施設(以前「中小企業センター」だった)を活性化する企画コンペに大手の会社の企画を退けて勝ち残ったくらいだから、企画そのものは当然良い。しかし前例のない事業にリスクはつきもの。行政がからめばそれなりにやっかいな手続きや審査もあったことと推測する。ガッツ、情熱、そんな風に呼ばれる大きな推進力が必要だ。田辺さんはきっとその大きなエンジンなんだと思う。あ、そうか、「プラットフォームスクエアのエンジン」・・・だめっすか?

田辺さんと話していると、「それいいねえ!やっちゃおうよ!」とどんどんエンジンの推進力がかかってくるようだ。ブンブ〜ン
DSC00812.JPG 320×240 34K

■2005年06月03日(金)  本屋さん
DSC00804.JPG 320×240 27K以前は本屋さんに行くとめげてしまうことが多かった。オレが知らないことがこんなにある〜!と思うと鬱々としてしまうのだ。趣味のコーナーなんか行くと、「あ〜家庭菜園もつくろうと思えばできるんだよなあ・・・」、ビジネス経済のコーナーへ行けば「これからは株くらい勉強しとかなきゃまずそうだなあ・・・」、同業者のコーナーへ行けば「!*)&%$#?・・・」、今流行りコーナーへ行けば「ああ、どれ一つ知らん・・・」とか、やればやれるのにやってこなかったという後悔が刺激されてしまうのだ。

最近は何だか楽しい。「コーチング1日1話」がどれくらい売れているのか、時々チェックしに行くことも楽しい理由の一つだ。丸善のおねえさんは「売れてる方ですねえ。」と感じよく言ってくれる。よっしゃ!

もう一つは、ソリューションフォーカス的に「目的に必要な情報だけを必要なときに手に入れればいいじゃん」と思うようになって、色々なコーナーを素通りできるようになったからだ。そういう風に余裕があると必要な本が目に入ってくる。
・おこまねこ(2005/06/04 22:10)
本屋さんで過ごせる時間があるのは幸せなことですよ。
最近は椅子を置いてくれてるお店もあるし。
背表紙だけ見て、次の流行を予想するって楽しみもあるし。
SF的ジョイニングには、買って読まなくても、背表紙、裏表紙、帯の言葉が結構役に立つって最近気づいたよん。
・解決大王(2005/06/05 16:46)
そう言えば、最近本屋さんでゆっくり過ごすことがないですね。いつも何かのついでだからなあ。ゆっくり過ごすと決めて行くのも楽しいでしょうね。
みしゃりん(2005/06/08 13:39)
「コーチング一日一話」買いました。
几帳面なワタシとしては、買った順に読む・読み終えるまで次に手を出さない、が信条だったのですが、
おかげでペースを乱されてしまいましたとさ♪
・解決大王(2005/06/11 21:57)
みしゃりんさん、ありがとう。読んでくれたのね。几帳面ということは、解決大王のところから読むことはしないで頭から読んだのですか?僕が書いた部分に関して直接の反応をなかなかいただけないのですが、面白いと思ったところがあったら教えてください。よろしく!

■2005年06月02日(木)  Get CRAZY!!!
ここは地元八王子のROSE BAR。ここのカラオケルームを独占するのは、最近のマイブームだ。といってもそうしょっちゅう行けるわけではないが。大勢で行くカラオケも楽しいが、気を使う。ここでは自分が歌いたい歌を歌いたいだけ歌う。僕にとっては贅沢!大体歌いたい歌はビートルズ、70年代洋物ロックが中心。

そしてここの女性がとてもいい。ほめ上手。僕のやりたいようにやらせてくれて、ほめてほしいところでほめてくれる。ん、コーチングにも通じる?そういえば、知り合いの女性が書いたコーチングの本では、銀座の高級クラブのNO1ホステスさんと優秀なコーチには共通点があると言っていた。ここは八王子だけど、いい人いるぞ〜。

これは酔ったいきおいで書いているのだろうか?いや、この写真がとても気に入ってしまったのでとにかくブログに載せたい。という気持ちだな。ちなみにこの写真は撮影のために撮ったポーズなので、実際は歌ってないよ、BABY♪♪♪
grp0603021153.JPG 320×240 19K
大島ちゃん(2005/06/03 11:32)
出た〜っ!噂の八王子!
最高の笑顔過ぎ!(爆)
姉さん達の顔にサービス業を極めた精神が出てます!スゲー★です。
実は青木さんのプロフィールを見てからあらためてビビってしまったワタシですが、この笑顔に感動して思わず書き込みです。
いや、やっぱり笑顔サイコー!
今日一日楽しく過ごせます!
笑顔だけで人をハッピーにさせるなんてさすが解決大王だわっ!
・解決大王(2005/06/03 22:07)
いや〜、これ載せるのはちょっと勇気が必要だったんですよぉ。こんなことしかしてない人なんじゃないかと思われたらどうしようとか?でも笑顔に注目していただいてうれしいです。僕もなかなかこの顔は楽しそうだと思って、うれしくて載せてしまいました。

■2005年06月01日(水)  プラットフォームスクエアの仕掛け人
DSC00790.JPG 320×240 35Kこの人が知る人ぞ知るプラットフォームスクエアの仕掛け人、藤倉潤一郎さんです。この人がこういう場所を構想してくれたおかげで、僕は今快適で便利なオフィスライフを過ごすことができています。

プラットフォームスクエアは最近人が増えています。固定机を持たずに入居するオープンネストの形式だと、なんと月額家賃が15,000円!!!事業は起こしたいけど、オフィスを借りる出費は大きすぎる、そして仕事の内容的に固定スペースもいらない、という人には最高の場所でしょう。机の上の整理が苦手な僕はさすがにオープンネストは無理なので、固定スペースに入居してます。

そして一階のオープンカフェ、テラスがとってもいい感じ。特に春先から初夏の天気のいい日は最高。昼休みは近所のオフィスからランチを食べに来る人でもにぎわってしまう。

直接話しはしないけど、自分の事業を起こして一生懸命仕事をしている人たちが行きかう姿をいつも目にするだけで自分もエネルギーをもらう。僕を見る人たちは「反射光」がまぶしい???

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月