あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2005年05月31日(火)  しまった×2
DSC00797.JPG 320×240 21K”しまった” その1
今日はこの本を書いた4人が集まる「サミットコーチクラブ」の日だった。よーし、みんな揃った写真を撮ってブログに載せちゃおうって思っていたはずなのに・・・食事しながら話している間はほとんど一瞬も話がとぎれず盛り上がってしまったので、写真を撮るの忘れた!まあよくしゃべる人たちだ。お前に言われたかね〜よ、とお互いに言いそうだが(笑)

”しまった” その2
昨日のコーチ協会東京チャプター講演会でこの本の宣伝をさせてもらえると聞いて、演壇の上にずっと置いておいたのに・・・終わって色々な人と挨拶が終わってからやっと気がついた。「何て宣伝しようかなあ、ふふふ」って思っていたのに・・・ん、そうか!!!「何て宣伝しようか?」と疑問符?のままにしておいたからだ。こういうこと言っちゃおうってところまでソリューションフォーカスしてなかった!?

しかしそこはころんでもただでは起きないソリューショニスト。このブログを見てもらっている人にはきっちり宣伝して、「しまった×2」を明日にひきずらないようにしよう、と思いついたわけさっ。

ねえねえ、買って!  

■2005年05月30日(月)  コーチ協会 東京チャプターでの講演
今日はコーチ協会東京チャプターでソリューションフォーカスの講演をさせてもらった。60人以上集まってくれて、皆さんとても好意的な反応をしてくださった。興味深い質問もたくさん出た。SFをこれから役にたててもらえそうな領域が日本には沢山ありそうだという確実な感触をあらためて感じた。

iBD時代の同僚、友人、NLP時代の友人、知人も何人もいて自分のこれまでの変遷を確かめているような気にもなった。iBD時代の同僚の女性が、前よりも若々しいよと言ってくれてうれしかった。確かに自分でもSFコンサルティングの未来を考えていると本当にワクワクしてしまうし、色々なアイデアが浮かんでくる。What else?

講演終了後の食事会も盛り上がりっぱなし、口が動きっぱなしだった。SFを使ってそれぞれの個性を活かしたコーチングやコンサルティングや、これから命名する新しいクリエイティブな手法がどんどんできそうだねと、まるでプロモーターばかりが集まっているかのようでもあった。困難な理由とか否定的可能性ではなく、ソリューションに焦点をあて続けることが、そういう効果を生むと思う。

そして講演終了後に早速7月の公開セミナー申し込みをいただきましたあ!ありがとうございます!まだ未チェックの方はトップページから公開セミナーのページに入ってみて下さい。よろしく!
DSC00772.JPG 320×240 34K
大島ちゃん(2005/05/31 06:50)
やったー!一番乗り♪
昨日はありがとうございました。
もう、本当に色々とありがとうございました。。。感謝です!
昨日の事を日記にUPしましたので、時間があったらいらして下さい♪
3ショット写真欲しいですぅぅぅ!
coach_oshwish@jcom.home.ne.jpに頂ければ幸いです!
プリントアウトして手帳に挟んで、一人でほくそ笑みたいんです(笑)
宜しくお願い致しま〜す!
・解決大王(2005/05/31 08:06)
写真了解しましたあ。僕もあの写真は気に入ってます!
odamiコーチングカフェ(2005/05/31 09:24)
昨日は本当にありがとうございました。
SFAで世界が変わる?!紹介して頂いてありがとうございます。感謝です!
Always FOCUSED on Your SOLUTION←素敵なメッセージ、ありがとうございます♪
・解決大王(2005/05/31 09:38)
Odamiさん、昨日はお世話になりました。かいがいしく色々と気を使っていただいてとても心地良かったです。ありがとうございました。

■2005年05月29日(日)  過去の栄光・・・
DSC00774.JPG 320×240 20K今日はゴルフ仲間がクラブの理事長杯に優勝したので、そのお祝いの飲み会があった。久しぶりにゴルフ談義で盛り上がった。昨年の夏まではかなりゴルフをやっていて、試合にも結構出ていたし、クラブチャンピオンも獲った。それがSFコンサルティングをたちあげる計画をしてからめっきり回数が減り、気がついたらもう一ヶ月半もゴルフに行ってない。たった一ヶ月半?と思う人も多いだろうが、多い時は年間100回を越えていたこともあったので、自分でもこの変化、つまりゴルフをしなくてもいられる自分に驚いている。しかし今日は久しぶりにゴルフ関連の色々笑えるエピソードやふ〜んと関心する話や、自慢話や情けない話、スイング理論、ゲームマネジメントの話などを聞いて、ゴルフの虫が疼いた。んんん、ゴルフした〜い!

くやしいので、過去の栄光の証をちょっとながめて自分をなぐさめよう。一昨年はパブリックアマ選手権予選でメダリスト(最高スコア)を獲ったなあ(左の盾)、去年クラチャン獲った時の顔は本当にうれしそうだなあ(真ん中の写真)、なかなかいいフィニッシュしてるじゃん(右の写真)、3年前プライベートラウンドながら64を出した時もあったよなあ(額に入ったスコアカード)・・・・・んんん、やっぱ過去の栄光より、今やりたい!

■2005年05月28日(土)  プラットフォーム コンシェルジェ
これはうちの会社の受付嬢です・・・と言いたいところだが、実はうちの会社でもない、受付嬢でもない。うちの会社が入居しているプラットフォームスクエアのコンシェルジェなのだ。つまり会議室の予約を受け付けたり、無線LAN、駐輪場その他施設内のさまざまなサービスへの窓口だ。高田さん(左)と北嶋さん(右)は、いつも気持ちよく挨拶を交わしてくれる。ひそかに僕の心のオアシス・・・は大げさとしても、「ここは自分の会社」というようなコミュニティー感覚を味わせてもらっている。しかしお仕事の邪魔をしては申し訳ないので、長話は禁物だ。

前は海外でのセミナーなんかに出て帰ってきても、まずは自分の事務所(の箱)が待っているだけだったのが、今は「お久しぶり」と声をかけてくれる「町内会」がある。プラットフォームスクエアは本当に僕のような形で仕事をしているものにとっては、心地良いし、使い勝手がいい。

このコンシェルジェの隣がビジネスセンターになっているのだが、そこのリーダーう○○ぎ君もそのうちこのブログで紹介したい。名刺や会社設立案内の作成、ゴム印などの手配、もらった名刺の入力データ化など色々な事務作業をスピーディーにこなしてくれる。彼は僕を見るだけで、すすっと近づいてきてくれて「今日は何をしましょうか?」という視線を送ってくれる。頼りになる人なんです。
DSC00769.JPG 320×240 22K

■2005年05月27日(金)  わ〜、ひで〜机の上
DSC00762.JPG 320×240 31K帰ってきたら、机がごちゃごちゃ。当たり前だよなあ、行く前ごちゃごちゃにしたままだったんだから。帰ってきたらきれいになってる・・・わけがない。写真で見るとすご〜くひどくは見えないかもしれないが(えっ、十分見えるって)、実際はかなりひどい。まあ、公共のon lineでこれ以上カミングアウトするつもりはないが、この部分の性格は変わらない。

今月20日に発売された「コーチング1日1話」(NEWSのページ参照)に書いたが、自分の欠点に意識が向いてしまう時は、そんなオレなのに神様はよくこんな仕事もあんな仕事もさせてくれるなあ、有難い!と思う。ん、神様とはクライアント様のこと?!

コーチは相手の専門性を持っていなくてもできると言われるが、相手の長所の部分を自分が持っていなくてもできるというのもしょっちゅう思う。この人すごいなあ、こんなことできて・・・。机の上を整理するくらい長所短所とかいってないで、すぐやれよ、とは思ってしまうけど。

そうだ。ソリューションフォーカスしよう!!!「青木さん、もし今夜寝てる間に奇蹟が起こったら、明日の朝、机の上は・・・」「すみません、一週間後の朝にしてもらえませんか?」(笑)
みしゃりん(2005/05/30 11:30)
おつかれさまでした、お帰りなさい!
ご無事を喜んでいます。

連日たのしい日記をありがとうございました。SOL大会での貴重な楽しみをたくさんシェアしていただいて、タダで読めるってラッキー!です。
帰国後、どんなハジけ方をされるのかワクワクしています。
机の上、行ったときのままでよかったですね!
・解決大王(2005/05/30 12:32)
確かにその通り!貴重品は全部貸金庫に入れて行きましたから。

■2005年05月26日(木)  SOL番外編 Yasuragi
泊まったホテルBeau Rivageはこじんまりと快適でとてもいいホテルだった。朝食のときのウエイトレスさんがとてもいい感じで、この人がいるならまた来てもいいなと思わせてくれた。

そして日本人としてちょっと誇りに思ってしまったのは、エステが「やすらぎ」という日本名だったことだ。カ○ボウが入っていて、化粧品は全てその製品。カ○ボウがいいかどうかは僕には全くわからないし、このホテルは日本人の団体を狙っているという単なる戦略なのかもしれないが、この看板を見た時は「へ〜。ふふ。」と思ってしまった。電気製品や車だけでなく、こういう領域でも進出しているというのは知らなかった。エステティシャンの人はとても感じ良かった。僕はやってもらったわけじゃないが(笑)、ロビーですれ違う時にMrs.Aokiのご主人ですね、という感じで自然に気持ちよく接してくれた。顧客満足度はかなり高い。

大会の参加者と話していると、日本に行ったことがあるとか、親戚が日本で仕事をしているという人が結構多い。まあ、日本の経済力を考えれば当然と言えば当然だけど、自分は日本が外国に開けていないようなイメージを強く持ちすぎていたんだなあと思った。

ソリューションフォーカスでも日本から何か新しい視点を提供したいなあ。
grp0529235026.JPG 320×240 15K

■2005年05月25日(水)  お疲れさまあ!
DSC00733.JPG 320×240 33K一週間に渡るSF漬け。やあ、充実感たっぷり。美味しいソーセージとビールで乾杯!今回良く来れたと思う。来ることは昨年のうちから決めていたが、母親の容態が良くなかったので来れるかどうか心配だった。その母が4月9日に亡くなり、色々とバタバタしながらも四十九日を早めに済ませ、来ることができた。色々な方々にお世話になった。母の写真を持ってきてスイスの風景を見せようと思っていたのに、写真を忘れてしまった。バカ。でも自分の中に母がいる。自分の目を通して母がこの風景を堪能してくれている。そう思えた。

この1年間色々なことがあった。なんと言っても最愛の母が昨年4月30日に脳梗塞で倒れたことはショックだった。しかしこの一年間母が色々と導いてくれた気がする。ゴルフでクラブチャンピオンとなり、一区切りつけられたこと。ソリューションフォーカスを新たな柱として新会社を設立したこと。仲間と本を出版できたこと。等等。母の死を覚悟した時、母からのメッセージを受け取った気がした。「ああ、おれもいつか死ぬんだなあ。だったらそれまで思いっきり生きよう。」

お母ちゃん、安らかに眠ってくれな。でもオレあぶなっかしいところ結構あるから見守っといてくれな。よろしくな。
合掌

■2005年05月24日(火)  やっぱりこの人たちでかい!
DSC00688.JPG 240×320 23K女性はKirstenというスイス人で何ヶ国語もしゃべれて頭の回転の速い人だ。今回は運営リーダーの一人でもあり、ドイツ語の同時通訳もし、演芸会ではハイジの格好で漫才オペラをしたりと多芸多才だ。SFメーリングリストでも鋭い論客だ。彼女はあの大津波の時に現地にいて九死に一生を得たという体験もしている。

男性はイギリスから来たRob。僕と同い年。テニスの選手だったが、コーチングを始め、これからはSFビジネスコンサルタントとして活躍したいそうだ。テニスの話をしている時は力強いが、ビジネスのことになると少し弱気になる。テニスの話をしている時みたいにやればいいじゃん、という励ましを気持ちよく受け取ってくれた。

今回は色々な人に出会った。できれば全員紹介したいくらいだ。既に著書もあり有名な人。着々と実績を積んでもう少しでブレイクするぞという意気込みの人。ビギナーですという人。明るい人、暗い人、柔らかい人、固い人。性格は色々だが、ソリューションフォーカスのせいなのか、相手に合わせようとしてくれるやさしい人が多いように思う。

「私がSFを〜(国名)に持っていった。」という人に2人会ったが、どちらもエゴが強くて、えらそうにしている感じがした。んんん、「僕はこのSOL大会に日本から初めて参加しました。えへん。」と自分も威張ろうとしているかなあと、ちょっとわが身を振り返ってしまった。ま、そのくらい鼻息荒くてもいっか!

■2005年05月23日(月)  インスーさんWS
今日明日はインスーさんWSだ。SFと言えばこの人。夫のスティーブと共にSF創設者で、スティーブは理論肌、インスーは実践派だ。昨夜夕食を共にさせてもらったが、色々と面白い話が聞けた。彼女の親は韓国の製薬会社経営者で日本語が話せた。なので子供の頃は日本語を流暢に話していた記憶があるそうだ。儒教社会で厳しい親に隠れていかに反抗したかという話が、彼女のいたずらっぽい笑顔とよくマッチする。アメリカに留学した当時、米人学生が自分の意志で専攻を選ぶのを見てショックを受けたそうだ。そこで親に内緒で薬学から心理に専攻を変えるという「大冒険」をしたといことだ。相手がどんな反応をしても辛抱強く受け止め続ける強さは東洋的な感じがしますが、ご自分ではどう思いますか、という質問には「もう韓国語もぜんぜん忘れちゃってるしね。わからないわ。はっはっは。」だって。

彼女を最初に見た時のショックは今でも忘れない。東京での短いワークショップでデモンストレーションを見たのだが、「Oh,is that right?」という短いセンテンスを満面の笑みと非常に大きな抑揚で相手に伝える。「あ〜ら、まあ、そんな大変な思いをしてるのねえ。」という意味あいが200%以上伝わるような気がした。これだけの承認メッセージを伝えられる人は他に見たことがない。

今回も満面の笑みとIs that right?は健在だ。

(写真は左から、インスーさん、青木、運営リーダーのスイス人Szabo氏)
DSC00690.JPG 320×240 22K

■2005年05月22日(日)  半日の休憩
DSC00694.JPG 320×240 31KSOL大会と前後のワークショップあわせて7日間の内、この大会最終日午後だけが空き時間なので、ホテルの自転車を借りて(無料)インターラーケンをちんたら走ってみた。サングラスが似合う人を見るとカッコイイなあと思うけど、自分に似合うのはなかなか見つからない。特に白人の細長い顔ばかり見た後に自分の顔を鏡で見るとどうもサングラスは難しいように思う。しかし今日は挑戦してみた。どうですかね?まあ僕の場合、目が弱いわけじゃないので無理にかけることないっすけど。

遠くに見えるアルプスの山々、青くゆったりと流れる川、小さな花が咲き乱れる草原、牛が首にぶらさげたベルをガランガランとならす以外はほとんど音がしない静けさ。絵に描いたような素晴らしい場所だ。ああ、こんなところに住んでいたらどんなにか気持ちいいだろう・・・と思いそうなもんだが、やっぱり観光に来るだけでいいやと思う。もし住んだとしても、しばらくしたら東京の雑然とした面白さ、色々な刺激、ありとあらゆる食べ物屋さん、そんなものが恋しくなってしまいそうだ。カミさんは毎日山に登ったり、自転車にのって走り回っていたが、「どこに行ってもきれいな風景ばかりで、飽きた。」と贅沢なコメント。飽きたというのは失礼な言い方だが、最初の「ワオ!」がなくなって来ると、「せっかくこんな素晴らしいところに来たのだから、もっと感動しなきゃ。」みたいな考えが湧いてくるのが邪魔な感じがするのは事実。なかなか何も考えず気持ち良くボーっとしないもんだなあ。
・解決大王(2005/05/30 12:31)
誰も似合うと言ってくれない・・・
みしゃりん(2005/05/31 23:46)
ににに似合いますっ。

日差しの強い日は東京でも必要ですね。電動アシスト自転車で・・・。

■2005年05月22日(日)  SOL最終日 たか〜く、たか〜く
最終日にも色々と演出があった。大会の卒業証書は枠だけが印刷されていて、ここで何を学んだかと、これから何を実現するかを自分で書き、そのために自分はどんな強みを持っているかという部分を他の参加者が書いてサインしてもらうというものだった。全部印刷されているものよりずっと良かった!

そしてこの風船。それぞれがソリューションフォーカスへの思いや良さをカードに書いて、風船に結びつけて一斉に空へ放した。沢山の風船が一斉に舞い上がっていく様子はずーっと見ていても飽きなかった。僕は漢字で「幸福」とだけ書いた。どんな人が拾ったかな?

来年のSOL大会がウイーンであるので、今回の運営チームから来年の運営チームへの引き継ぎセレモニーもあった。ウイーンの街の紹介ビデオは古い建物の荘厳さを重々しいクラシック音楽をバックに紹介していたので、おいおいと思ったが、その後でウイーンの人が「ごめんなさいね。ほんとはこんなにヘビーじゃありませんから。」とコメントしていたのには会場中が笑った。そして簡単にウインナワルツの踊り方を教わって、全員が2人のペアでワルツを踊りながら退場だった。意外と簡単で楽しかった。Shall we dance?を思い出してしまった。
DSC00682.JPG 320×240 15K

■2005年05月21日(土)  SOL演芸会でバカ受け。来年は?
DSC00676.JPG 240×320 21K分科会の発表者の写真と概要を張り出したボードだ。25の事例・研究発表と5つのライブセッション、毎朝の全体会、そしてアルプスでのディナーにSOLキャバレー。希望者には朝のヨガ。まあ2日半に上手に色々と詰め込んである。運営委員の人たちが参加者を喜ばせるための仕掛けも色々と工夫されていた。ホテルのドアのところに毎日何かちょっとしたお菓子とSFストーリーが置いてあったり。今日は何が置いてあるかなあと楽しみになったなあ。

SOLキャバレーは素人演芸会だ。この時のビデオを撮っておきたかった。青木安輝トークショーがバカ受けしたのだ。そういう場があると聞いていたので成田空港でマギー審司の「びっくりデカ耳」を買っておいた。まずステージにあがり、SOLの中の有名人の物まねをしたり、日本人、欧州人の違いをジョークにして注目を引き付けた上で、「ダーウインの進化論はもう古い。あなたはインスタント進化論を信じますか?」とまず質問した。続けて「インスタント進化論とは強くそして上手に望めば即座にDNAが変化し身体が変化するという説です。今ここで証明してみせましょう!私はいいSFコンサルになりたい!!!だから良い耳が欲しい!!!ほ〜ら!」ここでマギー耳を出した。どよめきと拍手喝采。やったー!英語で漫才ができるんだったら日本語でもできるかなあ!?

来年は演芸で受けるだけでなく、このボードのプレゼンター出身国欄にJAPANの文字を入れちゃうぞ!
みしゃりん(2005/05/30 11:10)
デカ耳パフォーマンス、やっちゃまが演ってる場面の想像があまりに容易にできてしまう自分もオカシイ・・・。
ほくそ笑んで不気味がられるので、会社でこのブログは読まないようにしたほうがよいかしら?(^^)
・解決大王(2005/05/30 12:30)
僕の希望。仲の良い人に「何笑ってんのよ?」と言われたら、「教えない!」ともったいぶってから、「どうしても知りたければ教えてあげる。」と言ってURLを教えてあげてください。それでファンが増えたらうれしっす。

■2005年05月21日(土)  SOL大会 LINAさん
彼女はスウエーデン人コンサルタントだ。スタイル抜群の美人!話した感じもとても良かった。そしてMBA。天は二物を与えてしまったようだ。スウエーデンとドイツ語圏はビジネス系SFの普及が早い。今回のSOL大会でもっとも多いのがスウエーデン人とドイツ語圏(ドイツ、スイス、オーストリア等)の人々。次にイギリス。なぜかラテン系があまりいない。ソリューションフォーカスでは、する側は最小限しかしゃべらないことをよしとするから・・・なんてこともないでしょうけどね?

分科会のWSで彼女がプレゼンしたテーマは「組織変革における想像力の役割」。ミラクルクエスチョンのように現在ないものを未来に向けて想像するきっかけになる質問のつくり方だ。SFセラピーでは定型の「奇蹟質問」があるが、ビジネス系SFではミラクルという言葉は使わない場合の方が多い。しかし解決のイメージを描写的に聞くための質問は色々と工夫されている。

彼女は知的障害者のための美術作品創造プロジェクトに関わっていて、背景にある織物はそこから産まれた作品だそうだ。知的障害者の想像力開発はすごく面白いらしい。
DSC03582.JPG 320×240 34K

■2005年05月21日(土)  SOL大会 アントン君
DSC00535.JPG 320×240 19K大会2日目の朝は「SFを使った葛藤解決」がテーマだった。成功事例が3人から報告された。そのうちの一人がこのアントン君だ。

彼はまだ学生だが、ソリューションフォーカスを使って北アイルランドの紛争を解決するための調査に参加している。テロで家族をなくした人から政党の元党首まで様々なレベルの当事者を30人インタビューしたら、30通りのストーリーがあったそうだ。政治的プロパガンダはそういうのを一つにまとめてつくってしまうのだが、このプロジェクトではそういう多様な体験をそのまま提示することで二項対立的に陥りがちな傾向に楔を打ち込もうという目的があるとのこと。元党首が言ったセリフ「私たちは霧の中を運転しているようなものだ。誰も来た道(テロの応酬等)を戻りたいとは思ってない。しかし行き先も見えない。」そこでSFチームが望ましい未来の具体的イメージを引き出そうとしている。このプロジェクトが何がしかの貢献をするだろうことは伝わってきた。

アントン君が話してくれた内容もさることながら、彼が誇りを持ってこのプロジェクトに参加していることが声の力強さから伝わってきた。顔はまだ高校生のような
あどけなさが残っていて非常にやさしい物腰の男の子なのに、こんなプロジェクトに参加しているということにびっくりした。いいぞ、アントン君、がんばれ!!!と応援したくなった。
・豊田裕美(2005/05/24 06:51)
1)私は、平和ぼけしている。
2)ヨーロッパは、やっぱし縦と横とのバランス(時間、空間含み)を気にすべき土地がらである。歴史に裏打ちされてるわ。
3)過去の事なら、差し障りがあって会えない、聞けない人からも、未来イメージを尋ねることなら、派閥を超えて会って話を聞ける。
4)ソリューションてそういう使い方もあったのか〜ぁ。ふんふん、ふむふむ。

楽しみに待ってますよ〜ワクワクしながら、ブログの追加。
八面六臂なご活躍と思いますが、おしゃべりしすぎて、酸素不足でたおれないでくださね〜。高地は酸素薄いから(笑)

■2005年05月20日(金)  SOL大会 3
DSC03571.JPG 320×240 33K夜はシルトホルンという3000mの頂でアルプスのパノラマビューを見ながら、回転レストランディナーだ。ディナーの前にはスイスホルンの演奏があった。小さい頃ロッ○チョコのCMで聞いた「ポッポポ〜♪」というあの音だ。雄大なアルプス連峰に囲まれて聞く牧歌的響きはおつなもんだ。吹かせてもらって音が出たのがうれしかった!音を出すだけなら以外と簡単だった。

ディナー席が回転し始めたらちょっと気持ち悪くなってしまった。空気が薄いせいか、疲れのせいか、オレはやっぱり体がひ弱なのか・・・思わず問題志向に陥ってしまった。しかし、回転していない中心部で休んでどうすれば良いかと意識をめぐらしてみて気がついた。自分のセンターを感じずに回転しているものを見ると気持ち悪くなるが、自分のセンターを感じているとああ動いているなというだけなのだ。やったソリューションフォーカス!それから後は「気持ち良く」酔っ払うことができた!

何年か後にSOL大会を日本に招致するとしたら皆を何処に連れていってあげようかなあ・・・温泉?富士山?屋久島?なんて考えて楽しくなってしまった。
・ひらの(2005/05/24 11:48)
大変ご無沙汰しております。
この度は、新会社設立おめでとうございます。
昨年は、柳澤先生をご紹介いただき、本当にありがとうございました。
次回は是非、青木先生に出演いただきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
シャネル チャンス edt(2016/12/31 21:16)
スーパコピー通販専門店
当店はいろいろな高品質ブランドコピー品をそろっているスーパーコピー専門店です。..
2017年の新素材-新作
ブランド腕時計、バッグ、財布、小物などでございます専売店
★弊社は「信用第一」を...
ルイヴィトン コピー品
世界ブランドコピー業内最高レベルのルイヴィトン コピー品(N級品)をお客様に提供..
・シャネル ファンデーション アレルギー v型(2017/01/01 20:05)
スーパーコピーブランド激安ショッピングモール!
ブランドスーパーコピー品
ごとにぱっと見て全然違わないほ..
・a級品(2017/03/12 02:51)
ルイヴィトン - N級バッグ、財布 専門サイト問屋
日本的な人気と信頼を得ています。
安心、安全にお届けし...
・カルティエ 結婚指輪 三連(2017/03/21 02:20)
弊店はS品N品コピー時計N品
正規品と同等品質のコピー品を低価でお客様に提供します。
安心して購入して下さ..

■2005年05月20日(金)  SOL大会 2
DSC03561.JPG 320×240 20K午後の分科会は組織風土改革の事例発表に出た。これはこれから自分がやりたい仕事なのでとても興味がある。1つの企業と2つの大学での改革事例だった。

企業の例では、風土改革のマスタープランをつくってからではなくて、シンプルなSFコーチング(OSKARモデル)のノウハウをマネージャー層に与えて、それが生み出す小さな成功から自然にソリューションフォーカス用語が社内で使われていくように仕向けるというのがポイントだった。OSKARモデルはシンプルだが、コミュニケーションの中で「表現とその前提」に敏感になるようなエクササイズが組み込まれていて、実際に社内のコミュニケーションが変わった様子がよくわかった。日本語で「それが」と「それは」の違いを区別するようなもんだ。

大学の事例は、改革の旗振り役が強力なリーダーシップを発揮して2年間は何とか進歩したが、リーダー本人がバーンアウトしてしまって行き詰ってしまったところがスタート地点だった。そしてカリスマに頼らず一人ひとりの強みを引き出すやり方に変えたところが成功のポイントだった。その大学でもっとも皮肉屋で改革施策にはいつも否定的だった経理担当者が、「これはなかなかいい!」と言ったという話は痛快だった。

休憩中に誰と話しても色々な刺激があるので、1日中休憩がな〜い・・・でも楽しいな!
・豊田裕美(2005/05/21 22:11)
い〜なぁ、い〜なぁ楽しそうでい〜なぁ。それにしても、この部屋は味のある柱に生け花だの観葉植物だのがひっそりと、えらいところに置いてあるね。これってスイス風のレイアウトかい?文章より写真の方を熱心にみてしまいました。すみません(笑)。
・解決大王(2005/05/21 23:44)
よく見てくれました。そうなんです。部屋の様子が日本でのセミナーとは全然違います。部屋の真ん中にきれいで大きな花が生けてあったり、飲み物や甘いもの(安くないやつ)がふんだんに置いてあったり、5つ星ホテルだからということもあるでしょう。

■2005年05月20日(金)  SOL大会 1
DSC03549.JPG 320×240 27K初日のオープニングは剣玉、皿回しなどおもちゃを沢山使って遊ぶところから始まった。おもちゃをクアイアントだと思ったら何に気づくかという課題は与えられたが、いきなりだったので苦笑している人が多かった。けっこうはずしてくれるじゃん!?この3日間でどう学ぶのかという学習に関するレクチャーでは、ラーノロジーの本間氏がよく言うdevelopmentの話があった。trainingは専門家が引っ張っていくという意味であるのに対して、developmentは既に内側にあるものが現れてくる過程であるという意味だ。教わるだけでなく、色々な刺激を受けて自分の中にあるものが現れてくるのを楽しみにしましょうと。さあ、どんなものが現れてくるか!

そして分科会。「小グループでの効果的SF(デモ)」と「危機的状況のスタッフ
を再動機づけする(事例発表)」に出た。小グループでは課題を持った人が輪の外に出て他の人たちが自分の課題に対する意見を自由に言うのを聞く、というのが面白かった。直接言うと遠慮やプレッシャーがかかるが、これならそれをバイパスして必要な情報を取捨選択できる。なるほど。

昼はSFの創設者インスー女史と一緒に食べる。70歳を過ぎた(失礼!)のに元気なおばちゃんだ。僕にあれを食えこれを食えと言いながら、「あたしはね、誰に対してもねマザーなのよ。はっはっは。」だってさ。

■2005年05月19日(木)  オスカーを手にした時!
DSC00349.JPG 1280×960 579K2日間のPre-Conferenceセミナーが終った。さすが講師がブリーフセラピーの実践家だけあってコミュニケーションの機微を大切にしたエクササイズがちりばめられていた。
とても印象に残ったのが、オスカーの話。SFプロセスの中で、成功した時に「誰のおかげ」と聞いたり、その人にどう感謝を表すかなど回りの人を大事にするのは何故か。「アカデミー賞授賞式を思い出してください。受賞者は壇上でオスカーを手にして、まず何を言いますか?必ず誰々のおかげというのを延々と話します。その時名前を言われた人の表情をカメラが追うととてもうれしそうな表情をしているし、その後拍手する時も本当に心からしているように見えます。成功体験を分かち合っているのです。もし『オレがやった』という意識しかなければ、誰も授賞式に出席すらしないでしょう。あなたが成功した時、心から拍手してくれる人がいて本当の成功と言えるのではないですか?」んんん、『一緒に成功しよう!』と色々な人に言ってみたくなった。

明日からはいよいよSOL大会だ。
・みほりん(2005/05/20 02:35)
オーラがあるというか、存在感ありますねぇ。
ジョニー(2005/05/20 20:44)
青木さんヨーロッパ版PFLを紹介してくれてありがとうございます。コーチングと違ってヨーロッパというところが良いですねえ。
楽しそうですねえ。
・解決大王(2005/05/20 23:40)
そうですね。今までアメリカ物にあまりにも慣れてきたのでとても新鮮です。色々な国の人に接することで、日本人の位置をいいとか悪いとかでなくとらえられるような気がしますね。そしてSFの基本概念はシンプルなだけに、応用法は本当に色々あるというのが実感できます。

■2005年05月18日(水)  ヨーロッパ人はアメリカ人と違う!
DSC00347.JPG 320×240 18K今日と明日の2日間は、Ben Furmanというフィンランド人精神科医で企業向けのソリューションフォーカスプログラム"Re-Teaming"の発案者のWSだ。とてもユーモアあふれるストーリーテラーで、時々本気だか冗談だかわからなくなる。内容的に印象に残ったことは、相手の「成功」体験を聞きだすプロセスの中で「誰のおかげか」と聞いたり、自分の成功に貢献してくれた人にどのように感謝の意を表すかという質問があることだった。それは単なる個人的成功を社会的成功のレベルに引き上げるために必要な視点だと説明していた。んんん、なるほど!
彼はよくアメリカ人をジョークのネタにして、「アメリカ人に成功体験を話してと水を向ければ待ってましたとばかりにすぐ話し始めるけど、ヨーロッパ人はそうはいかないよねえ。自慢しちゃいけないと思ってるから相手の謙虚さに敬意を表す聞き方にしないとね。」なんていうコメントをする。かなり日本人の感覚に近い。白人あるいは欧米人といえばみんなアメリカ人的感覚だろうと思っていた自分に気がつかされた。ビジネス版ソリューションフォーカスがなぜヨーロッパで広がっているのかわかる気がした。
(写真は青木とDr.Furman)
みしゃりん(2005/05/19 11:20)
はるかスイスから、連日のUPありがとうございます。
「誰のおかげか」という質問がソリューションフォーカスで使われるという視点は私にはありませんでした。ホントになるほど!です。Re−Teamingの発案者が精神科医というのも興味深いです。

お体に気をつけて、大会を楽しんでくださいね!ステキなトピックス待ってます。
・豊田裕美(2005/05/19 22:57)
「誰のおかげ?」ってのは目からウロコな質問です。

「他人様」と「おかげさまで」が日常の日本人にはなじむかも。

日本とヨーロッパにあって、アメリカにないって物事を考えたら、武士道・騎士道ってことに行き着くかしら・・・、縦組織と横組織のバランスとか・・・なんて、勝手にファンタジーな世界に突進していってしまいますが。

連日の移動、お疲れ様です。やっぱし、マッターホルンの空は青いですね〜。空気が澄んでいるし、紫外線強そうですものね。はぁ〜旅行したいな〜。
引き続き、精力的にレポート&交友録を発信してくださいませ。それにしても、何が美味しいかな、チーズかな?
・解決大王(2005/05/20 00:56)
自分の強み、上手にできたことに焦点をあてるのはもちろんなんですけど、回りから浮いてしまったり、やっかみを受けたりしないようにという配慮と、成功した時に一緒に喜んでくれる人がいることが成功の定義の中に入っているので、成功要因の分かちあいは当然の流れなのですね。Benがやたらフィンランド人は〜というのがほとんど日本人と置き換えてもいいような、日本人と欧米人を比較する時の雰囲気があって面白いです。だいたい欧米人というくくり方がおかしいと思い始めました。

■2005年05月17日(火)  SOL世界大会会場到着
そしてインターラーケンのホテル「ボーリバージュ」に到着した。明日からこのホテルで色々な出会いがあり、色々な学びがあることだろう。とっても雰囲気のあるヨーロッパ的なホテルだ。インターラーケンというのは2つの湖にはさまれているという意味で、雪をいただく山々を眺めながらゆったりと落ち着いたリゾートだ。
このホテルを借り切ってSOL世界大会が開かれる。

ここまでインターネットアクセスがうまくいかなかったので一気にブログを書き込んでいる。メールもたまっちゃったな。まあ、これからは大丈夫。明日からは世界大会のレポートなので、増刊、増刊の連続で書きたいことはどんどんリアルタイム
で書くつもり。

皆さん、お楽しみに!
DSC00338.JPG 320×240 37K

■2005年05月16日(月)  マッターホルン
DSC00281.JPG 320×240 23Kツエルマット快晴!やったー。パラマウント映画の商標みたいだ、スイスチョコレートの包装紙みたいだ、いや、〜みたいじゃなくてこれがマッターホルンそのものだあ。今はスキーシーズンと夏のハイキングシーズンの中間で観光客はあまりいない。が、団体さんが数グループいる。外資系の○○製薬インセンティブ旅行という垂れ幕をかかげて写真をとっている団体もいた。さすがに優秀な営業ピープルだけあって雰囲気がシャープな人が多い。ロープウエーで近くまで来て見るマッターホルンも素晴らしいが、朝5時頃ホテルの窓から薄明の中に浮かんで見えたマッターホルンにはゾクゾクっと来た。

旅行中につい「これは日本で言えば〜みたいなものだね」と言ってしまうので、ウキウキ異国情緒に浸っている妻のひんしゅくを買ってきたが、さすがにマッターホルンは日本で言えば・・・と例えるものがなかった。雄大だ!もしスキーをする人だったらここでスキーをしないで帰るのは、ゴルファーがセントアンドリュースに来てゴルフをしないようなものかなあなんて思った。スキーが得意でなくて良かった!?

■2005年05月15日(日)  ミラノ
街は落書きだらけ、というのが最初の印象。さすがに教会の壁にはしてないが、それ以外はほぼどこでも書いてあるし、それほどアートっぽいわけでもないので何だか印象わるいなあ。初めてのイタリアだが、滞在時間が短いのであまり色々見れない。「最後の晩餐」は予約が一杯で見ることができなかった。デパートに行ったら色使いがやはり明るい!!!買い物が好きでない僕でもウキウキしてしまった。このショーウインドーはのぞいた瞬間頭の中がパーッと明るく光ってしまったような気がしてクラクラした。妻がメガネを買う時も、赤い縁のメガネといったら20本くらい違うデザインのものが出てきた。こういうところはさすがイタリア!調子にのってオレンジ色の半そでシャツを買ってしまったが、はたして日本で着れるかなあ。日本の梅雨には合わないかも・・・DSC00167.JPG 320×240 29K
・みほりん(2005/05/19 23:46)
会社設立おめでとうございます。ミラノに行かれたのですね、私も21日にミラノに入ります、それから南仏に行く予定です。入れ違いですね〜。。これからも(そのままやっちゃん)を楽しく読ませていただきます。それではBuon Viaggio
・解決大王(2005/05/20 00:50)
みほりんさん、いつも色々投稿ありがとうございます。ミラノから南仏ですか。いいですね。今日も僕はセミナールーム。かみさんはスイスの雄大な山岳観光。んんん、ちょっと悔しいけど、学ぶ楽しさを思いっきり味わっているのでまあいいか。どうぞ南欧の旅行楽しんでくださいねえ!
・みほりん(2005/05/20 02:25)
こんばんは、出発前でまだ起きています。今回初めての投稿ですよ。川上グループのみほりんでーす。よろしく。(笑)セミナーがんばってください。
・解決大王(2005/05/20 05:04)
あっ、ごめんなさい!「みしゃりん」さんと間違えてしまいました。お許しください。投稿者も写真付ならいいのにねえ・・・
失礼!

■2005年05月14日(土)  アムステルダム
grp0518014408.jpg 320×240 41Kいよいよ、ヨーロッパ入りだ!今まで海外でのセミナーというと、やっと時差に慣れた頃に終了というパターンが多かったので、今回は少し早めに欧州入りすることにした。SFセミナーは18日からだが、アムステルダムから入って、ミラノに飛び、電車でスイス入りというコースだ。アムステルダムはスキポール空港からタクシーで20分弱。到着して街中を少し散歩する。この写真は何てことはないアムス
テルダムの街角のイタリア料理店。実際にはフライトの疲れもあって「カレーが食いてえ」状態だったのでインドカレー屋さんに行った。ウエイトレスがチベットの女性で、とっても平和な感じが心地よかった。「あれ、今どこにいるんだろう」という不思議な感覚!

アムステルダムでは妻の知人(70過ぎのオランダ人男性)に会うことにしていたが、ホテルに到着するとメッセ−ジが届いており、何と心臓の具合が悪く会えなくなってしまったとのこと。お見舞いの花を送ろうと街の花屋さんに行くが届けるサービスはないという・・・早く良くなりますようにと2人で祈った。

■2005年05月13日(金)  JIRO's Cafe  (プラットフォーム裏口向い)
grp0513114817.jpg 320×240 37Kプラットフォームスクエアの1階がカフェなら、ここは喫茶店だ。いや、コーヒーが好きな人なら、こういうところこそ本物のカフェだと言うかもしれない。コーヒーとタバコで哲学書を読みながら物思いに耽たくなる場所。昔懐かしい学生街としての神保町のイメージにぴったりだ。そしてここのコーヒーは絶品だ。どこにでもあるチェーン店タイプでは絶対出てこないコーヒーだ。ラテだ何だとまぜものをしない。ここの親父の自慢は「小学生がウチのコーヒー飲んでうまい!って言ったんだから。」厳選された良質の豆というのは少量生産で高い。だからチェーン店では扱えないらしい。それを丁寧に丁寧に挽いている。「ほんとはこの値段じゃ出せないんだよぅ。」が親父の口癖。僕はコーヒー通じゃないけど、初めてここのコーヒーを飲んだ時は感動した。550円は安いと思う。ダバダ〜♪のメロディーにのって文化人ぽく飲むのなら、ほんとはインスタントじゃなくてきっとこんな味なんだろうと思った。先日ある編集者の方とここで打ち合わせをさせてもらったが、何だか「いいかんじ」。スローライフという言葉に魅力を感じている人だったら、必見の店!!

*提灯としめ縄は2年の一回の神田祭りのため、普段は花だけです。
odamiコーチングカフェ(2005/05/15 19:48)
 こんにちは。外苑前でご一緒したodamiコーチングカフェです。

会社設立おめでとうございます!
5/30のJCATセミナーを楽しみにしています。
あと、素敵なカフェの情報ありがとうございます。カフェ好きとしては、ぜひ近々行ってみます。
みしゃりん(2005/05/16 00:22)
ぅわ〜、こういう紹介のされ方、そそられますー♪
(私も年季の入ったカフェ好きなのです)
半日ねばってコーヒー3杯お代わりして本読み耽りたい気がします。
・こいけちぐさ(2005/05/16 00:41)
今日会社設立のご案内いただきました。おめでとうございます。初めてのブログ書き込みしてみました。さて〜SFを現場で生かしきれなく、今日は気づいたらあたりまえのようにPF会話にはまっていて、何かしっくりいかず帰宅したら、青木先生からのソリューションフォーカスのお手紙・・・なんというタイミング!ふむ〜!
スローライフに縁遠い今、コーヒー飲みに行ってリセットしようかな〜?

■2005年05月12日(木)  愛車 !解決1号!
 都心で自転車は便利だ。プラットフォームスクエアには駐輪スペースがあるので、この「解決1号」を置いてある。電動アシスト付なのでとっても軽くペダルをこげる。大手町、東京駅周辺はもちろん、銀座、新橋もすぐ行ける。渋滞は関係ないし、大手町から皇居前なんかを駆け抜ける時なんかは快感だ。五月晴れの日には、高級外車の横を「こっちの方が気持ちいいぜい、へへ。」と思いながらすり抜ける。(雨の日はみじめなので乗りません、はい。)契約先の会社の方に「何で来たんですか?」と聞かれて「自転車です!」と答える時、妙にうれしい。
 以前は電動アシスト自転車を見ると、何だかお年寄りのためのものみたいな気がして自分とは関係ないと思ってたけど、ペダルを一回踏むとグーンと前に加速する快感を味わってしまうと、やめられまへん!
grp0512233608.jpg 320×240 33K
・姉さん(2005/05/14 23:04)
NYみたい!
姉さん(2005/05/14 23:12)
ブログから入って私も邪道でした。でも、スローライフであり、混雑する都会では効率的ですね。

■2005年05月11日(水)  マイ オフィス
grp0511191204.jpg 320×240 36Kいやあ、ブログ始めるのってワクワクどきどきしちゃいますね。いろいろとかっこつけたくなりますが、「そのままやっちゃん」ということで、あまり力を入れずに僕の日常を紹介したいと思います。
 この写真マイオフィスです。えっ、カフェだろっ?そうなんです。うちのオフィスはカフェ付き。神田錦町のプラットフォームスクエアはテレビでも何回か取材されましたが、とても上手にプランニングされたSOHOオフィスビルなのです。テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」の取材が入った時は僕も取材されて、放送直後には何人か電話やメールしてきてくれた人もいました。実際の事務所はデスクとキャビネットだけなんですが、ロビーやカフェ、ビジネスセンターは共用なので全部が自分のオフィスのような感覚になれます。(図々しい?)
 スクエアつまり広場なので、色々な人と知り合いになれるし、思わぬところで助けてもらえることもありました。地下には「ボディケア」というマッサージ、鍼灸、PNFなどを施してくれるところがあるのですが、有名人も結構きます。野球のシーズンオフには、なんとあのメジャーリーガーM選手も来ていました。真近で見るとさすがにでかい!僕もPNFで腹筋を鍛えよう・・・とは思っているのですが、まだ3回くらいしか行けてません。とほほ。
 南側は大手町のビジネス街、北側は神保町の本屋街、なかなかいいところです。
・ファーストサイン(2005/05/11 20:40)
HP新装開店おめでとうございます。

「もしかして、私のが最初のcommetになるかも〜、一番乗りかしら?ラッキー!!」って妙な達成感に浴して喜んでます。

暑くもなく寒くもなく、今頃が一番いい季節ですよね、外で考え事するには。
青木さん、徒然なるままにこれからのネタを、ポワンポヨンと思い浮かべているのでしょう。

ネタが、種になって、植えて、実がなったら、私にも分けてくださいね〜。

昔の偉い人はこれを「他力本願」と言うてたような・・・。
けど「いいものは、みんなで使えばもっといいものになる」と思います、これ私の言。

これからのますますのご発展お祈り申し上げます。
ジョニー(2005/05/11 22:38)
青木様
HP開設おめでとうございます。

本日、PFLセミナーの報告がアップしましたのでご覧下さい。
http://www.pfl.jp/pflnews/index.html
みしゃりん(2005/05/12 00:39)
ハイ、ジョニー↑のセミナー報告の中に自分のメールが紹介されていて舞い上がったまま着地できない私です。

HPアップおめでとうございます。
(ひろみさん、おしえてくれてありがとう!)

最初にブログから入ってしまい(邪道?)
これからじっくり拝見させていただきます。楽しみがまた増えた♪

ときどき練習していますよ、SF。

お元気そうな写真、何よりです。
青木さんのご活躍、自分のことのように嬉しいです。
・今村(2005/05/12 10:39)
青木さん、研修講師養成塾でお世話になりました今村です。
お礼のメールをと思いましたが、ついブログから入ってしまい私も邪道で申し訳ありません。

写真の青木さん、いかにもって感じで温かく飾らない雰囲気がよく出ていて何だか嬉しくなりました。

SFにも興味があるので、是非近いうちにお話を聞きたいと思っています。

ご活躍をお祈りします!
・Ai(2005/05/12 11:19)
青木さん、初めてホームページを見せて頂きました。タカクさんからupされてるよ〜って教わって。
とってもいい感じのブログ、心のオアシスとさせて頂きますね。少なくとも他にオアシスができるまで(^^; では〜(^^)/
・筒井(2005/05/12 21:54)
HPの開設をお待ちしておりました。
ご紹介くださいました「安全のサイン」を読みました。自分のスタイルにとてもマッチするものでした。本当に感謝しております。7月には関係者の連携について講演の予定がありますが、そのときにサインズ オブ セーフティー アプローチの考え方に基づいてお話しようと考えています。そして、日々のカウンセリングやコーチングで知らず知らすのうちにSFAをしている自分に気が付き、とてもよい出会いをさせていただいたと重ねて感謝しております。
・岡ちゃん(2005/05/12 23:39)
PFLのセミナーでお世話になった岡ちゃんです。HP待ってました。(^^)/等身大の青木さんをここで見る事ができる!のってとっても楽しみです。PFLのセミナーが終わってからSFAに関係の本を3冊読みました。SFAのリーダー研修是非初回は桑名でお願いします。
しげりーにょ(2005/05/12 23:40)
青木さん、とうとうHP完成されたんですね〜。おめでとうございます!!
ブログも良い感じですね〜。
自然体の青木さんが伝わってきます。

今後とも、SFの情報、どんどん充実して行って下さいね。楽しみにしています。アドバンスコースも待ってまっせ〜。
・解決童子やっちゃま(2005/05/13 11:55)
うわ〜、早速こんなにコメントしていただいて、うれしいです!ご祝儀コメントを見ていると「祝!新装開店」の祝い花を贈っていただいたようで何だかうれしいなあ。これだけ読んでいただいていると思うと張り合いが出ますね。SFのセミナーのお知らせはもうすぐできると思います。待っててくださいね。ちなみにこのページの題字と絵は私が書きました。字はマウスで書いたものです。これからも末永くご愛顧願いま〜す。

2005年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月